exercise画像

Body カラダ

ダイエットに有酸素運動が効果的って、それ本当?!


ダイエットは、永遠のテーマといっても過言ではないでしょう。
実際に、定期的にさまざまなダイエット法が各種メディアで取り上げられていますよね。

これまでに話題になったダイエット法というのは本当に数多く存在し、それらの多くが「食べ物系のダイエット」もしくは、「運動系のダイエット」にわかれるかと思います。

結局のところ、運動系のダイエットの方が、激しいリバウンドが少なく一番効果的なのでしょうか。

現実的に考えて、健康的に痩せていくためにはやはり運動(適度なエクササイズ)が必要になってくるでしょう。

今回は、ダイエットに効果的な運動についてご紹介したいと思います。

ダイエットには有酸素運動が効果的!?

ウォーキング画像

「有酸素運動」という言葉は、多くの方が聞いたことがあると思います。
この有酸素運動がダイエットには効果的ということは、多くの方に知られている事実ですよね。

有酸素運動は、基本的に負荷が軽く、動きが比較的ゆっくりしており、なおかつ持続性のある運動のことを指します。
いまいちイメージできないかもしれませんが、ウォーキングやジョグギング、水泳、エアロビクスといった運動が有酸素運動にあたります。

上記の運動はどれも激しく行えば息が切れるほど、ハードな運動になりえますが、有酸素運動の場合は、運動強度の低いもの=”会話が出来る程度、やや汗ばみ、爽快感を味わいながら、20分以上継続できる運動”が理想。

無酸素運動は、筋肉内のグリコーゲン(糖質)をエネルギー源として燃やすのに対し、有酸素運は、脂肪をエネルギーとして燃焼させてくれるんです。
このことから、有酸素運動の方が脂肪燃焼に効果的と言われていますが、実は最近では、運動強度の高いものほどトータルの消費カロリーが多くなると言われています。
脂肪の燃焼は、運動終了後、最大で24時間持続するので、脂肪の燃焼もより早いという研究結果も出ているそうです。

ですが、運動強度の高いものを取り入れると、ひざや腰を痛めたりするなど、身体に負荷をかけ過ぎてしまったり、怪我をしてしまうというリスクも高くなってきますよね。
ですから、自分で取り入れる運動としては、上記のような運動強度が比較的低い有酸素運動がおススメです。

ダイエットをしたいという方のほとんどが、体についてしまった脂肪を落としたいですよね。
有酸素運動を20分以上持続することで、脂肪をエネルギー源として燃焼してくれるのですから、日常気軽に取り入れるには有酸素運動は自分で出来るダイエットにもってこいなのです。

手始めにウォーキングから

ダイエットに有酸素運動が効果的であることについてはおわかりいただけたかと思います。
ただ、これまで運動する習慣を持たないできた方にとって、いきなり運動をするというのはハードルが高いものです。

運動が苦手という方でもウォーキングなら比較的取り入れやすいのではないでしょうか。

ウォーキングのメリットとして、
お金をかけずにすぐに始められます。わざわざユニフォームを用意するなど、お金をかけて準備を整える必要はありません。

動きやすい服に動きやすい運動靴で出かければ、いつでもどこででもウォーキングができるのです。

近所へお買い物へ行くとき、通勤や通学のために駅まで歩くときなどに、しっかりと腕を振って、いつもより大きな歩幅で歩けばいいだけです。簡単ですが、むくみや便秘解消にも効果が期待できます。

より健康的で効果的なダイエットが期待できるでしょう。

慣れてきたらジョギングにレベルアップ

ウォーキングに慣れてきたら、今度はジョギングを取り入れてみましょう。

ジョギングは有酸素運動の中でももっとも効率よく酸素を取り込める運動だと言われています。
是非、短時間でもいいので生活の中にジョギングのための時間を確保できると理想的です。

ちなみに、ジョギングは食事の量のコントロールにもつながってきます。

なぜなら、ジョギングをすることによって空腹感を抑えることができますし、ジョギング後の食事というのはいつもより少ない量でも満腹感を得られるのです。

これはジョギングによって血糖値が上昇するためだと言われています。

ウォーキングとジョギングのちょうど中間にスロージョギングというものがあります。
名前の通り、スローなジョギングなのですが、ペースはウォーキングよりも少し速いくらいのものです。

足や腰に不安のある方はスロージョギングであれば、いきなりジョギングを始めるより大きな負担もなく安心して続けていくことができるのではないでしょうか。

スロージョギングは、過去に体を痛めてしまったという方でも実践できる有酸素運動です。

自分に合った運動を取り入れよう!

運動汗画像

取り入れやすい有酸素運動として、ウォーキング・ジョギング・スロージョギングをおススメしましたが、自分に合ったものを選ぶということがとても大切です。

長く続けていくためにも、好きな運動を選ぶということも大切です。
また、身体のことを考え、無理のない(負荷のかかりすぎない)運動を選ぶことも重要です。

例えば、水泳は水中で行うことから、足腰への負担もかかりません。
ですが、プールに足を運ばなければいけませんし、プールの利用料(スポーツジムや体育館など)など多少の出費が必要になります。

また、1つの運動にこだわらず、曜日によって異なる運動を取り入れるというスタイルでも良いですよね。

まずは、気軽に取り入れられそうな運動から順に試し、自分のライフスタイルや体調にあったものを選び、チャレンジしてみて下さいね。

HACCOBE 編集部
『HACCOBEー発酵美ー』編集部です。
「10年先のわたしをつくる」をコンセプトに、美と健康の情報を発信。
10年、20年先の健やかさをつくるために、有益だと思われる情報の中から、一つひとつ自分に合うものを選択し、取り入れ、役立てていく。そんな風に日常を過ごしている方にとって、ときに「拠りどころ」となり、「暮らしのヒント」となる美と健康の情報の提供・提案を心がけています。

ピックアップ記事

  1. 【アロマセラピー】悩み別アロマ(精油)レシピ・使い方 一覧
  2. 【端午の節句お祝いレシピ】柏餅作り方と端午の節句の由来と歴史
  3. 本物みたいな濃厚さ!簡単「豆腐ベジチーズ」の作り方。
  4. 【グルテンフリー&マクロビ】糖質ひかえめ!米粉とおからのチョコレートマ…
  5. 【乳製品不使用マクロビ】豆乳ホワイトソースで作るパーティ洋食レシピ

関連記事

  1. くびれ画像

    Beauty 美容

    【動画4】1日1分の簡単ボディメイク くびれをつくりたい、下腹部の引き締めにも◎「あっちこっち腹筋」…

    エクササイズや運動は苦手、いつも三日坊主で続かないという方は、1日1分…

  2. 歩く画像

    Body カラダ

    悩まない私をつくる「歩く瞑想法」とは!体だけでなく、心にも絶大な効果をもたらすウォーキング法

    外を歩くのに最適な気候の今。健康のためにと、公園や街をウォーキングして…

  3. Body カラダ

    5月の辛さを手放す!余裕をもたらす「呼吸法」と心と体を開放する「やらなくていいことリスト」

    昼の暑さに合わせて薄着で出かけると、夜の寒さに身体が冷えてしまう季節。…

  4. 朝ストレッチ画像

    Body カラダ

    【動画2】1日1分の簡単ボディメイク、便秘・ガス解消にも!「祈りのポーズのストレッチ」

    エクササイズや運動は苦手、運動は、いつも3日坊主で続かないという方へお…

  5. Body カラダ

    美腸が健康の近道だった?!今、「腸」が注目されている理由とは?

    近年、美腸・腸内フローラなどという言葉をよく耳にしますが、なぜ、そんな…

RECOMMENDED COLUMN

  1. サプリメント画像

READING








【発酵美おすすめアイテム】植物性乳酸菌発酵飲料「ファストザイム」


HACCOBE COLUMINIST

  • HACCOBE 編集部
  • ゆったりマクロビ美人食 松崎 恭子
  • オーガニック専門家 レムケなつこ
  • 植物療法コンサルタント 井上知佳
  • スピリチュアルカウンセラー 星野 まりな
  • ファミリーコーディネーター 加藤由香里
  • 料理家、ローフードベジ料理教室happycheesekitchen 主宰chie
  • ディライトフルデザイナー ディアナ幡司しのぶ
  • 健康ライフコーディネーター 柳樂 いづみ
  • 「マナヨガ」代表 yuuka
  • マスターオーガニックコーディネーター KAERU
  • 体質改善オーガニック料理研究家 楳村郁子
  • 家族が飛んで帰りたくなるオウチごはん 篠崎 房子
  • 開明⊙コンサルタント=開運のプロフェッショナル 篤田奉和
  • ナレーター 小柴寿美子
veggy vol.61掲載

RECENT POST





HACCOBE運営企業 株式会社セルアップは、株式会社グローリー・インターナショナル社 Fastzyme(ファストザイム)720㎖の総代理店です。
  1. Fastzyme ファストザイム720ml

    酵素の力を最大限にいかす!酵素たっぷりレシピご紹介
  2. マクロビチョコマフィン画像

    Recipe レシピ

    【グルテンフリー&マクロビ】糖質ひかえめ!米粉とおからのチョコレートマ…
  3. 芽画像

    Organic(オーガニック)

    オーガニックって結局なに?「人に優しい」「環境保護」だけでない!オーガニックの立…
  4. Organic(オーガニック)

    なぜ、オーガニック先進国ドイツでオーガニックがここまで広まったのか。パーソナルベ…
  5. くびれ画像

    Beauty 美容

    【動画4】1日1分の簡単ボディメイク くびれをつくりたい、下腹部の引き締めにも◎…
PAGE TOP