Reading よみもの

脳を開けば運も開ける!開運脳の作り方 Part 2


開運するための鍵は「脳」にある、ということで、前回のPart 1.につづき「脳」と「運」に関するお話しをさせていただいています。

前回は「開運するための秘訣」として、つぎの5つを挙げました。(Part 1.の記事はこちら

開運の秘訣 ①:心の平安を保つ(脳内神経伝達物質をコントロールして感情を整える)
開運の秘訣 ②:自然法則と調和した生き方をする(時間と空間を司る法則との調和)
開運の極意 ③:脳と心と体のデトックスを心がける(不必要なものを捨てる)
開運の秘訣 ④:無理をせず、甘やかさず(自力半分、他力半分)
開運の秘訣 ⑤:時間は命そのものであると知る(Time is Life itself)

今回の記事では、開運の秘訣 ①:心の平安を保つ(脳内神経伝達物質をコントロールして感情を整える)について詳しくお話ししていきます。

そもそも「運」って何ですか?

「開運」がテーマの連載記事ですので、そもそも「運」とは何か?ということをお話ししておきましょう。

運には、大きく分けて2つあります。

一つは、持って生まれてきた運である「宿命」。

もうひとつは、生まれてからの行動や習慣、考え方、環境など、その人の生き方、ライフスタイルで決まる運。これを「運命」といいます。


pixabay

宿命は、その人の持って生まれた資質ですから、ほとんど変わりません。ところが、運命はその人の生き方によって、良くも悪くも変わっていきます。

まさに「命」の運び方が運命です。

占いで運勢や傾向を観ることはできても、運命を変えることができるのは、自分だけです。ゆえに、占いそのものや、占い師に依存することは、自分の運命を放棄するようなものと認識しましょう。

本来、占いは活用するものであって、依存するものではないのです。

運は目には見えません。だからと言って単なるイメージや迷信ではありません。

「運氣」という言葉がありますが、「運」と「氣」は密接に関係しています。

元氣、病氣、景氣、天氣、氣力、無氣力、氣が抜けるなど、日常生活には、「」がつく言葉が溢れていますね。

「氣」とは、目には見えないけれど情報を持ったエネルギーのことです。
この情報を持ったエネルギーの質が良いか悪いかが、運の良し悪しを決めるのです。
「氣」は人だけでなく、自然界のあらゆるものに流れています。

風水」とは、この氣の流れの良い土地、住まいや物などについて研究した学問です。

「氣」のエネルギーは共鳴し合うため、いい氣の流れている人と一緒にいたり、いい氣が満ちた場所や物に触れたりすると、自分の氣も活性化されます。反対に氣の流れが悪い人、場所、物に接すると、自分の氣も淀み停滞します。

「運勢」=「氣の流れ」と理解すると、自分自身だけでなく、周囲の環境が運の良し悪しを決めることも納得できるでしょう。

ゆえに、「運」をマネージメントしたければ、環境科学である「風水」という学問を無視できないのです。

人生の運の良し悪しを決めている3つの運

運について別の観点から述べると、人生の運の良し悪しを決めている3つの運があります。それは「天運」「人運」「地運」です。人生を支配している運と言っても過言ではありません。


pixabay

わたしたち人間は、天と地の間に生かされています。まさに「天・人・地」です。

  1. 天運:前世からのカルマによって決まる先天的な運で「宿命」と関わる運(いわゆる、持って生まれた運)
  2. 人運:先祖の徳分、本人の人間的器(精神性・霊性)によって決まる
    名前(人生の乗り物)が自然法則と調和しているかどうかも人運に影響する健康運とも関わっている
  3. 地運:どんな環境で暮らしているのか、つまり住環境の風水の良し悪しで決まる

わたしたちにとっての希望は、たとえ天運(持って生まれた運)が悪くても、人運と地運は後天的努力で改善できるということです。

人生全体の運は、天運、人運、地運の総合力で決まりますから、たとえ天運(三分の一の要素)が悪くても、残り三分の二の要素である人運と地運を高めれば、天運のハンディを補って余りある強運を手に入れることもできるからです。

天運、人運、地運を改善する方法として、わたしは以下のものを実践し、推奨しています。

◉3つの運を改善する方法

  1. 天運:アーユルヴェーダが推奨する「超越瞑想」の実習
  2. 人運:感情を整える(エッセンシャルオイルの活用)
    :健康運を上げる(アーユルヴェーダの知恵の活用)
    :改名をする(姓名学の活用)
    :付き合う人を変える(調和的で幸福な人生を生きている人と仲良くなる)
  3. 地運:土地と建物に残る「場の記憶」の浄化
    :住居とオフィスの「風水」を整える
    :風水調整でも改善できない場合は、良い環境に引越しをする


pixabay

自分の健康状態と運の良し悪し(とくに「人運」)は相関関係があるため、自然法則と調和して健康になるための知識体系であるアーユルヴェーダの知識は、とても役に立ちます。

勘の良い方は既にお気づきでしょうが、今回の記事の冒頭で「開運の秘訣」として挙げた5つのうちの上位3は、上記の「天運」「人運」「地運」をバランスよく整えるために必要なことなのです。

開運の秘訣 ①:心の平安を保つ(脳内神経伝達物質をコントロールして感情を整える)
開運の秘訣 ②:自然法則と調和した生き方をする(時間と空間を司る法則との調和)
開運の極意 ③:脳と心と体のデトックスを心がける(不必要なものを捨てる)

それでは、一つずつ、その具体的案方法を見ていきましょう

開運の秘訣 ①:心の平安を保つ(脳内神経伝達物質をコントロールして感情を整える)

心の平安を保つことこそ、一番大切な開運の秘訣です。


pixabay

なぜなら、天変地異が多発し、社会情勢が不安定な時代には、心の平安を保つこと(=感情のコントロール)が重要だからです。感情が乱れると心が乱れ、心が乱れると氣も乱れ、運も乱れます。

感情とは、得体の知れないものではなく、脳科学的に言えば、脳内で分泌される神経伝達物質の作用の結果、あらわれてくる反応です。

ゆえに、心の平安を保つには、脳内の神経伝達物質(以下、略して脳内物質)のコントロールをすればいい、ということになります。

感情を司る脳内物質で有名なものは、以下の7つです。


出典:樺沢紫苑著 『脳内物質仕事術』

わたしが推奨している「心の平安を保つための有効な方法」は、つぎの3つです。

  1. 正しい瞑想の実践(アーユルヴェーダが推奨する「超越瞑想」がおすすめです)
  2. 純粋なアロマオイル(無農薬・無添加・正しい製造法で作られたもの)を日常生活に取り入れる
  3. 祈りの習慣をもつ

1のアーユルヴェーダが推奨する「超越瞑想」は、天運の改善法のところでも紹介しましたが、世界33ヶ国の250以上の大学の研究室や独立した研究機関などによる、600を超える科学的研究によって、心の平安の増大、自己実現の増大、人間関係の改善、学業生成績の向上、創造性の向上 、不眠症の改善、最高血圧の低下、病気の発生率の減少、若返り等、多岐にわたる効果が報告されています。

超越瞑想は、1日20分の瞑想を朝夕2回実践するだけで、否定的な感情を鎮め、平安な心と幸福感の増大をもたらします。

実のところ、世界中どこを探しても、これほどの数の研究論文が出ていて、効果性と安全性が証明されている瞑想法はありません。(http://maharishi.or.jp/scientific-study/)

この超越瞑想は、5歳の子供から90歳を過ぎたお年寄りまで、どなたでも簡単に学べて、楽に実習できるものです。

2の純粋なアロマオイル(正式には、エッセンシャルオイル)も、脳の大脳辺縁系と呼ばれる「感情」を司る部位にダイレクトに作用するので、とても効果的です。

ただし、注意していただきたい大事なことがあります。それは、使用するアロマオイル(エッセンシャルオイル)の質(クオリティ)です。

汚染されていない土地で、無農薬栽培され、正しい栽培方法と正しい収穫時期を守って収穫されたものを、正しい製造法で一切の化学合成物質を添加することなく作られた、文字通り純粋なエッセンシャルオイルを使っていただきたいのです。

なぜなら、合成された化学物質が含まれるものは、脳を撹乱し生理機能を乱すからです。

医療レベルでも用いることができるほどの純粋なオーガニックのエッセンシャルオイルは、同じくオーガニックのキャリアオイルとともに塗布することで、皮膚下の毛細血管を通じて体内に取り込むことができますし、食品添加物として認可されているオーガニックのエッセンシャルオイルなら、食べ物とともに摂取することもできます。

(残念ながら、このレベルのエッセンシャルオイルは、全世界の総流通量のたった2%しかありませんので、原料をよく調べられることをおすすめします)


pixabay

安価に流通されている「アロマオイル」は、「雑貨」扱いのものが多く、その成分も化学合成されたものがほとんどです。純粋と謳われているものでも、化学合成された香料が含まれることがあります。

これらは環境ホルモンと同様に、体内の生理機能を乱しますので、注意が必要です。

では、心を平安に保つには、どんなエッセンシャルオイル(純粋なアロマオイル)がいいのでしょうか?

日常生活で影響力の大きい3つの感情を癒し、心の平安を取り戻すのに役にたつエッセンシャルオイルは、以下の通りです。

ディフューザーで噴霧したり、キャリアオイルで薄めて、自分の首の周りや手首に塗るとよいでしょう。

◉感情を癒し、心の平安を保つのによいエッセンシャルオイル
恐れ‥‥フランキンセンス
怒り‥‥レモングラス
悲しみ‥‥ゼラニウム

社会生活を営むうえで、だれもが気分が低迷したり、憂鬱になったりすることがあると思いますが、そういうときは、オイルをキャリアオイルで薄めて肌に塗ったり、ハンカチに数滴垂らし香りを嗅ぐなどおすすめします。(塗るときは、直接日光の当たらない箇所にしてください)

祈りは人間の本能である?!

最後に、3祈りの習慣をもつ ということも、心の平安を保つのに有効です。
これは、特定の宗教や信仰をもつということを推奨しているわけではありません。


pixabay

わたしは、「祈る」という行為は、人類の本能に属するのではないかと思っています。

なぜなら、自分にはどうにもできないような人生の危機に直面したときに、自分の内側から突き上げてくるような、何か大いなるものにすがるような思いが湧き上がってくるからです。その衝動にも似た行為が「祈り」の原点なのではないかと思っています。

この本能に近い能力を活用しない手はないと思うのです。

自分なりの祈り方でいいので、人生がよりよくなることを祈る習慣をもつことをお勧めします。

祈りが病気の治癒にも効果があることを証明するような、興味深い実験結果も出ています。

元カリフォルニア大学の心臓学教授ランドルフ・ビルド博士は、 心臓病の入院患者393人に対して、臨床実験で用いられる厳密な基準を適用した「祈り」の効果を確かめる実験を行いました。

その結果、祈ってもらった患者たちの方が、祈ってもらわなかった患者たちに比べて、病気の進行が明らかに遅かったそうで、博士は、「祈り」には大変な治癒効果があると述べてます。

博士の実験によって、「心」が遠くの出来事に影響を及ぼすことができるということ、つまり「祈る」という行為が、何百マイルも離れた病院にいる患者の症状の経過に、大きな影響を及ぼすことが明らかになりました。

この実験の方法と結果について、ウィリアム・ノーラン医学博士は、「この研究は精査に耐えうるものだ。おそらくわれわれ医師は『一日三回祈ること』 と、処方箋に書くべきなのだろう。祈りは効くのである」と述べています。

次回は、開運コラム後半として残りの【開運の秘訣】について、お話しします。

 
脳を開けば運も開ける!開運脳の作り方 Part 1
1日の基礎代謝を上げる「朝ヨガ」のススメ&アーユルヴェーダ的白湯の作り方
美腸が健康の近道だった?!今、「腸」が注目されている理由とは?
 
 
発酵美学で内側から美と健康をつくる!
キャンペーン企画バナー

LINE@バナー
 

開明⊙コンサルタント=開運のプロフェッショナル 篤田奉和
開運のプロ・開明⊙コンサルタント

医学生時代に、運命を改善するための密教修行や各種セラピーなど、スピリチュアルな学びを重ねて心の病を克服し、運気上昇⤴
志ビジネスのプロデューサーだけではなく、開運のプロフェッショナルとしての顔も持ち、関わったクライアントが過去最高売上を達成するなど、多くの人の夢を叶えてきた


ピックアップ記事

  1. 「ハチミツ活用法」驚くべき美容・健康効果とハチミツの選び方
  2. 砂糖・甘味料不使用りんごジャムの作り方とおいしいりんごの選び方・保存方法
  3. なぜ、オーガニック先進国ドイツでオーガニックがここまで広まったのか。パーソナルベ…
  4. ストレスが溜まるとどうして体調不良になるの?ストレスが身体に影響を及ぼすメカニズ…
  5. 眠れない夜に。「シャバアーサナ」を活用し、睡眠の質を上げる。

関連記事

  1. Reading よみもの

    脳を開けば運も開ける!開運脳の作り方 Part 1

    2019年、出遅れてしまったと感じている人も、まだ大丈夫!年が改ま…

  2. Wellness ウェルネス

    もしかして、産後うつ?!産後うつの具体的な症状と効果的な対処法について。

    「産後うつ」という言葉、聞いたことがありますか?近年、日本でも…

  3. Reading よみもの

    気分が落ち込む、気温の変化、秋の夜長におすすめハーブとハーブティーご紹介

    ここ最近、過ごしやすい気温になってきましたね。秋といえば食欲の…

  4. Mama&Baby 子育て

    妊婦の体重管理はどうして必要なの?妊娠中の体重コントロールのポイントとは。

    妊婦さんの多くは、「妊娠したかもしれない。。」と、妊娠をきっかけに、は…

RECOMMENDED COLUMN

  1. 日の出画像
  2. 歩く画像

HACCOBEキャンペーン企画


Info

READING








HACCOBE COLUMINIST

  • HACCOBE 編集部
  • ゆったりマクロビ美人食 松崎 恭子
  • オーガニック専門家 レムケなつこ
  • 植物療法コンサルタント 井上知佳
  • スピリチュアルカウンセラー 蒼井 聖子
  • ファミリーコーディネーター 加藤由香里
  • 料理家、ローフードベジ料理教室happycheesekitchen 主宰chie
  • ディライトフルデザイナー ディアナ幡司しのぶ
  • 健康ライフコーディネーター 柳樂 いづみ
  • 「マナヨガ」代表 yuuka
  • マスターオーガニックコーディネーター KAERU
  • 体質改善オーガニック料理研究家 楳村郁子
  • shinozaki fusako
  • 開明⊙コンサルタント=開運のプロフェッショナル 篤田奉和
  • ナレーター 小柴寿美子
veggy vol.61掲載

RECENT POST

  1. 発酵美学画像




HACCOBE運営企業 株式会社セルアップは、株式会社グローリー・インターナショナル社 Fastzyme(ファストザイム)720㎖の総代理店です。
  1. Food 食

    バレンタインにおすすめのグルテンフリー&マクロビチョコスイーツレシピ
  2. 冬

    Food 食

    冷え対策だけじゃない、陰陽五行でみる冬の食養で寒い季節を快適に過ごす方法。
  3. 朝ストレッチ画像

    Body カラダ

    【動画2】1日1分の簡単ボディメイク、便秘・ガス解消にも!「祈りのポーズのストレ…
  4. Organic(オーガニック)

    プラスティック製品は本当に有害なの?!その影響、危険性について。
  5. Recipe レシピ

    本物みたいな濃厚さ!簡単「豆腐ベジチーズ」の作り方。
PAGE TOP