Food 食

美味しさ以上の意味をもつ「身土不二」上手に活用できていますか?健康的な美しさを叶える賢い食べ方とは。


暑くなってくると、夏野菜が美味しくなってきます。

スーパーでは通年置いてあることが当たり前のトマト、きゅうり、ナスやピーマンなど定番のお野菜ですが、やっぱり旬の時期に食べると一段と美味しく感じますよね。

美味しさだけでなく健康や美容においても、旬のものを食べることは大切な「ポイント」になります。

【世間に広がるマクロビオティックの「誤解」と「ホント」】にもあるように、健康・美容食として注目されるマクロビオティックやその他の食事法で使われる「身土不二」という言葉は、まさにこの旬を大切にすることと深い関係があります。

旬のものを食べる「身土不二」を食生活の中で意識をするだけで、いつの間にか体の健康レベルは上がり美容効果も上がるという、嬉しい効果を得ることもできます。

食材を選び、購入する時、少し意識を変えてみるだけですぐに取り入れることができます。更に「身土不二」を実践することは、お財布にもやさしく、環境にもやさしいという、いいことづくし。

「身土不二」の実践方法と注意点そして、素晴らしい効果についてご紹介しています。

身土不二とは、なるべく自然に食べること。

「身土不二」という言葉は、マクロビオティックの三大原則または、食事法の基本として、健康と美容を気遣う人たちの間で知られるようになってきました。
(マクロビオティックの三大原則は、「身土不二、一物全体、陰陽の調和」です)

「身土不二」とは何か?

身と土は、二つに分けられない」ということを意味します。
つまり、その土地のその季節のものを食べること

別の言い方をすれば、国産の旬のものを食べることと言えます。

マクロビオティックでは「なるべく自然に食べること」を大切にしているため、季節外のものを食べること、遠く離れた気候風土のものを食べることは、不自然であり心身のバランスを崩すという基本の考え方があります。

すぐに取り入れられて、美容と健康に効果的!だからこそ取り入れてほしいんです。

身土不二を取り入れることは、なぜ健康や美に有効にはたらくのでしょうか?

1、一番栄養価が高い状態で食べ物をいただくことができる

2、季節ごとの体質のコントロールが自然とできるようになる

3、体に負担なもの、不要なものを最小限に抑えることができる

などのように「なるべく自然に食べること」を実践できるため、上記のことを自然と受け取ることができます。その結果、健康的な体と美しさにつながるのです。

1. 身土不二で栄養満点な食生活へ!

本来、その季節に育つものをその季節に育てる。
そうすることで、その野菜や果物は生き生きと元気いっぱいに負担なく育つことができます。

元気な野菜や果物は栄養価も高くなります。一方、気候風土が合わない環境で強引に育った作物は、弱々しく栄養も十分に蓄えることはできません。

旬の栄養価の比較実験では、特にビタミンの量が大きく変わると言われており、多いものではその栄養価には4〜5倍ほど差があります。その理由として、植物にあった光合成の光の量、温度、またはストレスの有無などが、ビタミンの量に大きく関わると言われています。

たとえ同じ野菜であっても、旬のものとそうでないものでは、美味しさと栄養に大きな差が表れるということが実証されています。

季節のものを食べることは、栄養が満ちた体づくりへと繫がることを意味しています。せっかくいただくのですから、1番栄養価が高く、1番美味しい季節に楽しみたいですよね。

2. 身土不二で季節に合った体質にコントロール

体ぽかぽかレシピsimple-oyatsu, simple-food

夏野菜は体を冷やして、冬野菜は体を温める。こうしたことは、今はすっかりお馴染みの話になりましたが、これも「身土不二」のメリットの1つです。

本来、その土地に生きる動物は、その土地の気候風土に合った植物・動物を食べて生きてきました。

西欧人と日本人では、

腸の長さが違う
体内の酵素が違う
ホルモンの出やすさが違う

など、耳にしたことがあるという方も多いのではないでしょうか?それは、食べ物に限りませんが、その土地の環境に私たち人間の体が合うようになっているからです。

その土地の季節のものを食べて生きてきた長い歴史の中で、私たちの体は「旬のものを食べることで快適に生きる力」を備えてきました。

暑い季節には、体を冷やしてくれる植物を食べ自然と上手にクールダウン。

寒い季節には、体を温めてくれる植物を食べて自然とポカポカに生活。

「身土不二」を実践することで普段意識はしていなくても、体質のコントロールが自然となされているのです。ということは、全く違う気候風土のものを日常的かつ頻繁に食べるということは、自ら生きづらい体質を作り上げているといえるのではないでしょうか。

3. 身土不二で不要なものは体に入れない

私たちは、近代農業の発展のおかげで「一年を通し、豊富な食べ物を、不足なくいただく」という恩恵にあずかって過ごしています。
一方、近代農業で季節外のものを育てるということは、農薬や化学肥料など人体や環境に大きく負担になるものを大量に使用するというデメリットもあります。

季節・風土に合わない植物(食物)は、その環境で育ちにくく、かなりの労力や多くの農薬・化学肥料などに頼ることにつながります。反対に、季節・風土に合った植物を育てれば、農薬や化学肥料を最小限におさえることができ、育てやすいという利点があります。

可能な限り、農薬や化学肥料を体にとり入れたくないという方にこそ、旬のものを選んでいただくことが大切なんです。

外国産の食材はどのように取り入れるべき?!身土不二実践で気をつけたいこと

「身土不二」は、その季節の旬のものをいただくことですが、実践するにあたって神経質になりすぎないことも大切です。というのも、最近は国内でも海外の食材が手に入りやすくなり、食生活も多様化していることがあげられます。

外国産のものは食べてはだめ!とストレスを抱えながら我慢をしないということです。日々の食事で「身土不二」を意識することは大切ですが、それ以外を絶対に食べてはいけないということではありません。

国産のみ、日本料理や和食のみ、といわれてもストレスがたまりますし、日常生活にも無理が生じます。

海外の料理や食材で好きなもの、美味しいものも沢山ありますよね。美味しいものが豊富な時代・グローバルな時代に生まれてきたからこそ、食べることをとことん楽しむときもあっていい!
違う気候風土のものであっても、時には好きなものを思い切り楽しんでみてください。

「身土不二」は、あくまでも日常的な食事の基本という感覚で、ぜひ覚えておいてください。

身土不二・地産地消はお財布にも環境にもやさしい

季節の食材や旬のものは、価格が安いです。
旬のものをいただくことは、家計にやさしいということも、身土不二のメリット。

また「地産地消」も意識してみるとよいかもしれません。「地産地消」は、その土地の季節のものをいただくことで無駄な運送や保管が必要なくなり、地域と地球全体にやさしいという活動です。

海外のものや遠方のものを沢山食べるということは、その分の輸送費がかり、飛行機や輸送車の燃料が消費され、多くの地球の資源やエネルギーが使われていることを意味します。それと同時に、環境にも負担をかけているということになります。

自分たちのことだけでなく、環境にもやさしいことを選択をすることで、本来地域・社会があるべき姿、より自然な生き方につながっていきますよね。

【身土不二まとめ】旬の食材を選ぶときのポイント

身土不二は、その土地のその季節のものを食べること
スーパーなどでは通年の流通が当たり前になっている今、簡単なようですがいざ意識してみると難しく感じる方もいらっしゃるかもしれません。

そこで最後に、身土不二の実践のポイントをまとめてご紹介いたします。
以下のような点を意識して選んでみましょう。

・価格が、他の季節よりも安くなった
・地中に向けて育つものは秋冬野菜で、空へ伸びていくものは夏野菜
 (例外として、かぼちゃは地面をはうようになりますが、夏野菜ですのでこれにあてはまりません。)
・月に1度でも、近くの自然食品店に行くことで、旬を感じてみる

旬の食材について悩んだら、インターネットを利用しその場でさっと調べてみることもおすすめです。

旬のものを取り入れて、美味しく、健康的な美しさを手に入れてみてはいかがですか。

 
 
岡山県吉備産の厳選食材70種類以上を使用、
3年以上長期熟成発酵、残留農薬ゼロの酵素ドリンクファストザイムはこちらから。

 
美と健康の最新情報&HACCOBEのキャンペーン企画をいち早くお届け!
LINE@バナー 
 

ゆったりマクロビ美人食 松崎 恭子
マクロビオティック師範、管理栄養士。
東京・大塚にて毎月50人の生徒さんが通う人気マクロビオティック教室「ゆったりマクロビ美人食教室」を開催 。

マクロビオティックをベースに「体にやさしい&おいしい料理は、誰でも簡単にできる」方法を皆さんにお伝えすべく料理教室、講演、食事栄養コンサルティングにて活動中。


ピックアップ記事

  1. LINE@友だち限定企画のお知らせ
  2. 世間に広がるマクロビオティックの「誤解」と「ホント」。自分に合った食事法ってある…
  3. 【10分レシピ】冷蔵庫と調味料の整理を兼ねた常備菜、ピクルスの絶対失敗しない作り…
  4. 雑誌掲載『美しくなるフードセラピー 夏』ファスティング特集にて紹介されました。
  5. 春こそ活用したい!万能発酵食「白味噌」を使ったレシピ3選

関連記事

  1. Spiritual スピリチュアル

    正しいお盆のお墓参りはいつ?今さら聞けない、お盆の意味、由来とは?

    今さら聞けない、お盆の意味・由来って?7、8月は各地で夏祭りが…

  2. Fermentation 発酵

    【夏の食養生豆知識】暑い季節こそ「酢」のチカラを上手に取り入れてみませんか?

    実は、私たちは暑い季節になると無意識的に体を整えようと「酸味」を選んで…

  3. ricemilk画像

    Diet ダイエット

    本当にダイエットにいいの?牛乳、豆乳の代替品にミルク風ドリンク「ライスミルク」とその楽しみ方。

    国内でも数年前から美容・健康に意識の高い人たちの間で、少しずつ浸透して…

  4. Food 食

    雑誌掲載『美しくなるフードセラピー 夏』ファスティング特集にて紹介されました。

    雑誌掲載のお知らせHACCOBEにて紹介しているファスティング…

  5. 疲れ眠気画像

    Food 食

    春の眠気は体からのサイン!「美しくなる眠り」を叶える食事法とは?

    冬から春になると、暖かくなって心地よい気候になりますね。ですが、春はど…

RECOMMENDED COLUMN

  1. newbornbabyfeet画像
  2. 芽画像
  3. 稲画像
  4. 緑背景画像

HACCOBEキャンペーン企画


READING



RECENT POST


HACCOBE運営企業 株式会社セルアップは、株式会社グローリー・インターナショナル社 Fastzyme(ファストザイム)720㎖の総代理店です。
  1. 緑背景画像

    HACCOBEについて

    HACCOBEでは、専門家コラムニストを募集しています。
  2. 発酵食いろいろ画像

    Fermentation 発酵

    【発酵食入門】基本をおさらい~美と健康に欠かせない「発酵」とは?
  3. Organic(オーガニック)

    極上のオーガニック空間が味わえるビオホテル知ってますか?
  4. Fermentation 発酵

    酒粕の栄養と驚くべき効能とは?栄養素を丸ごと活かす!酒粕甘酒の作り方。
  5. 稲画像

    Food 食

    世間に広がるマクロビオティックの「誤解」と「ホント」。自分に合った食事法ってある…
PAGE TOP