Spiritual スピリチュアル

登山のすすめ~スピリチュアリティから見る山登りの醍醐味と効能!


四季ある日本は、さまざまな自然を楽しめるうつくしい国。
日本の侘び寂び(わびさび)を極めて感じられるのは四季ですね。

昔から日本人は、『大自然に生かされている』という考え方を持っています。これは他の国では当たり前ではないようです。
自然の恵みあやかってきた日本人だからこそですね。

春から寒さが厳しくなる冬初旬までの間は、「登山」にも適した季節。
空気も清々しく、山を歩いていて気持ちいい秋は、四季の変化のうつくしさをもっとも強く感じる季節です。

登山は、健康・美容や、五感、精神も研ぎ澄ませ、リフレッシュできるアウトドアとして大変おすすめです。

効能を考えるだけでも一石四鳥以上にもなる登山は、美容やアンチエイジングの効能が多いだけではなく、動きやすい服装で防寒対策をしておけば、気軽にチャレンジできるアクティビティーの一つ。

ほとんどの日本の山は舗装され、ルートも管理されているうえに、登山料がかかるところも少ないため、山登りのビギナーでも安全に登れるところが沢山あります。

なにより、頂上まで登った人だけがわかる気持ちよさといったら!

自分の足で登頂した清々しさ、自然の光景から得られる達成感と充実感。
豊かな自然から、多くの感動をいただきます。

また、古くから山は御神体と考えられてきたことから、その山の神と一体感を感じることができる登山は、神聖な行為ともいえます。

今回は、たんなるアウトドアでは終わらない、いつもとは異なった視点からの登山の魅力もお伝えし、また、実際に登山におすすめの山もご紹介させていただきます。

登山の醍醐味って?!4つの効能を堪能しよう~!


photo AC

皆さんは、登山の魅力ってどんなところに感じていますか。

スピリチュアルカウンセラーならではの視点をふまえ、登山の醍醐味と効能をご紹介します。

自然を堪能でき、四季の変化を楽しめる登山


photo AC

春の桜から青緑への変化には、すべてのものは変化するという諸行無常があります。そして、紅葉を味わうことは、自然の嗜み(たしなみ)があります。

それぞまさに、日本人の心ですね。

春の山桜からはじまり、初夏の新緑、紫陽花、夏には高山植物たち。
秋の山岳では、紅葉が織りなす色の変容に心を奪われ、とてもうつくしい山の表情をしることができます。

冬は登山はできませんが、少し郊外へ足をのばすと、山々の雪景色と、クリアーな空気や空を感じられます。

とくに、秋の山岳は、普段ない絶景に加え、紅葉が織りなす数々の色の変容がとてもうつくしいですよね。


GIRLY DROP

山のモミジで有名なのは「イロハモミジ」です。
一つの葉が七つに分かれ、いろはに…..と数えたことがそう呼ばれる由来。

夏は緑で、紅葉するとだんだんと葉先から赤色に変化し、内側の葉脈は黄色になります。すべての葉が赤くなる紅葉の時期は、見事なうつくしさです。

また、ご神木にも多い銀杏の木も黄金色に輝く姿がうつくしさの極み。
落ちた葉で黄色くつもった、銀杏の葉の絨毯はとても趣があります。

その黄色い絨毯をもう少し近づいてみてください。
雄、雌銀杏の木があることは有名ですが、葉の形でも雄雌を見分けられるのはご存じですか?

雄より雌の木の葉がひと回りもふた回りも大きいそうです。

春の山桜と、山の紅葉は、多くの詩や短歌に描かれてきたように、多様な色、葉や花びらの形、ひらりと落ちる姿から自然の豊かさやその変化に気付き、また、見ている人自身が自らの心の中にあるうつくしさにも気づくことでしょう。

このことこそ、四季ある国に住む日本人が持ち合わせる 『自然を嗜む(たしなむ)姿』だと思います。

なかでも、3月末~4月中旬は桜、11~12月初旬までは、紅葉が素晴らしい時期。
12月半ばを過ぎたあたりからは、ぐっと冷え込みが厳しくなってくるため、その前に登らないのは勿体ないですよね。

体力増進やアンチエイジング、美容にもよい登山


photo AC

登山は効率よいトレーニングです!
そして、心と身体のアンチエイジングに効果的ってご存じでしたか?

登山は、持久力と瞬発力の両方が必要です。平地を歩くのとは違い、実は、かなりの運動量になります。

適度な運動はそれだけでアンチエイジングになるため、運動不足の方にはとっておきです。

標高にもよりますが、登るだけで持久力と筋力の両方が鍛えられます。
登山では、当然、長い距離を歩くことになるため、その分持久力が必要になります。

また、傾斜がきつい場所や、足場が悪く、岩がゴツゴツしたところを登るには、足や腹筋の筋肉、いわゆる下半身に負荷がかかります。

身体の筋肉の60%は足の筋肉といわれるため、山を登るだけで身体の大半を鍛えられるということです。

通常の運動とは大きく異なる点として、「標高の高さ」にあります。

ちょっとした距離でも、急斜面であればいつも以上に汗をかいたり、疲れたりしませんか?

高度が高くなればなるほど、酸素濃度が下がります。
標高1000mに対し、平地の10~12%ぐらい酸素濃度が下がるそうです。

そのため、定期的に山へ出かける方は、心肺機能が鍛えられます。

スポーツ選手が山岳で練習するのは、通常の練習より心肺機能に負荷をかけるため。

山登りでは、普通に歩いているだけでも、筋肉強化と、効果的な持久力のトレーニングになっているのです。

そのことが、総合的に全身の体力向上と、アンチエイジングに繋がっています。

ですが、登山のアンチエイジング効果はそれだけではありません。

『登山は出産と同じ』といわれるように、苦労して登るからこそ、清々しく、また登ってしまうと、その辛さは一瞬で忘れてしまうのです。

苦労した分、「快」の気持ちが勝るのです。

それが、登山の魅力でもあり、「心のアンチエイジング」にもつながります。

心が落ち着き、身心が元気になる登山

photo by HACCOBE

山は、究極のリラクゼーション空間といってもいいすぎでないほど!
癒しと精神安定効果は絶大です。

登山に自信がない方や、体力に自信がない方でも、山に入るだけで、自然からの恩恵にあやかれます。

山に入り、森林浴することで、木々や植物から放出される「フィトンチッド」の効果で、リラクゼーションに繋がり、免疫力も高まるといわれています。

フィトンチッドとは?!

木は、植物独自の生命維持と成長のための抗菌作用物質を幹や葉から揮発させています。その成分がフィトンチッドです。

それ自体が、地球環境の自浄作用であることと、また、フィトンチッドを酸化するときの物質には、マイナスイオン作用があるとされています。

フィトンチッドが私たちにもたらすよい作用として、害虫回避、精神安定効果、皮膚や呼吸器系の改善、アレルギーの予防など、いくつもの作用があるとされています。

木々の清々しい爽やかな香り、空気の新鮮さ、森林の木漏れ日がキラキラする光、山に入るだけでお肌が潤うようなしっとりした空気。

山に入るだけで、視覚的、感覚的、そして実際の身心的にも沢山の恩恵があります。

それはまさに、究極のリラクゼーション空間といってもいいすぎではないですよね。

自然の恵みとフィトンチッドによって、心身が癒され、リフレッシュできるのです。

体力に自信がない方は、森林の中を散歩するようなつもりで平坦な森林を「歩くだけ」でもいいですよね。

また、無理せず、身体が辛くなったら登山の途中でも下山し、自然を楽しむことを優先しましょう。

軽く歩きながら山の空気を吸い、その場で腰を下ろすだけでも、気持ちが楽になり、快眠にも繋がります。

木々に触れ、山に癒され、心も身体も元気になります。

山は、御神体!神仏との繋がりを感じられるのも登山ならでは!!

photo by Seiko Aoi

日本の山には多くの神社仏閣が存在し、山に登ることで、自然に感謝でき、神仏と深く繋がることができます。

山は、『登らせていただくこと』を意識すると、さらに、登山する意味が深くなります。

昔から、人々にとって山は、自然の恵みをもたらす存在であり、また、山そのものを神と捉えられていました。
山自体がご神体ということです。

そのため、昔から氣のある場所に石碑や祠(ほこら)が建てられ、神聖な場として山にも神社や仏閣が多く建立されています。

そこには、神さまや仏さまが祀られているのです。

また、昔は、山岳信仰が盛んでした。

山は修験の場、禊祓い(みそぎはらい)の修行の場でもありました。

多くの山伏(修験僧)が断食や滝行、岩場などで、登山、瞑想、座禅などの修行を行い、悟りを開いていたのです。

それらは、仏教に取り入れられ、多くの修験僧が、山で過酷な修行をしながら、「真の幸せとは何か?」「人間とは何か?」を問い、煩悩を払い、目覚め、真の悟りを開いていったのです。

今でもその精神を受け継いでいる山伏もいらっしゃいます。また、その修験者の化身が天狗として祀られています。

それは、「山そのものに自然の道理が人々を導くという役割」があったのだということかもしれません。

それに気づくと、大自然が人間を生かしてくれている意味の深さに、自ずと感謝の気持ちが湧いてくるものです。

そのように山に登る(登らせていただく)ことで、感謝の気持ちが芽生え、根付き、アクティビティという側面だけでない登山する意味が深まっていきます。

現代は、物や情報に溢れ、物質的に豊かになった反面、自殺者やうつ病をはじめとする精神疾患を抱える方が増加しています。

これだけ便利になり、物に満たされている時代でも、多くの方が日々悩み、心が満たされないで過ごしていることが多いのです。

とくに、仕事が忙しく中々休みが取れないという方は、思い切って休みを取り、山へ登ってリラックスする時間をとることをおすすめします。

また、山に登った際は、石碑や祠を見かけたり、気になる神社仏閣がある場合は、ぜひ、参拝することをおすすめします。

登山は私たちの心身の健康に効果があるだけではなく、山の存在、自然や神仏へ敬意を感じることで、感謝や謙虚さの気持ちが心の内側から溢れでて、清々しい気持ちを取り戻すことができます。

スピリチュアルな視点からみても、参拝登山は、精神性や霊性が高まる貴重な機会でもあるのです。

『登山のススメ』まとめ~登山は、自然と人間の魂の共鳴


photo AC

登山の魅力はまとめると4つの醍醐味があるとお伝えしましたね。

  1. 四季の変化を楽しむこと
  2. 健康美容、アンチエイジングに
  3. 癒しと精神的安定効果
  4. 自然・神仏参拝

とご紹介させていただきました。

人間の心身、そして五感だけでなく六感まで満たし、心から充実感をもたらしてくれる登山は、まさに、自然と人間の魂の共鳴なのです。

言葉だけでは、表せない魅力が登山にはあり、古くから自然を愛する日本人の心に通じるものでもあります。

ぜひ、冷え込みが厳しくなる前に一度、近隣の山へ出かけてみるのはいかがでしょう。

おまけ【関東近郊】スニーカーでも登れる、おすすめ参拝登山名所(神社仏閣も含む)

高尾山 薬王院にて photo by HACCOBE

紅葉観光だけではなく、ストレス解消、体力増加、アンチエイジング、心身の癒し、精神性、霊性の覚醒にまで及ぶ登山。

早速、出かけてみようという方は、ぜひ参考になさってください。

また、「どんな山に登ればいいの?」と迷っている登山初心者の方でも安心して登れる筆者のおすすめの関東近郊、スニーカーで登れる参拝登山名所をご紹介します。

登山初心者におすすめ

東京・八王子 高尾山(高尾山薬王院)標高599m
リフトやケーブルカーもあり、登りやすく、飲食店もあるため、観光地としても賑わうスポット。

さまざまなルートがあり、何度チャレンジしても飽きることなく、また、家族でも楽しめるやさしい登山スポットです。

薬王院での護摩修行では、一人ひとり飯縄大権現様のご開帳前でお参りできるので、ぜひ登山と共にお護摩も経験してみることをおすすめします。

茨城県・ お岩山(御岩神社)標高530 m
古代からの信仰の聖地であり、神仏両方を祀る唯一の山とし、188柱もの神仏が祀られている、まさに霊山です。

その頂上は絶景です。また、宇宙飛行士の向井千秋さんが空から青く光って見えたという柱と祠の場が、パワースポットとして有名で、海外からの登山者も絶えない人気の御山です。

観光地とは異なり、トイレや飲食を禁止しており、マナーと健康管理に注意して登ってください。

登山時の注意点は、こちらのサイトより、確認できます。
http://www.oiwajinja.jp/oiwasan.html

中級者におすすめ

茨城県 筑波山(筑波山神社)標高877m
御山からの恵みが天からの賜物ということで、男体山、女体山の二つの山にそれぞれ国産みの祖神様(伊奘諾尊、伊奘冊尊)を祀られた、夫婦山が筑波山です。

ロープウェイ、ケーブルカー有り。
さまざまなルートで登山可能です。

男体山から女体山まで行き、下山する御幸ヶ原コースでは、樹齢数百年のスギの木が連なる名所や、急斜面の場も有り、険しくとも充実した登山が楽しめます。

山頂の冷暖地にはブナの木、麓の温暖地には常緑広葉樹林と多彩な自然の姿がみられます。

ちょっぴり上級者におすすめ(登山靴必須)

神奈川県大山(大山阿夫利神社)標高1252m
関八州の展望台といわれるほど、頂上は、東京近郊の山で随一の眺望です。

2200年前から天皇の時代に建立された社があり、関東総鎮護の霊山でもあります。

大山阿夫利神社の主祭神は山の神である大山祇大神で、山のほか、水、雷、海、の神様がいらっしゃるといわれています。

自然のいただきを身体中で体感できる場です。

大山のみ、登山靴着用が必須です。
「あめふり山」といわれるほど、雨が多く、岩登りといった箇所もあり雨具、手袋必須です。
杖もあると尚良し。

登山後の達成感はひとしおです。
 
歳神様お迎えへのカウントダウン!新年に幸福と健康を招く、お正月準備のススメ
 
 
近日開催のイベントはこちらから

内側から綺麗をつくるきっかけになる!
キャンペーン企画バナー

LINE@バナー
 

スピリチュアルカウンセラー 蒼井 聖子
サロン経営コンサルタント/九星気学カウンセラー/スピリチュアルカウンセラー
統計学や、スピリチュアルにより、人生を謳歌し、幸せな人を増やしていけることが私の最大の喜びです。
2015年10月より本格的にカウンセラー活動を始め、2017年7月現在、セッション件数累計800件、カウンセラー育成30名以上

ピックアップ記事

  1. 世間に広がるマクロビオティックの「誤解」と「ホント」。自分に合った食事法ってある…
  2. 「炊飯器で簡単!」甘酒作り方と失敗しないコツ
  3. 初めてでも失敗知らず!白砂糖を使わない「らっきょう甘酢漬け」「味噌漬け」作り方
  4. 甘酒はダイエットに効果的?その効果的な取り入れ方とは。
  5. 体質改善と健康を気にする人のための安全な油の選び方

関連記事

  1. Spiritual スピリチュアル

    財布は、いつが替えどき?〜あなたの人生を豊かにする金運のお財布替えどきと、扱い方

    お金の増やし方、誰もが気になることですよね。人間はお金によって、自給自…

  2. ママと子供画像

    Reading よみもの

    「胎内記憶」生まれてきた目的から読み解く、ママへのメッセージ

    「赤ちゃんはママを選んで生まれてくる」という言葉。1度は耳にしたこ…

  3. 春チューリップ画像

    Reading よみもの

    新しい環境で「楽しい人間関係をつくる」5つのヒント!

    人間関係はトラブルもあるけれど、人生を豊かに変える価値あるもの…

  4. Reading よみもの

    そろそろ気になる、あなたの来年の運気は?9年の周期を知って、自分を最大限に活かそう!

    10月ごろから、来年の運気が公表される占い業界。その年の全体的な傾向と…

  5. Reading よみもの

    正しいお盆のお墓参りはいつ?今さら聞けない、お盆の意味、由来とは?

    今さら聞けない、お盆の意味・由来って?7、8月は各地で夏祭りが…

RECOMMENDED COLUMN

  1. 玄米ごはん画像1
  2. 寝起きストレッチ
  3. 稲画像

HACCOBEキャンペーン企画


Info

READING








HACCOBE COLUMINIST

  • HACCOBE 編集部
  • ゆったりマクロビ美人食 松崎 恭子
  • オーガニック専門家 レムケなつこ
  • 植物療法コンサルタント 井上知佳
  • スピリチュアルカウンセラー 蒼井 聖子
  • ファミリーコーディネーター 加藤由香里
  • 料理家、ローフードベジ料理教室happycheesekitchen 主宰chie
  • ディライトフルデザイナー ディアナ幡司しのぶ
  • 健康ライフコーディネーター 柳樂 いづみ
  • 「マナヨガ」代表 yuuka
  • マスターオーガニックコーディネーター KAERU
  • 体質改善オーガニック料理研究家 楳村郁子
  • パリ在住 パリコレヘアースタイリスト Tsume & トップセラピスト Yuki
  • shinozaki fusako
veggy vol.61掲載

RECENT POST





HACCOBE運営企業 株式会社セルアップは、株式会社グローリー・インターナショナル社 Fastzyme(ファストザイム)720㎖の総代理店です。
  1. お正月画像

    Reading よみもの

    歳神様お迎えへのカウントダウン!新年に幸福と健康を招く、お正月準備のススメ
  2. Fasting ファスティング

    今やスタンダードな健康法・デトックス法として知られる「ファスティング」。その効果…
  3. 朝ストレッチ画像

    Body カラダ

    【動画2】1日1分の簡単ボディメイク、便秘・ガス解消にも!「祈りのポーズのストレ…
  4. 酵素玄米画像1

    Recipe レシピ

    実は簡単!酵素玄米の作り方~美容・ダイエット・腸活におすすめの酵素玄米の効果は?…
  5. Fastzyme ファストザイム720ml

    酵素の力を最大限にいかす!酵素たっぷりレシピご紹介
PAGE TOP