Spiritual スピリチュアル

正しいお盆のお墓参りはいつ?今さら聞けない、お盆の意味、由来とは?


今さら聞けない、お盆の意味・由来って?

7、8月は各地で夏祭りが行われ、花火大会や盆踊り大会は、夏ならでは風情ある催しとして楽しみな方も多いと思います。そして、夏休みといえば、日本ではお盆の季節ですね。お盆休みの休息期間は田舎に帰省し、両親・親族に会う機会にされる方がいる一方で、「今年は、どんなレジャーを過ごそうか?」というバカンス期間として、夏休みを過ごされる方と大きく2通りにわかれています。

お盆の時期前までの1年以内に亡くなったご先祖様を供養する期間「新盆」は、比較的きちんとご供養される方が多いと思いますが、「新盆」だけでなく毎年「お盆」は、ご先祖様を自宅へ迎え入れる期間であるということをご存知でしょうか?

今回はお盆と夏の行事から、日本人がご先祖様を想い亡くなった方を常に大事にしていたこと、受け継がれている日本人の心・慣習について書いていきます。

お盆のお墓まいりはいつするの?

お盆は、生きているこの世に家族のご先祖様の御霊をお迎えする大切な儀式です。ご先祖様をお迎えする役割のあるのが、生きている私達です。その日を知っておくことはとても大事なことですので、ご説明いたします。

7月には旧盆(7月13、14、15日) 、8月は新盆(8月13、14、15日) とあります。江戸時代での太陰暦でのお盆が、明治時代に新しい暦(太陽暦)になって7月15日になったお盆ですが、農村部では繁忙期で大変だったため、1ヶ月遅らせたのが8月の新暦盆の由来です。

今は通常、地方は新暦盆であることが多いですが、関東をはじめとした都市部では、旧盆(7月)で行っているところもあるようです。

13日は盆入り、14日は中日、15日は盆明け といい、13日の盆入りには、迎え火をして自宅に霊を迎え入れ、16日には、送り火を焚いて、お帰りになる霊を見送ります。ここでお墓まいりについてお伝えすると、お盆間の日はご先祖は自宅に帰っているため、お墓には留守だという考えです。(お墓にご先祖様のお御霊がいないということ。)ですので、お墓まいりは、12日までか、16日以降にされるのがいいでしょう。

もし13日に行かれる場合は、自宅へ魂をお迎えして連れて帰り、16日には、魂を送るためにお墓まいりに出かけるつもりで、お墓に行くことが理にかなっています。

夏祭りの花火は、壮大な先祖供養。

夏の象徴風物詩である夏祭り!ただ楽しむための「お祭り」ではないのです。実は、この花火大会や盆踊りも、死者を供養するため、ご先祖様の鎮魂と供養のために行われるようになった行事なんです。

花火大会の花火は、昔から飢饉や震災で亡くなった方への霊を慰める、供養、鎮魂のために行っていたそうです。お盆の「迎え火・送り火」という意味あいもあり、7、8月のお盆の時期に開催されているのです。花火は多くの方の前で一斉に行う、壮大な先祖供養ということです。花火の光は、星の光、魂や霊の光のように感じ、ご先祖様の存在を想い出す機会にもなりますね。

また、花火大会と同じくお盆に帰ってきた霊を迎え入れ、霊を鎮め、また送り出すために、念仏(心で南無阿弥陀を唱える)踊りとしたものが「盆踊り」です。15日の夜に行わるのが正式なのは、それも花火の迎え火・送り火のように霊を迎え入れ、翌日には送り出すことと同じ意味を持っているからです。

どちらもご先祖様のお迎え事という夜の民衆行事。慰霊行事とはいうものの、月明かりの下、浴衣姿で出歩くことで、出会いの場やロマンチックな交流の場だったことは、今も昔も変わらないようです。

お盆の最後は、霊を送る灯籠流し

灯籠流し画像

そして最後に、実はご先祖様のお御霊がこの世で苦しみが無くなるように、帰りに道に迷わないようにと行っているのが「灯籠流し(とうろうながし)」。今は夏祭りでもこの灯籠流しを行っているところがありますが、実際には、原爆投下により、亡くなった遺族の慰霊のため、手作りの灯籠を川に流したことが始まりといわれています。

この川は三途の川をたとえられているといわれ、この世に来てくれたご先祖様の霊が帰りに道に迷わないようにお見送りするのだそうです。一度戻ってきてくれたけれどまた、この世からあの世へ送り出すために灯りをともすのですね。さだまさしさんの曲・「精霊流し(しょうろうながし)」が有名ですね。精霊流しも灯籠流しと同じもので、長崎が中心に行なわれています。

私も子供時代に、祖父が亡くなった年の夏に、この灯籠流しを経験しています。亡き人のための行為ですが、実際に川にうかび、流れていく灯籠の灯りの流れは大変幻想的であったこと。川面にゆらゆらと流れていく灯りを見送りながら、幼心にも「命の無常観」を感じたことを覚えています。

命の尊さとつながりを感じて、夏祭りを楽しく過ごそう!

浴衣夏祭り画像

「故人を思う気持ち、ご先祖様とのつながりを絶やさずに想う心をこのような形にして、つないでいく」のがお盆であり、夏祭りなのですね。生きている時を超え、魂のつながりと慰霊を様々な形で表現することで命の尊さを感じ、そのように大切にしてきた日本人の心をこのお盆の様々な行事からうかがうことができます。

今年のお盆は、そんな背景を意識しながら、浴衣で花火や盆踊りを楽しんではいかがでしょうか?花火を観ながら、星になった霊や魂(ご先祖様)の存在を近くに感じ、故人を思い、盆踊りを楽しむことでご先祖様からも喜ばれ、出会いのご縁や後押しがあるかもしれませんね。

 

*(「お盆」の過ごし方や風習・マナーは、宗教や地域によって違いがあります。その土地、それぞれの宗教の習わしを大切に行ってください。)

2017年8月開催予定盆踊り、灯篭流し、夏祭り一覧

秋田県
8月6日、15日、16日 横手の送り盆祭り

山形県
8月14日~16日 荘内大祭

千葉県
8月14日、15日 やっさいもっさい踊り大会・木更津港花火大会

東京都
8月12日 浅草夏の夜祭り

京都
8月16日 宮津灯籠流し花火大会

広島県 
8月6日 ピースメッセージとうろう流し

大分県
8月14日、15日 姫島盆踊り

長崎県
8月15日 精霊流し

 
 
HACCOBE友だち追加はこちらから。
LINE@バナー
 

スピリチュアルカウンセラー 蒼井 聖子
サロン経営コンサルタント/九星気学カウンセラー/スピリチュアルカウンセラー
統計学や、スピリチュアルにより、人生を謳歌し、幸せな人を増やしていけることが私の最大の喜びです。
2015年10月より本格的にカウンセラー活動を始め、2017年7月現在、セッション件数累計800件、カウンセラー育成30名以上

ピックアップ記事

  1. 正しいお盆のお墓参りはいつ?今さら聞けない、お盆の意味、由来とは?
  2. 初めてでも失敗知らず!白砂糖を使わない「らっきょう甘酢漬け」「味噌漬け」作り方
  3. 極上のオーガニック空間が味わえるビオホテル知ってますか?
  4. 美味しさ以上の意味をもつ「身土不二」上手に活用できていますか?健康的な美しさを叶…
  5. 春こそ活用したい!万能発酵食「白味噌」を使ったレシピ3選

関連記事

  1. Fermentation 発酵

    【夏の食養生豆知識】暑い季節こそ「酢」のチカラを上手に取り入れてみませんか?

    実は、私たちは暑い季節になると無意識的に体を整えようと「酸味」を選んで…

  2. 芽画像
  3. 天の川画像

    よみもの

    織姫・彦星の七夕大恋愛から学ぶ、気学相性判断!パートナー&気になる彼との相性は?

    七夕の物語は、世界中に人気あるロマンスストーリー2000年前の中国…

RECOMMENDED COLUMN

  1. newbornbabyfeet画像
  2. 簡単白和え画像

HACCOBEキャンペーン企画


READING



RECENT POST


HACCOBE運営企業 株式会社セルアップは、株式会社グローリー・インターナショナル社 Fastzyme(ファストザイム)720㎖の総代理店です。
  1. 緑背景画像

    HACCOBEについて

    HACCOBEでは、専門家コラムニストを募集しています。
  2. Recipe レシピ

    本物みたいな濃厚さ!簡単「豆腐ベジチーズ」の作り方。
  3. Organic(オーガニック)

    極上のオーガニック空間が味わえるビオホテル知ってますか?
  4. ツヴェルベリッヒ(Zwölberich)画像

    Organic(オーガニック)

    オーガニックにもグレードがある!最高品質のオーガニック製品を求める方にオススメ!…
  5. 稲画像

    Food 食

    世間に広がるマクロビオティックの「誤解」と「ホント」。自分に合った食事法ってある…
PAGE TOP