Body カラダ

無理なく始める!ダイエット・夏バテ解消に効果的な運動


本格的な夏に向けてアクティブに動きたい、体を引き締めたいという願いとは裏腹に、体がだるかったり、体調を崩してたりしてなかなか行動にうつせないという声をよく聞きます。

・体調を整えるために体をケアしたい
・夏に向けて体を引き締めたい

どちらの望みも叶えたい!そんな方のためにヨガインストラクターのyuukaが無理なく始められて、効果的な運動をご紹介します。

運動が苦手な人こそ、「ながら」エクササイズ

運動が苦手な人や初心者におすすめなのが、姿勢を美しく支えるための筋肉を日常的に意識して使っていくことです。

このように書くと何だか難しい気がしますが、正しい姿勢でいるとそれだけで無理なく体を引き締め、代謝も上げることができます。

photo by Yuuka

上の写真のように正しい姿勢とは、腰や肩や首などに過度な負担がかからず、背筋や腹筋などの抗重力筋で立ち、支えている姿勢です。

※抗重力筋とは、地球の重力に対して姿勢を維持するために働く筋肉のことを言います。専門家により意見が分かれますが、簡単に言うと、首、背中の筋肉、お尻、お腹、太もも、ひざ下、の筋肉のことです。

このような正しい姿勢でいると、歩いているだけで太りにくい体をつくり、美しい体に整えることが可能です。

歩き「ながら」(または、立って「いるだけ」)で自然とエクササイズになるのです。

この方法なら運動が苦手な人でも、暑くて体力が消耗しやすい夏場に無理なく運動することができます。

では、まず普段の姿勢を見直していきましょう。

日本人の多くが「猫背」その原因は?

ここでちょっと質問です。皆さんは、普段の自分の姿勢に自信はありますか?

実は、日本人の多くが「猫背」と言われています。

猫背でいると背中が丸まっていて首が前に出てしまい、とても老けた印象になります。良い姿勢とは言えませんね。

猫背を改善したくて背筋を伸ばしてみたり、胸を張ったりしても維持できるのはほんの数分間だけ・・・無理に正した姿勢ではつらくて元の状態に戻ってしまいます。

ただ胸を張るだけでは猫背は治りません。なぜなら猫背の原因は、肩と肩甲骨の位置にあるからです。

猫背は背中の丸まった姿勢からくるわけではなく、肩が体の前側に入った姿勢が定着することによって首が前に引っ張られ、それを支えようと背中が丸まってしまいます。

photo by Yuuka

猫背を改善するには、正しい立ち姿を知ることから始めます。まずはご自分の立ち姿をチェックしてみましょう。

立ち姿の気をつけるポイント!

体に負担のかからない正しい立ち姿のセルフチェック方法をご紹介します。あなた自身の姿勢はいかがですか?下記を参考に確認してみてください。

  1. 壁に背を向けて立ちましょう。かかと、お尻、肩甲骨、後頭部を壁につけてみましょう。
  2. 壁と、腰の上部のあたりと壁の間にある空間に手を差し込んでみる。

立ち姿のチェック方法はこれだけです。いかがでしたか?

1のポジションで、どこか一箇所でも壁から離れてしまったり、力を入れていないと壁から離れてしまう場合は姿勢が崩れています。

また、2で手が二枚でも余裕で入るほど隙間がある場合は、腰痛を引き起こしやすい姿勢になっている可能性があります。

さらに、正しい姿勢のチェックポイントを見ていきましょう。

photo by Yuuka

写真のように、

  1. くるぶし

が一直線のラインに自然と並んでいる姿勢が正しく負担のない姿勢(立ち姿)です。見た目にも胸や首が伸び、堂々とした印象を受けます。

このポジションが無理なく取れる姿勢でいられると、立っているだけで、歩いているだけで体全体の筋肉がバランス良く刺激され、運動量が上がり太りにくい体質へ導いてくれます。

猫背・巻き肩改善で代謝もアップ

上記でもお伝えしたとおり、太りにくい体を作るためには普段から姿勢を整えておくことが大切です。

そのためには、日本人に多くみられる「猫背」を改善するところから始めるのがおすすめです。というのも猫背でいると、体のバランスが崩れ、筋肉量も落ち、代謝が下がり、痩せにくい体をつくってしまうからです。

猫背を改善するためには、「肩の位置」を整えること。簡単にできるのでぜひ実践してみてください。

肩の位置が正しい位置におさまれば、肩甲骨も本来あるべき位置の背中側へ自然とおさまります。すると見事に肩や骨格の位置が整います。

さらに背骨のラインが整い、背骨の上に乗っている頭の位置までも整うので、姿勢が美しくなります。

photo by Yuuka

このように、頭の位置が変わるので目線が上がり、視界も広がり、歩くときも意識が背中側にうつります。すると、見た目も軽やかにゆとりのある印象に変化します。

また、体の後ろ側の筋力を使って動くようになるので、自然と運動量が増え、必要な筋肉も付き、代謝もアップ。結果そのことが太りにくい体質をつくっていくことに繋がるのです。

猫背を改善するには、巻き肩を改善するストレッチがおすすめです。

巻き肩を改善するストレッチ

初心者でも簡単にできる巻き肩を改善していくストレッチの方法を実践してみましょう。家事に疲れたときも、オフィスワークで首回りが凝ったときにも効果的です。

  1. 膝立ちの姿勢になりましょう。両脚は肩幅程度に開いておきます。
  2. 両手を腰骨あたりにあてます。

    photo by Yuuka

  3. 息を吐きながら背中を丸め、肘を前方へ向けるようにして、両肩甲骨を引き延ばします。

    photo by Yuuka

  4. 息を吸いながらお腹を前に突き出しながら軽く胸をそらし、肘を後ろへ引いて両肩甲骨を引き寄せていきます。

    photo by Yuuka

  5. 再び3と4の動きを繰り返していきます。
  6. ゆっくりと長い呼吸に動きを合わせ、30秒程度行っていきましょう。

肩甲骨を動かすのが大切!

ストレッチは回数よりも、質が大切です!ポイントをもう一度見ていきましょう。

背中を丸めて肘を前に突き出す姿勢は、凝り固まった肩甲骨を気持ち良く伸ばすように行いましょう。

photo by Yuuka

体を反らすときは腰からではなく、下腹を前に突き出すようにして体をそらし、肩甲骨を背中側にしっかりと引き寄せます。

photo by Yuuka

これを毎日3回やってみましょう!!

暑さで体がだるい時期、運動習慣のない方にとっては、ダイエットや運動はきつく夏バテを助長する可能性もあります。そんなときこそ、日常の姿勢から見直してみるのが賢い方法です。

姿勢を維持するとき、こんなにも全身の筋力を使っていたのかと驚くほど体感を得られるはずです。

正しい姿勢をキープできるようになれば、毎日の歩く時間がエクササイズの時間に変わります。しかし、姿勢が悪いままでは、効果はほぼないのです。

まずは、巻き肩(猫背)を改善することから始めてみましょう!
 
「シャバアーサナ」を活用し、睡眠の質を上げる
女の幸せは生理で変わる!生理期間中の過ごし方&心地よい体のつくり方
 
 
内側から美と健康を!
調和・旬・丸ごとにこだわった植物性乳酸菌発酵飲料

 

「マナヨガ」代表 yuuka
「マナヨガ」代表。
20代の頃ストレスで喘息を発症し、健康とは心と体の調和があってこそと気づきヨガを始める。オリジナルのマナメソッドを発案し、他人と比べない本来の自分自身の美しさを引き出す事に定評がある。ヨガレッスン、ライター、ラジオパーソナリティとして心身の健康の大切さを精力的に発信し続けている。

ピックアップ記事

  1. 「温め食材」切干大根の旨みたっぷりレシピ。煮物だけじゃない活用レシピと正しい戻し…
  2. 保存食で夏を迎えよう!一年中おいしい梅干しの作り方
  3. 美肌のプロが教える!春~秋におすすめ、「美肌&美白」をつくる飲み物
  4. 【動画2】1日1分の簡単ボディメイク、便秘・ガス解消にも!「祈りのポーズのストレ…
  5. 新生活、忙しい季節をパワフルに過ごすために!サプリメントの取り入れ方のコツを紹介…

関連記事

  1. Diet ダイエット

    【乳製品不使用マクロビ】豆乳ホワイトソースで作るパーティ洋食レシピ

    秋冬になるとシチューやグラタンなどクリーミーな料理、ホワイトソースの料…

  2. Diet ダイエット

    酢の健康効果は凄かった!夏こそ「酢」の力でカラダを整える!!

    実は、私たちは暑い季節になると無意識的に身体を整えようと「酸味」を選ん…

  3. Body カラダ

    美白にさようなら。本当に必要な「日焼け対策」で10年後も笑顔でいよう!

    夏休みも始まりいよいよ本格的な夏になってきましたね。夏といえば…

  4. 寝起きストレッチ

    Body カラダ

    【動画1】1日1分の簡単ボディメイク、腰痛改善・産後ママにも!「お膝パタパタストレッチ」

    このストレッチは、朝起き上がる時に腰が痛いと感じる方やそこまで強い痛み…

  5. exercise画像

    Body カラダ

    ダイエットに有酸素運動が効果的って、それ本当?!

    ダイエットは、永遠のテーマといっても過言ではないでしょう。実際に、…

  6. Body カラダ

    おうちヨガ×アーユルヴェーダ的白湯で、秋の体メンテナンス!季節の変わり目を快適に過ごす夏の体断捨離法…

    毎年秋になると残暑で体の調子が悪くなったり、寝付けず翌朝までだるさが残…

RECOMMENDED COLUMN

  1. 春チューリップ画像
  2. 手作り石鹸
  3. chieさんレシピハンバーグ
  4. 花粉症

READING








【発酵美おすすめアイテム】植物性乳酸菌発酵飲料「ファストザイム」


HACCOBE COLUMINIST

  • HACCOBE 編集部
  • ゆったりマクロビ美人食 松崎 恭子
  • オーガニック専門家 レムケなつこ
  • 植物療法コンサルタント 井上知佳
  • スピリチュアルカウンセラー 星野 まりな
  • ファミリーコーディネーター 加藤由香里
  • 料理家、ローフードベジ料理教室happycheesekitchen 主宰chie
  • ディライトフルデザイナー ディアナ幡司しのぶ
  • 健康ライフコーディネーター 柳樂 いづみ
  • 「マナヨガ」代表 yuuka
  • マスターオーガニックコーディネーター KAERU
  • 体質改善オーガニック料理研究家 楳村郁子
  • 家族が飛んで帰りたくなるオウチごはん 篠崎 房子
  • 開明⊙コンサルタント=開運のプロフェッショナル 篤田奉和
  • ナレーター 小柴寿美子
veggy vol.61掲載

RECENT POST

  1. 発酵美学画像




HACCOBE運営企業 株式会社セルアップは、株式会社グローリー・インターナショナル社 Fastzyme(ファストザイム)720㎖の総代理店です。
  1. ローパンプキンタルト画像

    Recipe レシピ

    【ローフードレシピ】ローパンプキンタルトつくり方。酵素たっぷりのスーパーヘルシー…
  2. Organic(オーガニック)

    プラスティック製品は本当に有害なの?!その影響、危険性について。
  3. 稲画像

    Food 食

    世間に広がるマクロビオティックの「誤解」と「ホント」。自分に合った食事法ってある…
  4. Organic(オーガニック)

    なぜ、オーガニック先進国ドイツでオーガニックがここまで広まったのか。パーソナルベ…
  5. Fastzyme ファストザイム720ml

    酵素の力を最大限にいかす!酵素たっぷりレシピご紹介
PAGE TOP