Mind ココロ

脳を開けば運も開ける! 開運脳の作り方 Part3


開運するための鍵は「脳」にある、ということで、Vol.1、Vol.2に引き続き、「脳」と「運」に関するお話を進めていきます。

「開運するための秘訣」として、次の5つを挙げ、前回は開運の秘訣①について詳しくお伝えしました。(前回の記事Part2は、こちら

開運の秘訣 ①:心の平安を保つ(脳内神経伝達物質をコントロールして感情を整える)
開運の秘訣 ②:自然法則と調和した生き方をする(時間と空間を司る法則との調和)
開運の極意 ③:脳と心と体のデトックスを心がける(不必要なものを捨てる)
開運の秘訣 ④:無理をせず、甘やかさず(自力半分、他力半分)
開運の秘訣 ⑤:時間は命そのものであると知る(Time is Life itself)

今回は、その次の開運の秘訣②からスタートします。

開運の秘訣 ②:自然法則と調和した生き方をする(時間と空間を司る法則との調和)

運が悪くなる一番の原因は、自然法則に調和した生き方をしていないからです。


pixabay

夜更かし、朝寝坊、暴飲暴食、不規則な生活、夜遅くまでテレビやモニターを見ている、体質に合わない食事法、健康法などなど、現代社会は、わたしたちが自然法則と調和できなくなるような要因に溢れています。

わたしたちは、宇宙・自然の秩序だった営みの中に生かされており、そこから外れてしまっては、健康に幸せに生きていけないのは当然のことですよね。

アーユルヴェーダが教える1日の時間サイクル

アーユルヴェーダでは、自然界にはドーシャ(Dosha)と呼ばれるエネルギーがあり、①空間と風 ②火と水 ③水と土に象徴される3つのドーシャ①ヴァータ(Vata)、②ピッタ(Pitta)、③カパ(Kapha)が働いていると教えています。


pixabay

そして、これら3つのドーシャがそれぞれ優位になる時間帯があるとしています。

時間帯別の優位になる(過剰になりがちな)ドーシャは、以下の通りです。

  • 2:00〜6:00 ヴァータ
  • 6:00〜10:00 カパ
  • 10:00〜14:00 ピッタ
  • 14:00〜18:00 ヴァータ
  • 18:00〜22:00 カパ
  • 22:00〜2:00 ピッタ

24時間で同じサイクルを2回繰り返します。

人間は自然の一部ですから、ドーシャは人の体質にも現れます。

人にはそれぞれドーシャの理想的なバランス(=生まれ持った体質)があり、その状態において最も健康で幸せでいることができますが、わたしたちのドーシャは、食べ物、行動、環境などの影響を受けて、常に変化しています。
ゆえに誤ったライフスタイルや体質に合わない健康法を続けると、ドーシャを乱して理想的なバランスを崩してしまいます。

大事なポイントは、ドーシャはほとんどの場合、増えすぎることによって悪影響を及ぼし、こころやからだの不調、病気を生み出すということです。

逆に言えは、ドーシャの乱れを整えることによって、不調や病気を根本から改善していくことができるということでもあります。

1日の時間サイクルに合ったアロマオイル

アロマにはそれぞれに質があり、ドーシャのバランスに影響を及ぼします。


pixabay

その質を踏まえ、それぞれの時間帯に適したドーシャのバランスを整える使い方があります。

1.カパの時間帯(6時〜10時)に用いるとよいアロマオイルやハーブ

カパを鎮めるアロマには、「温性、酸味、刺激性」のあるものが適しています。

例)
オレンジ、グレープフルーツ、カモミール、シナモン、ローズマリー、ユーカリなど

使い方

  • 朝の入浴時に、オレンジやユーカリのアロマを数滴垂らして浸かる
  • ディフューザーでローズマリーやシナモンのアロマオイルを噴霧する

2.ピッタの時間帯(10時〜14時)に用いるとよいアロマオイルやハーブ

ピッタを鎮めるアロマやハーブには、「冷性、甘味」のあるものが適しています。

例)
ペパーミント、スペアミント、レモングラス、カモミール、ローズ、サンダルウッドなど

使い方

  • 外出時に、ピッタを鎮めるアロマオイルを1滴垂らしたハンカチを持ち歩く
  • 午後のデスクワークのときに、マグカップに熱いお湯を注ぎ、そこにレモングラスやカモミールなどピッタを鎮めるアロマオイルを数滴垂らしてそばに置いておく
  • 暑い夏には、火照った体を冷やすために、ペパーミントオイルをキャリーオイルで薄めて腕などに塗る

3.ヴァータの時間帯(14時〜18時)に用いるとよいアロマオイルやハーブ

ヴァータを鎮めるアロマやハーブには、「温性、甘味、酸味」のあるものが適しています。

例)
ラベンダー、オレンジ、ゼラニウム、バジルなど

使い方

  • 入浴時に、ラベンダーやゼラニウムのアロマオイルを垂らして浸かる
  • 寝る前に、ディフューザーを用いて寝室にラベンダーを噴霧する

「空間」に働きかけて開運する

風水とは、現代風に言い変えれば「環境情報学」です。
「脳」と「環境」の関係性を探究するという意味においては、「脳-環境科学」とも言えます。


pixabay

「脳」が「五感」を通じて、「環境」からどのような「情報」を受け取っているのか・・・それらを好ましいものへと整え、幸福な人生を築いていくための知識・技術体系です。

意識に上らなくても、五感を通じて入って来る情報を「脳」は全て知覚しています。視覚、あるいは嗅覚など、他の感覚器官を通して入って来た情報が、知らず知らずの間にモノの見方や考え方に影響を及ぼしているのです。

特に目(視覚)から入ってくる情報は、大きな影響を持っています。それゆえに、「風水」が整った環境で暮らすことはとても大切なことです。

図1にあるように、「脳」は五感を通じて、「環境」が発している膨大な情報を毎秒受け取っていますが、人が知覚できるのは、わずか0.001%以下です。つまり、99.999%の情報が意識されることなく、「潜在意識」にダイレクトに入ってきているのです。

この膨大な情報(=「環境」が発している情報)を変えない限り、「脳」にインプットされる情報は変わらないので、アウト
プット(=考え方や行動)も変わりません。

「風水」は、空間の状態、すなわち「環境」の情報が「経済状態」に影響を及ぼすと教えています。それが何故なのかということは、環境と経済状態を繋いでいる「脳」というキーワードで紐解くことができます。

環境(刺激)⇒ 五感 ⇒ 脳 ⇒ 潜在意識 ⇒ 思考 ⇒ 感情(心)⇒ 行動 ⇒ 結果 (経済状態)

前述したように、「脳」は五感を通じて、「環境」が発している膨大な情報を毎秒受け取っています。もし乱れた情報が潜在意識に入れば、その人の「思考」は乱れ、それは「感情(心)」も乱します。「感情」が乱れれば「行動」も乱れます。行動が乱れれば「結果」を出しにくくなりますから、当然、経済状態も悪くなります。

このように、「環境」と「脳」と「経済状態」は繋がっているのです。

ゆえに「風水」によって「環境」を整えることと、「アロマオイル」によって「心」を整えることは経済状態を改善したり、開運するための最良の方法です。

自宅の風水を改善するシンプルな方法


pixabay

1.余分なモノを捨て、収納を工夫する(整理・整頓)

わたしたちは少なくとも今あるモノを30%減らすことは可能です。
人生の6割~7割は、探し物をしている時間と言われています。整理・整頓は、風水の基本です。

「整理」とは、必要なものと不要なものを区別して、不要なモノを捨てること。「整頓」とは、収納を工夫して、整理して残ったものをいつでも誰でも取り出せるよう秩序立てて配置することです。

2.『玄関』と『寝室』と『トイレ』を整える

自宅の「玄関」と「寝室」と「トイレ」を整えるだけで、自宅風水の7割を改善できます。
「玄関」と「寝室」と「トイレ」は、そのくらい重要です。

  • 玄関によいアロマオイル:グレープフルーツ
    玄関は、財氣の入り口です。ここが乱れていたり悪臭が漂っていると、財氣が逃げて
    いってしまいます。財氣、発展の氣を大切なお客様のように迎えるのです。そのために
    玄関を整えること、玄関に良い香りを漂わせることは、とても大切なことです。
  • 寝室によいアロマオイル:ラベンダー、オレンジ、カモミール
    「運」は寝ている間に育まれます。ゆえに、睡眠の環境こそ、一番大事です。快眠は脳を
    リセットし、記憶力と集中力を高めてくれます。いい眠りをとらない人は金運も健康運
    も失ってしまうのです。快眠できない人は、ツキを失ってしまいます。
  • トイレにいいアロマオイル:レモングラス、ティートリー
    トイレは人体において腎臓泌尿器系と対応しており、「健康」と「財氣」に影響を及ぼし
    ます。悪臭がしないよう毎日掃除し、アロマオイルでいい香りを保ちましょう。
  • 開運の極意 ③:脳と心と体のデトックスを心がける(不必要なものを捨てる)

    良いものを取り込みたくても、悪いものが溜まっていたら、入ってきません。「運」も「氣」も「栄養」も同じです。最初にするべきことは、デトックスです。


    pixabay

    アーユルヴェーダでは、体内の未消化物をアーマ(毒素)と呼びます。物理的な食べ物の未消化物だけではなく、心の未消化物(印象、記憶)もあります。

    デトックスを論じるときに、とても大切なキーワードは「消化力」です。
    アーユルヴェーダは、健康であるためには、「消化力」を上げることと、「毒素(アーマ)」を排泄する力を高めることが大切であると教えています。

    アーユルヴェーダがアロマオイルやスパイスを活用するのも、この理由によります。純粋で高品質なオーガニック・アロマオイルは、心や体のデトックスに貢献します。

    現代社会において、体に入ってくる毒素は深刻です。多種多様、いろんな経路があります。

    食品添加物、農薬、重金属、遺伝子組換え食品、放射性物質、家庭に潜む有害化学物質(歯磨き粉、シャンプー、リンス、化粧品、防虫剤、殺虫剤、壁紙の接着剤から揮発するホルムアルデヒドなど)について、ぜひご自分で勉強してみてください。怖がる必要はありません。最近はオーガニック食品や化粧品なども増え、毒素を回避するための選択肢が増えているからです。

    市販の洗剤、歯磨き粉などの大半に含まれている「ラウリル硫酸ナトリウム」「プロピレングリコール」(PGと表記されることも)は、特に発がん性が強い化学物質ですので避けましょう。

    参考文献:WWFジャパン(財団法人 世界自然保護基金ジャパン)が発行している無料PDF
    「Chemicals & Health in the HOME 家庭の中の化学物質」
    https://www.wwf.or.jp/activities/lib/pdf_toxic/detox/chemicals_health.pdf

    開運の秘訣 ④:無理をせず、甘やかさず(自力半分、他力半分)

    開運したいのなら、無理をしないことも大事です。

    「無理をする」の「無理」とは、自然法則の理(ことわり)を無視することだからです。かといって、自分を甘やかしてダラダラと生きてしまうと成長できません。

    運を良くしていくためには、活動と休息のバランスが大事だということです。


    pixabay

    なんでも自分独りで頑張ろうとする人がいますが、自力でできることなど高(タカ)が知れています。そこでご紹介したいのが、古神道の知恵の一つである「自力半分、他力半分」という考え方です。

    自力とは自助努力のこと、そして他力とは、他人さまの力を借りることも含まれますが、古神道では「神霊祖(しんれいそ)」といって、宇宙根元の神さま、守護霊さま、ご先祖さまのお力をお借りするということです。

    神さまの目から見れば、自力で「頑張る」ということは「我を張る(≒我ん張る)」ことと同じで、それは人間の小さなエゴなんですね。もちろんエゴにもお役目がありますから、それは否定しません。それもいいけど、大宇宙に遍満している力(神霊祖のお力)もお借りしてごらんなさい、ということです。

    他力(神霊祖のお力)を頂くためには、祈ればいいのです。祈りとは、感謝と願いごとが一つになったもの。

    感謝と願いごとは、いわばコインの裏表です。祈るときには、自分を生かしてくださっている大いなる力(神霊祖のお力)に感謝し、自分の天命をまっとうできるようお力をお貸しくださいとお願いするといいのです。

    開運の秘訣 ⑤:時間は命そのものであると知る(Time is Life itself)

    最後に、人生は貴重であり、時間は命そのものである、ということ。誰もがそれを知っていますが、多くの人が過去の後悔と未来への不安にとらわれて、「今」に生きていません。


    pixabay

    古神道には「中今(なかいま)」という考え方があります。

    そもそも「時間」という概念は、人間の心が作り出しているものですから、実際は「永遠の今」しかないのです。過去を後悔しているときも、「今」この瞬間に過去の記憶を呼び覚まして後悔していますし、未来を心配するときも同じです。

    わたしたちは、どんなに頑張っても、一瞬先にも一瞬過去にも生きられない、「今」にしか生かされていないのです。それが「中今」という考え方です。

    簡単に言えは、 将来のことをあれこれ心配したり、 過去のことをくよくよしたりすることなく、今この瞬間に「生かされている」ことを知り、絶対安心の境地で全力で精進しなさい、ということです。

    この意識で生きることが、開運脳を育てていくことになります。ぜひ、心がけてみてくださいね。

    以上、3回に渡って、開運脳の作り方についてお話しさせていただきました。最後までお読みくださり、ありがとうございました。皆様の人生が開運し、幸福な人生が広がっていきますようお祈りしています。
     

    脳を開けば運も開ける!開運脳の作り方 Part 1
    脳を開けば運も開ける!開運脳の作り方 Part 2
     

    開明⊙コンサルタント=開運のプロフェッショナル 篤田奉和
    開運のプロ・開明⊙コンサルタント

    医学生時代に、運命を改善するための密教修行や各種セラピーなど、スピリチュアルな学びを重ねて心の病を克服し、運気上昇⤴
    志ビジネスのプロデューサーだけではなく、開運のプロフェッショナルとしての顔も持ち、関わったクライアントが過去最高売上を達成するなど、多くの人の夢を叶えてきた


ピックアップ記事

  1. なぜ、オーガニック先進国ドイツでオーガニックがここまで広まったのか。パーソナルベ…
  2. 1日の基礎代謝を上げる「朝ヨガ」のススメ
  3. 気分が落ち込む、気温の変化、秋の夜長におすすめハーブとハーブティーご紹介
  4. 今やスタンダードな健康法・デトックス法として知られる「ファスティング」。その効果…
  5. 【10分レシピ】冷蔵庫と調味料の整理を兼ねた常備菜、ピクルスの絶対失敗しない作り…

関連記事

  1. ヨガ呼吸法画像

    Body カラダ

    ヨガの呼吸法を積極活用! お悩みパターン別ストレスマネジメント

    私たちは、日々いろいろな感情を抱きながら生きています。その感情によって…

  2. 玄米ごはん画像1

    Food 食

    簡単、おいしく炊けてこそ、玄米ごはんをつづけられる。炊飯器で玄米をおいしく炊く方法。

    健康のために食を見直し、普段食べているお米を白米から玄米にかえている方…

  3. Mama&Baby 子育て

    ”マタ旅”のリスク。楽しいマタニティライフを送るために知っておくべきこと!

    ここ数年、妊娠中に旅行へ出かけるマタニティ旅行、通称「マタ旅」をされる…

  4. Reading よみもの

    脳を開けば運も開ける!開運脳の作り方 Part 1

    2019年、出遅れてしまったと感じている人も、まだ大丈夫!年が改ま…

  5. Aroma & Herbs 植物療法

    【災害時に!】もしものときにお薦めアロマ&ハーブ

    今、世界中では異常気象が起こっていますよね。日本でも、地震や大雨に…

  6. Recipe レシピ

    美容・健康効果が高まる「白湯」の正しい作り方と飲み方

    健康維持のために朝一杯の「白湯」を飲んでいる方も多いのではないでしょう…

RECOMMENDED COLUMN

  1. 麻の実ナッツ画像

READING








【発酵美おすすめアイテム】植物性乳酸菌発酵飲料「ファストザイム」


HACCOBE COLUMINIST

  • HACCOBE 編集部
  • ゆったりマクロビ美人食 松崎 恭子
  • オーガニック専門家 レムケなつこ
  • 植物療法コンサルタント 井上知佳
  • スピリチュアルカウンセラー 星野 まりな
  • ファミリーコーディネーター 加藤由香里
  • 料理家、ローフードベジ料理教室happycheesekitchen 主宰chie
  • ディライトフルデザイナー ディアナ幡司しのぶ
  • 健康ライフコーディネーター 柳樂 いづみ
  • 「マナヨガ」代表 yuuka
  • マスターオーガニックコーディネーター KAERU
  • 体質改善オーガニック料理研究家 楳村郁子
  • 家族が飛んで帰りたくなるオウチごはん 篠崎 房子
  • 開明⊙コンサルタント=開運のプロフェッショナル 篤田奉和
  • ナレーター 小柴寿美子
veggy vol.61掲載

RECENT POST





HACCOBE運営企業 株式会社セルアップは、株式会社グローリー・インターナショナル社 Fastzyme(ファストザイム)720㎖の総代理店です。
  1. くびれ画像

    Beauty 美容

    【動画4】1日1分の簡単ボディメイク くびれをつくりたい、下腹部の引き締めにも◎…
  2. Wellness ウェルネス

    喘息など呼吸器疾患ケア&緩和に役立つヨガセラピー~セルフケア方法と注意点
  3. Mama&Baby 子育て

    環境ホルモンってなに?ひ孫の代まで影響。環境ホルモンについてわかりやすく解説!
  4. Food 食

    バレンタインにおすすめのグルテンフリー&マクロビチョコスイーツレシピ
  5. ローパンプキンタルト画像

    Recipe レシピ

    【ローフードレシピ】ローパンプキンタルトつくり方。酵素たっぷりのスーパーヘルシー…
PAGE TOP