Organic(オーガニック)

意外と知らない「日本茶」残留農薬の実態とオーガニックの真価を気づかせてくれる本物の日本茶とは。


昔から私たち日本人になじみ深い「お茶(日本茶)」。近年、日本人のお茶離れが心配される一方で、1本1,000円ほどのプレミアムなペットボトルお茶が誕生するなど、何かと話題になっています。ペットボトルの普及により、豊富な種類の日本茶をいつでもどこでも気軽に楽しむことできるようになりました。

その反面、以前のように食卓でお茶をいれ、ゆっくりいただくという習慣は少なくなっているように感じます。それでも毎日何かしら、お茶をいただいているという人は多いですよね。

私たちにとって、とても身近な日本茶ですが実は、意外と知られていないのが、日本茶の深刻な農薬の問題。ヘルシーなイメージのお茶ですが、もはや健康的とはいえないかも知れません。

「茶」の農薬散布は年に4~5回。残留農薬基準値も高いって知ってましたか?

美味しい茶葉ほど、農薬が必要。

意外かもしれませんが、お茶の栽培にも他の農産物と同じように農薬が使われています。飲んでおいしいと感じられるお茶の樹や品種改良されているものほど虫や病気の標的になりやすく、収穫期を避けて、最低でも年4~5回程度の農薬散布(防除)が必要になります。

散布された農薬は防除の後、

・日光による光分解
・酸素や水との化学反応分解
・風雨による洗い流し
・作物の代謝による分解

などで消失するといわれていますが、散布された農薬により茶園とその辺り一帯の土壌の汚染はまぬがれません。

農薬を散布しなければ、「病気や害虫を駆除することができず、茶の安定した需給が望めない。」ということ、上記のように「十分な安全性を確保している。」ということが農薬を使用する目的(理由)なのですが、安全と本当にいいきれるのでしょうか。

知られていない「茶」の残留農薬の実態。

「茶」に散布した農薬が本当に消失しているのかどうかの基準になるのが、残留農薬の検査結果とその基準値。ですが、日本の「茶」の残留農薬基準値は他のどの農産物よりも高く、また日本で認められている残留農薬の数は200種類ほど存在します。

例えば、「アセタミプリド」というネオニコチノイド系の農薬(殺虫剤)の場合、

・茶 30ppm
・いちご 3ppm
・レタス 10ppm(サラダ菜及びちしやを含む)

参照:公益財団法人 日本食品化学研究振興財団 残留農薬等基準値

となっています。

「茶」の残留農薬基準値が高い理由として、

・茶葉を直接たべないこと
・1度の摂取量が少ないこと
・抽出するものだから茶葉の農薬は溶け出しにくいこと
・お湯に溶け出す農薬は10%ほど

といわれています。

ですが、やはり農薬の安全性には疑問を感じずにはいられません。

「ヒトには安全」という宣伝で世界中に普及したネオニコチノイド系の農薬について、実際、使用地域でハチの大量死への関連が懸念されるなど、2013年欧州委員会はネオニコチノイド農薬が「ヒトの神経発達障害に関与する可能性」を正式発表。同農薬の一部種類については使用が禁止されている国もあります。

他の先進国と比べると農薬の基準値・規制が甘い日本の実情。課題は山積みですが、私たち、消費者1人1人の賢い選択がこういった理解しがたい現状を変えていくきっかけになるのでは。

美味しく・安全な「日本茶」を楽しむために、正しい基準のものを選んでいこう。


引用:Makuake project NODOKA

美味しく・安心していただけるお茶を楽しむなら、無農薬や有機栽培の日本茶を選ぶことはとても重要です。といっても、有機認証を取得している国産茶葉はとても稀少で、全体の約3%ほどといわれています。残りの97%は農薬を使っているということになります。私たちが口にしているほとんどのお茶は決して、「安心」とは言い難いものだったんです。

有機JAS認定(日本)を取得している茶葉であれば、もちろん安心していただけますが、やはり海外のオーガニック認証も取得しているとより安心でき、信頼性が高まります。例えば、アメリカの有機認証USDAを取得している日本茶もあるので、そういったものをお勧めします。

オーガニック認証機関では原材料や製造工程などを厳しく審査され、製品の品質や安全性を保証しているため、安心して口にすることができます。

オーガニックの重要性を伝え、可能性を見せてくれる日本茶があること知っていますか?

『オーガニックの重要性を気づかせてくれるお茶』として現在国内外で注目されている日本茶ブランドNODOKAをご存じでしょうか?
(Be inspiredより)

NODOKAは有機JAS認定やUSDA認定を取得し、小さな子供からお年寄りまで安心していただける日本茶パウダー。

日本茶を通して、自然も文化も価値観も、もっと多様で、サステイナブルで美味しく楽しい世界を人種・国問わず、もっと多くの人とつくっていきたい。

と話すNODOKA設立者のホン・スイル氏。生産農家と消費者の架け橋として「オーガニックの日本茶」を広めるべくNODOKAを立ち上げ、現在活動中です。

日本茶パウダーNODOKAってどんなお茶なの?


Photo by Emi Komagata 茶農家の増田さんとスイル氏

スイル氏は、生まれ育った東京を離れ、渡米。NY在住中に、海外で日本茶がヘルシーな飲みものとして人気が広がっていくのを肌で感じたと同時に、海外に出回っている日本茶のほとんどが実は、「日本産でない日本茶だった。」という衝撃の事実を知り、そのことが日本茶に注目するきっかけになった、と。

海外で日本茶に注目が集まっていく中「ニセモノの日本茶」ではなく、「ホンモノの日本茶を海外へ伝えなくてはいけない」という使命感へと変わり、日本と海外を往復。日本全国の茶畑に足を運ぶ旅の途中、静岡の茶農家 増田さんと運命の出会いによって日本茶ブランドNODOKAが誕生しました。

ホンモノのお茶を探す旅の中、スイル氏は、日本茶を取り巻く非常に厳しい現状を目の当たりにすることに。生産者の高齢化、後継者不足、虫がつきやすいお茶は農薬や化学肥料を使った栽培が一般的であることなど。また、国内で生産されている茶葉のほとんどが国内で消費され、海外に輸出されているのはほんの数%にすぎないという現状。海外で日本茶の人気が高まる中、そんなことは生産者に全く届いていなかったということなど。

このような経緯から、「本物の日本茶を飲んでほしい。」「どのような人がどのような想いで生産しているのか伝え、お互いの顔が見える商品を世界へ発信していきたい。」という彼の強い想いが現在の活動、パッションにつながっています。

また、本物の日本茶を日本人にこそ知ってもらいたいと、現在Makuakeにて限定先行販売キャンペーン実施中です。(2017年7月28日18時まで)

NODOKAのお茶は、安心安全を追求し、農薬や化学肥料、もちろん除草剤も一切使わずに自然栽培で育った茶葉。一口いただくと優しい茶葉の香りと甘さが口いっぱいに広がる本物の美味しさ。その美味しさと、健康にいいと期待されるお茶の栄養を全て取り入れられるようにとの思いから、パウダー状に加工されています。完全無農薬だからこそ、安心して茶葉を丸ごといただけます。

温かいお茶として飲むだけでなく、冷たいお茶も楽しめ、料理やおやつにも幅広く活用できるので、料理好きにもとても魅力的です。

日本茶パウダーNODOKAのレシピ

HACCCOBE編集部夏の定番抹茶レシピ

抹茶とミントのレモネード
【材料 2人分】
レモン果汁 1個分
ミント生葉 2分の1カップくらい
NODOKA MATCHA抹茶パウダー 小さじ2
ローハニー 大さじ2~3(またはアガベシロップなど)
水 1カップ
氷 適量

をミキサーにかけ、攪拌。
完成。
レモンスライスとミントの葉をトッピング。

マクロビオティック教室講師、松崎恭子先生のほうじ茶プリンレシピ。

ほうじ茶プリン
【材料 4人分】
・豆乳 400ml
・メープルシロップ 大さじ1,5~2
・米粉 大さじ1,5
・粉末ほうじ茶 小さじ2
・粉寒天 2g(小さじ1弱)
・自然塩 少々
お好みでシロップやきな粉

【作り方】
1、全ての材料を小鍋に入れ、泡立て器等で混ぜて米粉を溶かす。
ほうじ茶粉末は、ゆっくり火を入れていくと溶けるので少し残っていてもOK。
2、弱火にかけながらヘラで混ぜつつ、粉寒天を煮溶かしていく。(弱火〜弱めの中火くらいが目安)
米粉が入っているため、徐々にとろみがついてくるので絶えず底から混ぜる。
3、小鍋が、ぐつぐつとしてきたら1分ほど混ぜつつ加熱して、火を止める。
グツグツは、しっかりと続ける。米粉がダマになりやすいので、混ぜる手は止めないようにする。
4、火を止めて、固める容器に流し入れる。
5、冷やし固めたら、できあがり♪
お好みで、メープルシロップやきな粉をかける。

☆作り方のポイント☆
・米粉は、しっかりと溶かしてから火を入れないとダマになります。
 また、混ぜるときもヘラなどでしっかりとそこから混ぜないと、ダマになりますので気を付けます。
・甘みが少なく感じる場合は、メープルシロップ少々を足してください。
・豆乳だけでなく、ライスミルクでも作ることができます。(あっさりと仕上がります) 
・固さは寒天の量でお好みに調節してください。レシピは、しっかりめの食感です。
1gにするとなめらかな食感になります。


引用:Makuake project Nodoka NODOKA Website

その他、日本茶をパウダーを使った美味しいレシピもNODOKAウェブサイト、SNSにて公開予定です。

現在、世界中・国内中に多くの支援者や応援者がいる日本茶ブランドNODOKA、設立者ホン・スイル氏のこれまでの活動と商品の詳細は下記を参考に。

日本茶NODOKAウェブサイト
Makuake限定先行販売実施中

今後、日本茶パウダーNODOKAは、NODOKAウェブサイトにて購入可能です。その他、料理教室とのコラボイベント開催や国内の様々なイベントにて販売予定。

日本茶の美味しさと可能性に魅了されたスイル氏。今後さらに、彼の想いと活動が、茶農家の大きな支えとなり、日本茶生産に関わる厳しい現状や日本の農業が抱える問題を少しずつ解決していくきっかけになるのではと、期待が膨らみます。

私たちが家族みんなで安心して食事を楽しみ、より安全で住みやすい環境を作っていくために、オーガニックが広まっていくことが鍵になると改めて実感したスイル氏の活動。口でいうことは簡単ですが、まずは私たち1人1人が可能な範囲で日々、賢い選択をしていくことが大切です。

オーガニック製品を買うことは、未来や世界に幸せの種をまいているようなもの。

と、オーガニック専門家コラムニストレムケ氏の言葉にあるように、未来の幸せをつくる鍵は私たち消費者にあるんです。
 
【オーガニックって結局なに?「人に優しい」「環境保護」だけでない!オーガニックの立体的な姿とは。】

 
 
美と健康の最新情報、HACCOBEキャンペーンをお届け。
LINE@バナー

 

HACCOBE 編集部
『HACCOBEー発酵美ー』編集部です。
「10年先のわたしをつくる」をコンセプトに、美・健康・食・オーガニックの情報を発信。
10年、20年先の自分をつくるために、有益だと思われる情報の中から、一つひとつ自分に合うものを選択し、取り入れ、役立てていく。そんな風に日常を過ごしている方にとって、ときに「拠りどころ」となり、「暮らしのヒント」となる美と健康の情報の提供・提案を目指しています。

ピックアップ記事

  1. オーガニックって結局なに?「人に優しい」「環境保護」だけでない!オーガニックの立…
  2. 眠れない夜に。「シャバアーサナ」を活用し、睡眠の質を上げる。
  3. もしかして、産後うつ?!産後うつの具体的な症状と効果的な対処法について。
  4. 悩まない私をつくる「歩く瞑想法」とは!体だけでなく、心にも絶大な効果をもたらすウ…
  5. 「腸内環境が鍵!」花粉症の季節におすすめの免疫力を整える食品と食事法

関連記事

  1. Fermentation 発酵

    甘酒はダイエットに効果的?美肌・疲労回復にもおすすめの甘酒。注意点と効果的な取り入れ方は。

    甘酒というと、温めて飲む「冬の飲み物」というイメージを持っている人も多…

  2. ママと子供画像

    Reading よみもの

    「胎内記憶」生まれてきた目的から読み解く、ママへのメッセージ

    「赤ちゃんはママを選んで生まれてくる」という言葉。1度は耳にしたこ…

  3. レムケ様撮影デメターコスメ

    Beauty 美容

    世界がハマる!ドイツ発オーガニックコスメブランドをご紹介。

    日本でも大流行のオーガニックコスメ。オーガニックコスメとは有機…

  4. Reading よみもの

    気になる「厄年」、厄祓い・厄除けをする意味と心構えとは?

    新年から節分の時期は神社やお寺へ足を運ぶ方も多く、また、厄除け行事も盛…

  5. 冷え性女性

    Food 食

    ストレスと冷えの関係。「冬」身体を芯から温める簡単な方法をご紹介。

    現代の働く女性は多くのストレスを抱えているように感じます。そのストレス…

RECOMMENDED COLUMN

  1. 親子画像
  2. 稲画像
  3. 三年番茶 ほうじ茶
  4. 肥満画像
  5. サプリメント画像

HACCOBEキャンペーン企画


Info



READING








HACCOBE COLUMINIST

  • HACCOBE 編集部
  • ゆったりマクロビ美人食 松崎 恭子
  • オーガニック専門家 レムケなつこ
  • 植物療法コンサルタント 井上知佳
  • スピリチュアルカウンセラー 蒼井 聖子
  • ファミリーコーディネーター 加藤由香里
  • 料理家、ローフードベジ料理教室happycheesekitchen 主宰chie
  • ディライトフルデザイナー ディアナ幡司しのぶ
  • 健康ライフコーディネーター 柳樂 いづみ
  • 「マナヨガ」代表 yuuka
  • マスターオーガニックコーディネーター KAERU
  • 体質改善オーガニック料理研究家 楳村郁子
  • パリ在住 パリコレヘアースタイリスト Tsume & トップセラピスト Yuki

RECENT POST

  1. 発酵美学画像




HACCOBE運営企業 株式会社セルアップは、株式会社グローリー・インターナショナル社 Fastzyme(ファストザイム)720㎖の総代理店です。
  1. Organic(オーガニック)

    なぜ、オーガニック先進国ドイツでオーガニックがここまで広まったのか。パーソナルベ…
  2. Fermentation 発酵

    飲む発酵食品、Kombucha(コンブチャ)って!?
  3. Recipe レシピ

    本物みたいな濃厚さ!簡単「豆腐ベジチーズ」の作り方。
  4. マクロビチョコマフィン画像

    Recipe レシピ

    【グルテンフリー&マクロビ】糖質ひかえめ!米粉とおからのチョコレートマ…
  5. 芽画像

    Organic(オーガニック)

    オーガニックって結局なに?「人に優しい」「環境保護」だけでない!オーガニックの立…
PAGE TOP