ツヴェルベリッヒ(Zwölberich)画像

Organic(オーガニック)

オーガニックにもグレードがある!最高品質のオーガニック製品を求める方にオススメ!バイオダイナミック有機農法とおすすめワイン


オーガニックと一言でいっても、実はさまざまなグレードが存在するのをご存じでしょうか?

今日は、有機栽培の世界最高峰といわれるバイオダイナミック有機農法と、その有機認証機関デメター、さらにデメター認証をとったおいしいワインをご紹介!

バイオダイナミック有機農法とは

ツヴェルベリッヒ(Zwölberich)出典1
(出典:ツヴェルベリッヒ Zwölberich

バイオダイナミック有機農法は、オーストリア人哲学博士ルドルフ・シュタイナーが提唱した「有機農法の一種」。

世界で最も厳しいオーガニック基準」といわれるドイツの認証団体デメター(Demeter)によりその基準が管理され、オーガニック業界では一目置かれる有機農法と有機認証です。

デメターロゴ画像
(出典:demeter

2016年の統計データによると、全世界でバイオダイナミック有機農業を営む農家は5,091人にのぼり、圃場(ほじょう)は17万ヘクタールにもなります。
(*圃場とは、作物を栽培する田畑のこと。)

シュタイナーの「哲学」を具現化した農法

農場画像

バイオダイナミック有機農法の始まりは、1924年近代農業に異を唱えたヨーロッパ中の農民がシュタイナーを講師として招き開催した『農業講座』だったといわれています。

ここでシュタイナーは、農場はそれ自体が「生きた生命体」であり、単一的に無機的に製品を生み出す「工場」ではないと説きました。

また、合成農薬や化学肥料の使用は、人、動物、植物や自然が本来持つ生命力の低下を招いていると警鐘を鳴らしました。

シュタイナーの「思想」を具現化した農法

ツヴェルベリッヒ・ワイナリー(Zwölberich)提供2画像
(出典:ツヴェルベリッヒ・ワイナリー Zwölberich

バイオダイナミック有機農法は、シュタイナーの哲学的思想に基づきつくられています。

有機認証デメターの基準そのものが、この思想を具現化して策定されたものなのです。

たとえば、シュタイナーは、「農場はそれ自身で完成した個体である」という思想に基づき、必要なものは農場ですべて生み出し、農場に全て還元していくべきと唱えました。

ここから、デメター認証では、圃場(ほじょう)で使用できる素材のほか、調達先まで厳格に管理・規制しています。

世界最高峰といわれる「有機認証デメター」と「通常の有機農法」の生産・製造方法の違いを説明するときりがないのですが、一例を示すと、

テーマ EUの公的基準 デメター認証
家畜の糞を肥料とする場合の調達先 調達先の規制はない 農場から80km以内ならば調達可能
ワイン製造に使用できる食品添加物 ワイン製造特有の規制はない ワイン製造特有の規制がある
ワイン製造施設で使用できる洗剤 製造や保存場所で使用する洗剤の規制はない ワイン製造施設特有の規制がある
ワイン製造や保存時に使用できる容器や栓 規制はない ワイン特有の規制がある

など、より一層厳しい管理下の元で生産されています。

スピリチュアルな生産・製造方法

ツヴェルベリッヒ・ワイナリー(Zwölberich)提供3
(出典:ツヴェルベリッヒ・ワイナリー Zwölberich

もう一つ、通常の有機農法と異なるのは、人や動植物といった自然界の事象は、宇宙や霊的力から影響を受けているというシュタイナーの教えに基づいていること。
そして、そのエネルギーを活用するためのさまざまなユニークな技法が存在することです。

たとえば、バイオダイナミック農法では、水晶、ハーブ、家畜の糞などから作られた独自の調合剤を使用することが義務付けられているのですが、この調合剤の製造の仕方からつかい方までがなんともスピリチュアル!

牛角-著者レムケさん画像

牛糞を詰めた牛角がその一つ。この角は、宇宙のエネルギーを呼び込むために、秋から春にかけて地中に埋められます。

牛角は春に地中から掘り起こされ、牛角に詰められた牛糞は丸くお団子状にして保管されます。

お団子状の牛糞は水で希釈されます。その希釈方法にも決まりがたくさん!

木の枝などを使用して手動で混ぜ、定期的に混ぜる方向を変えて水が常に動的な状態であることを保つ。これを最低1時間繰り返す….など。

ほかにも、牛の角の地中への埋め方、水と牛糞の配合の割合、畑への蒔き方、蒔く時期など細かい決まりがあります。

さらに、種まきや収穫といった農作業は、天体や星座が植物に与える日が記載された専用の暦にしたがって実践されるなど、超自然的ないくつもの技法があります。

超自然的世界と科学の融合を目指すバイオダイナミック農法

著者レムケなつこ撮影1

バイオダイナミック農法の最も優れた点は、超自然的世界に傾倒しつつも、この農法が動植物や土質などに与える影響を科学的に解明する努力を惜しまずおこなってきたことです。

1950年ドイツでバイオダイナミック・リサーチセンターが設立し、以来ドイツ国内の大学や世界中の研究機関との共同研究が進められてきました。

私が卒業した南ドイツの大学院にもバイオダイナミック農法のリサーチファームがあり、何度も視察にでかけました。

シュタイナーの神秘的な教えは、今日科学的にもその有効性が立証され、デメター認証団体を通じて世界中の消費者から支持されています。

生産者の手間と想いと地球の極上エネルギーがたっぷり込められたデメター製品には、食品とコスメがあります。

ドイツ国内でも、ここ数年はオーガニックスーパーや専門店だけでなく、一般のスーパーやドラッグストアなどでも日常的にみかけるほどの人気を博しています。

ワイン好き必見!オーガニック専門見本市ビオファ2017で出会った美味しいデメターワインのご紹介。

ビオファ2017レムケさん

ビオファ(Biofach)は、ドイツ・ニュルンベルク市で毎年開催される世界最大規模のオーガニック専門見本市。2017年は、134カ国から51,453人が来場、2,785社が出展し、世界中のオーガニック製品や業者が一堂に集いました。

ワイン好きの私は必ずここで新しいワインを試すようにしています。

2017年は、今まで百本以上試してきたオーガニックワインの中で、「最も美味しい!」と自信を持っていえる運命的なデメターワインとの出会いがあったのでご紹介します。

ツヴェルベリッヒ(Zwölberich)画像

ビオファで出会ってすぐに、我が家一押しのデメター白ワインとして君臨したのがこちらのワイン。
見本市で試して早速、その場で自宅配送の注文。

ワインには口うるさいドイツ人家族や友人たちも皆一様に頷く気品のある味わいです。

毎日飲んでも飽きのこない芳香のある女性的なワイン。風味豊かで精気に満ちたフルーティーな香味が口の中に広がります。

一度飲んだらやめられないドイツらしいエレガントな甘口白ワインです。

ツヴェルベリッヒ・ワイナリー(Zwölberich)提供4画像
(出典:ツヴェルベリッヒ Zwölberich

1711年に創業したツヴェルベリッヒ(Zwölberich)は、300年を超える長い歴史を誇るドイツでも有数のワイナリー。

23年前にバイオダイナミック農法に全耕作地を転換して以来、“Best of Bio“や“ “Best Organic Wine-Producer of The Year“などの著名な国際ワイン・ワイナリーコンクールの賞を数々受賞してきました。

ツヴェルベリッヒのワイナリーの土作りに使用されるのは、「砕いた石、石灰、ハーブ、茶葉、家畜の糞から作られた独自の調合剤、自然療法ホメオパシーで使用されるレメディーなど」で、化学肥料は一切使用しません

合成農薬ももちろん不使用で、その代わりに使用しているのが、石の粉で作ったスプレー。

こちらでご紹介したワインは日本未上陸ですが、メーカーさんのご好意で日本からでも直接オンラインショップより購入可能となりました(別途輸送費がかかります)。

ぜひ、デメター製品のすばらしさを実際に手にとって実感していただければ嬉しいです!

 
ワイナリー提供画像
(出典:ツヴェルベリッヒ・ワイナリー Zwölberich

バイオダイナミック農法おすすめワインツヴェルベリッヒ(Zwölberich)
生産地:ドイツ
生産者:ツヴェルベリッヒ(Zwölberich)
品種:ヴュルツァー(Würzer)
生産年:2016
有機認証団体:デメター認証
アロマ:スパイシーでフルーティー
味わい:お花が咲き乱れるハーブ園のような香味が口中に広がる
生産者HP:http://www.zwoelberich.de/
ショップ:https://www.weinpaket.de/Weisswein/Lieblich/Edelsuess/2016er-Wuerzer-Qualitaetswein-lieblich::571.html

 
オーガニックって結局なに?「人に優しい」「環境保護」だけでない!オーガニックの立体的な姿とは。
 
 
酸化還元力のある塩「竹焼き塩」

キャンペーン企画バナー

HACCOBEのキャンペーン企画、旬のウェルネス情報をお届け!
LINE@バナー
 

オーガニック専門家 レムケなつこ
オーガニック専門家。ドイツ法人IOBオーガニックビジネス研究所CEO &Founder。ドイツ学術交流会(DAAD)奨学生として、ドイツHohenheim大学大学院農学部オーガニック・フード・チェーン・マネージメント(MSc) 修了。慶應義塾大学経済学部卒。ドイツ食品研究所でオーガニック食品開発に携わり国家研究補助金を獲得。オーガニックセクターの国連と言われるIFOAM(国際有機農業運動連盟)欧州本部リーダーシップ研修に日本人で初めて抜擢される。20代、ボリビアにてJICA青年海外協力隊、メキシコでJICA専門家として途上国の生産者支援に関わった経緯からオーガニックに目覚める。

ピックアップ記事

  1. 美肌のプロが教える!春~秋におすすめ、「美肌&美白」をつくる飲み物
  2. 【レポート】「地球が壊れる前に」上映会&トークショー「地球に優しくミニマムで満足…
  3. 夏の食欲不振におすすめのアロマレシピと使い方
  4. 気分が落ち込む、気温の変化、秋の夜長におすすめハーブとハーブティーご紹介
  5. 女の幸せは生理で変わる!生理期間中の過ごし方&心地よい体のつくり方

関連記事

  1. 手作り石鹸

    Beauty 美容

    「石鹸の基本」合成洗剤と石鹸の違いは?界面活性剤ってホントに悪いの?

    「石鹸=体に優しい」「界面活性剤=悪いもの」石鹸や洗剤について、な…

  2. Organic(オーガニック)

    極上のオーガニック空間が味わえるビオホテル知ってますか?

    まだまだ日本では馴染みのないビオホテル (Biohotel)。ドイツ語…

  3. Organic(オーガニック)

    【カカオレシピ】米粉とおからのヴィーガンケーキ

    寒くなると焼き菓子が恋しくなりませんか?でも、甘かったり、カロリー…

  4. Organic(オーガニック)

    世界最大級オーガニック見本市ビオファ2018年視察レポート

    2018年のドイツ見本市ビオファは2月14日〜17日の四日間開催されま…

  5. Beauty 美容

    【発酵美おすすめ】土に還る石鹸、Soap Elementsさんの自然石鹸ってどんな石鹸なの?

    発酵美でも度々ご紹介しているSoap Elementsさんの自然石鹸。…

RECOMMENDED COLUMN

READING








【発酵美おすすめアイテム】植物性乳酸菌発酵飲料「ファストザイム」


Info

HACCOBE商品開発 OEMについて

HACCOBE COLUMINIST

  • HACCOBE 編集部
  • ゆったりマクロビ美人食 松崎 恭子
  • オーガニック専門家 レムケなつこ
  • 植物療法コンサルタント 井上知佳
  • スピリチュアルカウンセラー 星野 まりな
  • ファミリーコーディネーター 加藤由香里
  • 料理家、ローフードベジ料理教室happycheesekitchen 主宰chie
  • ディライトフルデザイナー ディアナ幡司しのぶ
  • 健康ライフコーディネーター 柳樂 いづみ
  • 「マナヨガ」代表 yuuka
  • マスターオーガニックコーディネーター KAERU
  • 体質改善オーガニック料理研究家 楳村郁子
  • 家族が飛んで帰りたくなるオウチごはん 篠崎 房子
  • 開明⊙コンサルタント=開運のプロフェッショナル 篤田奉和
  • ナレーター 小柴寿美子
veggy vol.61掲載

RECENT POST





HACCOBE運営企業 株式会社セルアップは、株式会社グローリー・インターナショナル社 Fastzyme(ファストザイム)720㎖の総代理店です。
  1. 花粉症対策

    Aroma & Herbs 植物療法

    大人も子どもも、どうしてる花粉症対策?!おすすめハーブと食事はこれ!
  2. 芽画像

    Organic(オーガニック)

    オーガニックって結局なに?「人に優しい」「環境保護」だけでない!オーガニックの立…
  3. 酵素玄米画像1

    Recipe レシピ

    実は簡単!酵素玄米の作り方~美容・ダイエット・腸活におすすめの酵素玄米の効果は?…
  4. 冬

    Food 食

    冷え対策だけじゃない、陰陽五行でみる冬の食養で寒い季節を快適に過ごす方法。
  5. Aroma recipe アロマ悩み別レシピ

    「足の臭い」をすっきりさせるアロマレシピと使い方
PAGE TOP