親子画像

Mama&Baby 子育て

「親子の触れ合い(タッチ)」がもたらす効果とは


「触れること、微笑むこと、優しい言葉をかけること、話を聞いてあげること、偽りなく誉めること、ちょっとした気遣い、これらの持つ力を私達は軽く見すぎています。これらは全て、人生を180度変える可能性を持っているのです。」

アメリカの教育学者、レオ・ブスカーリア(1924-1998)の言葉です。
(出典:Leo F.Buscaglia,LOVE:what Life is All About,Ballantine Books(1996))

触れ合うこと画像
pixabay

この言葉にある「触れること」や「微笑むこと」というのは誰でもできることですが、人と人とのつながり、関係性をもつ上で、私たちがつい忘れがちになっていることでもあります。

ですが、触れてもらうこと、微笑んでもらうこと、優しい言葉をかけてもらうこと、周りの誰かにそうされたことで少しでも癒された、元気が出た、そういう経験をしたことは誰もがあるのではないでしょうか。

あなたはそうした行為の素晴らしさを誰から伝えてもらったのでしょう。友人や恋人など大切な人から与えられることもありますが、一番最初に経験するのはやはり親子の触れ合いからだと私は思っています。

触れ合いから生まれる「やさしさの連鎖」

赤ちゃんを抱く
pixabay

生まれたばかりの赤ちゃんに対する親からの触れ合い(タッチ)は、会話のできない赤ちゃんにとって、「唯一のコミュニケーション」となります。

そして、親にとっても赤ちゃんに触れることで、愛しさや慈しみといった、愛着を形成する感情がより強く生まれてきます。

子どもにとって、優しく触れられるということは安心感を与えてもらえる行為であり、愛されているという実感を得ます。

愛されている実感を得た子どもたちは、愛されている実感や触れ合いによって心地よいと感じたことを弟妹や自分より小さな子どもたちに伝えていく、いわば「やさしさの連鎖」を起こせるようになるのです。

よく眠る男の子
pixabay

実際、ある保育園で「触れること」の重要性を感じ、子どもとのコミュニケーションとして保育士や親が子どもたちに触れる「タッチケア」を導入したところ、気持ちが不安定でイライラすることの多い子どもやアトピー性湿疹の為かゆくてなかなか眠りにつけない子どもたちの気持ちが少しずつ安定し、気持ちよく眠れる姿がみられるようになったそうです。

さらには、子どもたちがパジャマ袋の上に人形を置いて触れていたり、自分たちでも友達の手を「タッチケア」する子どもの姿もみられるようになりました。

自分の受けた優しさや心地よさを相手に伝えている様子がみられるようになりました。

そのほかにも、「触れること」で保育士や母親も気持ちよくなった、子育てと仕事でイライラしていた気持ちが少しずつ安定していった、という結果が報告されています。
(出典:水岡路代,保育所でのタッチケアの試み,チャイルドヘルス,23~25,2014.11)

手を握る赤ちゃん
pixabay

人は誰しも一人では生きていくことができません。誰かとつながり、触れ合うことで喜びを感じ、幸せを得るものだと私は考えています。

みなさんはどうでしょうか。大切な人と手をつないだり、触れ合ったりしていますか。

赤ちゃんのころから、親と触れ合いを持った子どもたちが得るメリットは絶大なものだと多くの親子と接してきた中で実感しています。また、「触れること」で親も安心感や幸福感を得ることができるのです。

その方法として今回は、「ベビーマッサージの効果」と「オキシトシン」というホルモンについてご紹介します。

触れる~ベビーマッサージがもたらす効果

ベビーマッサージ
pixabay

さまざまな分野で研究、調査され、「触れる」ことの有益性が証明されています。その中の一つにベビーマッサージがあります。

「マッサージ」という言葉から、疲れた体をほぐし、リラクゼーションをうながすような、一般的に大人が受けるマッサージを連想される方がいますが、ベビーマッサージの場合は、それとは異なります。

ベビーマッサージは単なるマッサージではないのです。母(または父)と子の肌と肌の触れ合いをとおして、赤ちゃんの成長発達をうながすものです。

しかも、この触れ合いは、まだ言葉を話すことのできない赤ちゃんにとって、初期の親子関係の形成に欠かせない役割を果たします。


pixabay

「触れる」ということは「触れられること」。触れ合うことは、一方通行のコミュニケーションではないのです。

ベビーマッサージ中、はじめは親子ともに慣れない環境に緊張しつつも、マッサージがはじまるととびっきりの笑顔があふれます。ママの「うわぁ、かわいい~。」「あっ、笑ってる!」という嬉しい声が聞こえ、マッサージしている空間がその親子だけの温かい癒しの空間にかわります。

赤ちゃんは触れられることが大好きです。特に乳児期は、皮膚全体がまるで「心」そのものに触れているかのように感受性が高いため、ママにも赤ちゃんにも身体的・精神的にさまざまな効果をもたらすのです。

ベビーマッサージがもたらす身体的メリット

ベビマ1
photo AC

ベビーマッサージが赤ちゃんにもたらす身体的メリットとして以下のようなものがあります。

  • 関節を柔軟にする
  • 免疫力を高める
  • 皮膚を清潔に保つ
  • 便秘の改善
  • 循環機能が促進される
  • 成長ホルモンの増加
  • ストレスホルモンの減少

ベビーマッサージがもたらす精神的メリット

ベビマ2
photo AC

また、ベビーマッサージが赤ちゃんにもたらす精神的メリットは以下のようなものがあります。

  • 親子の絆が深まる
  • 安心感や信頼関係が生まれる
  • 幸福感をもたらす
  • 夜泣きの軽減
  • バーストラウマを軽減
  • 情緒を安定させ、不安を軽減

(出典:ピーターウォーカー,ベビーマッサージ入門ガイド,産調出版(2010))

触れることで分泌されるオキシトシンとは

happy
pixabay

人間には「触れる」ことで放出されるホルモンがあります。その代表的なホルモンが「オキシトシン」の分泌です。

オキシトシンとは、脳の視床下部にある視索上核と室傍核(しつぼうかく)にある細胞で産生され、下垂体後葉で分泌されるホルモンです。

最近では、別名「幸せホルモン」「愛情ホルモン」などと呼ばれ、着目されています。ではなぜそう呼ばれているのか、それはオキシトシンのもたらす効果から読みとることができます。

大好きな人とハグをしたとき、かわいいペットを抱いたとき、幸せな満たされた気持ちになることはありませんか?実は、それこそがオキシトシンの効果なのです。

授乳
photo AC

オキシトシンは、心を落ち着かせて不安を取りのぞき、ストレスを軽減させてくれるのです。
また、母性の分野では、射乳を起こさせるなどの母乳分泌の促進や子宮を収縮させて陣痛を促進する作用があります。

その他にも、痛みの閾値(いきち)を上げたり、攻撃性を減少させる、恐怖感を緩和する、脈拍と血圧をコントロール、親近感を強くするなどの結びつきの強化、記憶力の維持、恒常性の維持(ホメオスターシス)など様々な有益性をもっています。

オキシトシンは血中に極めて低濃度でしか存在しないうえ分解しやすく、3分間で元の半分に減少するといわれていますが、研究の結果、繰り返し皮膚に触れることによって分泌され、その効果が長期間にわたって持続することが示唆されてきています。

つまり、何度も何度も触れ合うことで、幸せを感じるオキシトシンを分泌しつづることができるのです。
(出典:山口創,スキンシップとオキシトシン,助産師 64(4),16~18(2010))

あなたが幸せでいられるために

ハート型
pixabay

大切な人とつながっているという感覚をもたらす「触れる」ということ。SNSなどを用いた、言語的コミュニケーションが急速に発展した現代だからこそ、私たちは「触れる」ことの幸せ、喜びをもう一度、感じてみてください。

人は、人の温かさを求め、その温かさの中に安らぎを感じます。そして、触れられて、人の温もりを感じることで「愛されている」という実感を抱きます。

その安心感から、幸せホルモンである「オキシトシン」が脳内では分泌され、よりリラックスし、おだやかな気持ちで過ごすことができます。

大好きなパートナーやお子さん、大切な人と触れ合うことの心地よさや幸せを感じて、たくさんのオキシトシンを分泌してください。
あなたとあなたのまわりが、幸せホルモンで溢れますように。
 
もしかして、産後うつ?!産後うつの具体的な症状と効果的な対処法について。
 
 
内側からキレイになりたい人のきっかけになる!
キャンペーン企画バナー

美と健康の最新情報&HACCOBEのキャンペーン企画をいち早くお届け!
LINE@バナー
 

ファミリーコーディネーター 加藤由香里
助産師、看護師、ベビーマッサージ講師、LAUREA合同会社代表
自らの産後うつの体験を基に築いた解決策の手法を用いてプレママ・プレパパのためのファミリースクールや、産後ママのお悩み個別ケアを実施している。世界中に幸せな家族を増やすことを使命として活動中。赤ちゃんとママ・パパの味方です!

ピックアップ記事

  1. 終了「オーガニック味噌づくりWorkshop」HACCOBE×ゆったりマクロビ美…
  2. 【アロマセラピー】悩み別アロマ(精油)レシピ・使い方 一覧
  3. 冷え対策だけじゃない、陰陽五行でみる冬の食養で寒い季節を快適に過ごす方法。
  4. ファスティング×ヨガでファスティング中の「空腹・イライラ」を回避する方法
  5. パーティーにも大人気!「ハロウィンかぼちゃレシピ」丸ごとかぼちゃのベジチーズ&#…

関連記事

  1. Fermentation 発酵

    納豆の成分を徹底解明!「簡単」手作り納豆(キネマ納豆)で体質改善

    世界各地の発酵大豆~キネマ納豆って何?納豆は日本が誇るべき発酵食品…

  2. ハーブと塩画像

    Food 食

    おいしく身体にいい「塩」の選び方~海塩、岩塩、湖塩、精製塩の違いは?!毎日の健康を左右する塩の選び方…

    毎日の食生活で私たちが一番とり入れている調味料といえば、「塩」ですよね…

  3. 三年番茶 ほうじ茶

    Food 食

    三年番茶ってどんなお茶?効能・特徴・淹れ方・選び方~ほうじ茶との違いは?

    生活の中で、お茶は水分補給や心の潤いに欠かせませんよね。みなさんは…

  4. Body カラダ

    ファスティング×ヨガで、ファスティングの効果を高めよう!

    ファスティングとは、「断食」のこと。まったく食べ物を摂らないと…

  5. ローパンプキンタルト画像

RECOMMENDED COLUMN

  1. 朝ストレッチ画像
  2. 肥満画像
  3. ローパンプキンタルト画像

READING








【発酵美おすすめアイテム】植物性乳酸菌発酵飲料「ファストザイム」


HACCOBE COLUMINIST

  • HACCOBE 編集部
  • ゆったりマクロビ美人食 松崎 恭子
  • オーガニック専門家 レムケなつこ
  • 植物療法コンサルタント 井上知佳
  • スピリチュアルカウンセラー 星野 まりな
  • ファミリーコーディネーター 加藤由香里
  • 料理家、ローフードベジ料理教室happycheesekitchen 主宰chie
  • ディライトフルデザイナー ディアナ幡司しのぶ
  • 健康ライフコーディネーター 柳樂 いづみ
  • 「マナヨガ」代表 yuuka
  • マスターオーガニックコーディネーター KAERU
  • 体質改善オーガニック料理研究家 楳村郁子
  • 家族が飛んで帰りたくなるオウチごはん 篠崎 房子
  • 開明⊙コンサルタント=開運のプロフェッショナル 篤田奉和
  • ナレーター 小柴寿美子
veggy vol.61掲載

RECENT POST

  1. 発酵美学画像




HACCOBE運営企業 株式会社セルアップは、株式会社グローリー・インターナショナル社 Fastzyme(ファストザイム)720㎖の総代理店です。
  1. Reading よみもの

    脳を開けば運も開ける!開運脳の作り方 Part 2
  2. Organic(オーガニック)

    【カカオレシピ】米粉とおからのヴィーガンケーキ
  3. くびれ画像

    Beauty 美容

    【動画4】1日1分の簡単ボディメイク くびれをつくりたい、下腹部の引き締めにも◎…
  4. お尻エクササイズ画像

    Beauty 美容

    【動画3】1日1分簡単ボディメイク、プリッとヒップアップに、腰痛改善にも!「ハム…
  5. Wellness ウェルネス

    風邪やインフルエンザにオススメの「植物療法(フィトセラピー)」
PAGE TOP