Recipe レシピ

【常備菜・保存食に】鮮やか!にんじんサラダ「キャロットラペ」作り方


キャロットラペとは、フランスの家庭料理、にんじんのサラダのこと。ラペ(raper)とは、する・おろすという意味。通常、細長くおろしたにんじんを使います。お酢でさっぱりいただけるので、夏にぴったりのレシピです。

丸々1本使ってもしんなりするので、にんじんをたっぷりいただけるレシピ。サラダとしていただいてもよいですし、季節の食材とアレンジしたり、肉や魚料理の付け合わせとしてもおすすめです。にんじんが苦手!という人でも、きっと、おいしくいただけます。

冷蔵保存であれば、数日保存可能なので「つくりおき」としても◎

にんじんの旬は、秋から冬にかけてですが、現在はスーパー、自然食品店でも通年出回っているので、忙しい時など沢山作って常備しておくと便利です。
今回は、日本の家庭に必ずといっていいほど常備されている調味料、「ポン酢」をプラスしたレシピです。

おろして、混ぜるだけ!にんじんサラダ(キャロットラペ)作り方

知ってましたか?「生」のままだと、ビタミンCを壊してしまうんです。

中東が原産国のにんじんは、大きく分けて西洋種と東洋種があります。現在年中出回っているほとんどのにんじんが西洋種になります。

にんじんには、免疫力を高め、皮膚や粘膜を強くし、ガン、心臓病、動脈硬化などにも効果があるといわれるカロテンが豊富に含まれています。また、ビタミンCを壊す酵素アスコルビナーゼが含まれています。

この酵素は、熱を加える、酢・レモン汁を混ぜることではたらきを抑えることができます。にんじんを「生」でいただくときは、酢や柑橘果汁と和えるのがおすすめです。

にんじんサラダ(キャロットラペ)作り方

材料

・人参 約1.5本分

・レモン果汁 大さじ1(好みでワインビネガーなど)
・オリーブオイル 大さじ24
・塩 ひとつまみ
・ポン酢 大さじ1弱

・ディル 少量(好みのハーブ)

その他、お好みでレーズン、クコの実、コショウ、刻んだくるみなどを少量混ぜると◎
*当レシピでは、オリーブオイルの代用にレモンオイル、ポン酢は癖のない橙ポン酢を使用。

作り方

1.にんじん、ハーブ以外の調味料・油・酢などを混ぜておく

2.にんじんをピーラーでむく

むいたものを1.5本分ほど使用します。

リボン上に剥いていますが、細くすりおろし(千切り状)でも大丈夫です。

3.にんじんを大きめのボウルに入れ、先ほど混ぜ合わせた調味料、好みのハーブとよく混ぜ合わせる

今回はレーズンをプラス。時間がたつとレーズンのやさしい甘みが、酸味をまろやかにしてくれます。
作った当日にいただく場合は、1~2時間ほど置いておくと、味がなじんで美味しく頂けます。

旬の食材・その他の素材をプラス!

キャロットラペは、通常レーズンをプラスすることが多いようですが、好みのドライフルーツやナッツを刻んで混ぜるのも〇

使用するお酢もレモン果汁、ワインビネガーに限らず、その日の気分や体調にあわせて果実酢などでアレンジも。

お酢の使い分け方法は【夏の食養生豆知識】暑い季節こそ「酢」のチカラを上手に取り入れてみませんか?

また、大人向けとして粒マスタードをプラスするのもおすすめです。好みのハーブやカルダモンなどのスパイスをプラスすると、ワンランクアップしたひと品になります。

シーンを選ばず、豊富なアレンジを楽しんでみて!


(クリームチーズと一緒に、タルティーヌ風に)

シンプルにそのままいただくのも美味しいですが、肉や魚料理の付け合わせ、サンドイッチの具財、生春巻きの具材、お酒のおつまみ、おもてなしやホームパーティーにもぴったりです。にんじんの鮮やかさが彩りを添えてくれて、見た目も美味しさも喜ばれるレシピに!

少しボリュームを持たせたいときは、アボカド、トマト、スモークサーモン、ツナ、鳥肉のささ身などと合わせてもさっぱりいただけます。


(アボカドとブラックペッパーをプラスして)

自分流の楽しみ方を見つけて、豊富なアレンジを楽めるのも、にんじんサラダ(キャロットラペ)の魅力です。

週末のつくりおきにも!!数日で食べきって。


(ジャーなどの密閉容器で保存)

常備菜、つくりおきレシピ「つくおき」としてもおすすめ!
週末に沢山つくり、密閉容器で保存しておけば、冷蔵庫で4~5日は保存可能。暑い季節は、できるだけ早めに食べきって。

フランス風にんじんサラダ「キャロットラペ」は、簡単に作れ、さっぱりおいしく、友人たちにも好評のレシピ。ぜひ試してみてくださいね。

 
 
美と健康の最新情報、HACCOBEキャンペーン企画をお届け!
LINE@友だち「HACCOBEAUTIST」募集中。
addfriends-line@画像
 

HACCOBE 編集部
『HACCOBEー発酵美ー』編集部です。
「10年先のわたしをつくる」をコンセプトに、美・健康・食・オーガニックの情報を発信。
10年、20年先の自分をつくるために、有益だと思われる情報の中から、一つひとつ自分に合うものを選択し、取り入れ、役立てていく。そんな風に日常を過ごしている方にとって、ときに「拠りどころ」となり、「暮らしのヒント」となる美と健康の情報の提供・提案を目指しています。

ピックアップ記事

  1. 世界最大級オーガニック見本市ビオファ2018年視察レポート
  2. 初めてでも失敗知らず!白砂糖を使わない「らっきょう甘酢漬け」「味噌漬け」作り方
  3. グルテンフリーなら健康的?グルテンフリーその前に!!小麦粉と米粉の基本と違いとは…
  4. 「ハチミツ活用法」驚くべき美容・健康効果とハチミツの選び方
  5. 【乳製品不使用マクロビ】豆乳ホワイトソースで作るパーティ洋食レシピ

関連記事

  1. Recipe レシピ

    「炊飯器で簡単!」甘酒作り方と失敗しないコツ

    ここ数年、健康、美容食材としてすっかりおなじみの「甘酒」。自然…

  2. Recipe レシピ

    持ち寄り、ピクニック、お花見に!大人気のマクロビ「カップ」レシピをご紹介

    パーティや行楽のお弁当、持ち寄りでお料理をつくるとき、何をつくったらい…

  3. Recipe レシピ

    いつものサラダがごちそうに!マクロビオティックの「食べる野菜ドレッシング」レシピ5選

    野菜料理の定番として毎日の食卓に登場する「お野菜たっぷりのサラダ」。…

  4. Reading よみもの

    実は簡単!基本の「昆布だし」取り方。失敗知らずなだし取り方二種と麺つゆレシピ

    おいしい料理の基本「出汁(だし)」の取り方のご紹介。今回は和食だけ…

  5. ローパンプキンタルト画像
  6. Recipe レシピ

    夏場の不調を「梅干し」パワーで撃退!中から整える「簡単」梅レシピ

    『一日一粒で医者いらず』といわれるほど薬効効果が高く、古くから身体にい…

RECOMMENDED COLUMN

  1. 肥満画像

HACCOBEキャンペーン企画


Info

READING








HACCOBE COLUMINIST

  • HACCOBE 編集部
  • ゆったりマクロビ美人食 松崎 恭子
  • オーガニック専門家 レムケなつこ
  • 植物療法コンサルタント 井上知佳
  • スピリチュアルカウンセラー 蒼井 聖子
  • ファミリーコーディネーター 加藤由香里
  • 料理家、ローフードベジ料理教室happycheesekitchen 主宰chie
  • ディライトフルデザイナー ディアナ幡司しのぶ
  • 健康ライフコーディネーター 柳樂 いづみ
  • 「マナヨガ」代表 yuuka
  • マスターオーガニックコーディネーター KAERU
  • 体質改善オーガニック料理研究家 楳村郁子
  • パリ在住 パリコレヘアースタイリスト Tsume & トップセラピスト Yuki
  • shinozaki fusako
veggy vol.61掲載

RECENT POST

  1. 発酵美学画像




HACCOBE運営企業 株式会社セルアップは、株式会社グローリー・インターナショナル社 Fastzyme(ファストザイム)720㎖の総代理店です。
  1. Fermentation 発酵

    【夏の食養生豆知識】暑い季節こそ「酢」のチカラを上手に取り入れてみませんか?
  2. 芽画像

    Organic(オーガニック)

    オーガニックって結局なに?「人に優しい」「環境保護」だけでない!オーガニックの立…
  3. 朝ストレッチ画像

    Body カラダ

    【動画2】1日1分の簡単ボディメイク、便秘・ガス解消にも!「祈りのポーズのストレ…
  4. Mama&Baby 子育て

    環境ホルモンってなに?ひ孫の代まで影響。環境ホルモンについてわかりやすく解説!
  5. Organic(オーガニック)

    なぜ、オーガニック先進国ドイツでオーガニックがここまで広まったのか。パーソナルベ…
PAGE TOP