Reading よみもの

これだけは知っておきたいSDGsとは?


最近テレビやインターネットでよく聞くSDGs。何となくは想像できるけれども、説明をしてほしいと言われると難しいと感じることもあるのではないでしょうか。

発酵美の読者だからこそ、ぜひこれだけは知っていただきたいということをまとめてみました。すでに知っているという方は、おさらいの意味でも読んでみてくださいね。

SDGsとは?

SDGsとは、Sustainable Development Goals (持続可能な開発目標)で、「エスディージーズ」と読みます。

「エスディージーエス」と読む方がいますが、国際的には「エスディージーズ」と呼ばれます。

こちらのロゴを見たことがある方もいるかもしれませんね。カラフルで親しみやすいものとなっています。

SDGsはこのロゴのように17の目標と169のターゲットから構成されています。持続可能な世界を実現するため、世界中の有識者、さまざまなセクターに所属する方たちの意見のヒアリングを経て、2015年9月の国連サミットで採択されました。

国連加盟国193か国が合意してできた、2016年から2030年の15年間で実現する目標です。

SDGsの前は、MDGs(Millennium Development Goals ミレニアム開発目標)という2000年から2015年に実施されたおもに開発途上国の課題を解決するための目標でした。MDGsを引き継ぐ形でSDGsが2015年に合意されて誕生したわけです。

このように書いてしまうと、なんだか小難しいものとして捉えてしまいがちですが、MDGsは、主に発展途上国の貧困問題など途上国が解決すべき問題に焦点が当てられていました。また、これを実行するのも政府や国際機関が中心となっていたのです。

SDGsは、言ってしまえば、すべての機関・団体・人が対象となります。政府、NGO、企業、その社会に所属する個人も含まれています。

その国の対象も、全国連加盟国が対象となっており、MDGsよりもさらに広範囲でより包括性のあるものとして位置づけられているのです。

貧困を解決するだけではなく、解決していく過程で発生するかもしれない不平等にも焦点を当てているものとなっています。

また、後ほど触れますが、私たち個人ができることも示唆されています。そのため、SDGsは難しい印象があるかもしれませんが、いま、このタイミングで頭に入れておく必要があると思い、今回記事にしました。

SDGs日本での盛り上がり

日本では、2015年の採択を受けて全大臣をメンバーとするSDGs推進本部が設置され、2016年5月に第1回会合が実施されました。その後、ピコ太郎さんがSDGs推進大使として任命された2017年ごろから盛り上がりを見せ、今では毎日のようにメディアに登場します。

最近特に企業では、自分たちの事業とSDGsを照らし合わせて、何ができるのかを考え、実践している例が多くなってきています。

では、具体的に17の目標を見ていきましょう。

SDGs17の目標

目標1 貧困をなくそう

2030年までに1日1.25ドル未満で生活をする極度の貧困層を撲滅することを含む7つのターゲットからなっています。

目標2 飢餓をゼロに

2030年までにすべての人が安全かつ栄養のある食料を得られることを含む8つターゲットからなっています。

目標3.すべての人に健康と福祉を

妊婦の死亡率、伝染病、交通事項、大気汚染等の健康被害などを減らす目標を含む13個のターゲットからなっています。

目標4. 質の高い教育をみんなに

すべての子どもが男女の区別なく無償で公正な初等教育を修了できるようにすることを含む10個のターゲットからなっています。

目標5.ジェンダー平等を実現しよう

すべての女性に対する差別を撤廃することを含む9つのターゲットからなっています。

目標6.安全な水とトイレを世界中に

すべての人々に安全な水のアクセスを提供できることを含む8つのターゲットからなっています。

目標7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに

エネルギーへのアクセスとクリーン化を含む5つのターゲットからなっています。

目標8. 働きがいも経済成長も

同一労働同一賃金の実現、働きがいの実現、強制労働、人身売買などの撲滅を含む12のターゲットから構成されています。

目標9.産業と技術革新の基盤をつくろう

強靭なインフラ、イノベーションの促進などを含む、8のターゲットからなっています。

目標10.人や国の不平等をなくそう

各国の所得下位40%の所得成長率の向上、国際経済や金融制度に関して途上国の発言力の拡大を図ることを含む10個の目標からなっています。

目標11.住み続けられるまちづくりを

すべての人に安価な住宅やサービスへのアクセスを確保することや災害リスク管理の策定と実施を含めた10個のターゲットからなっています。

目標12.つくる責任 つかう責任

廃棄物の発生防止、再生利用、食品ロスの削減等を含む11個のターゲットからなっています。

目標13.気候変動に具体的な対策を

気候変動災害への対策、気候変動対策、気候変動の緩和、適用、影響軽減に関する教育の実施などを含む5つの目標からなっています。

目標14.海の豊かさを守ろう

海洋ゴミなどの海洋汚染を防止、海洋酸性化の影響を最小限化すること、漁場の持続可能化を含む10個のターゲットからなっています。

目標15. 陸の豊かさも守ろう

陸域の生態系保全、劣化した土壌の回復等を含む12個のターゲットからなっています。

目標16.平和と公正をすべての人に

暴力が原因の死亡率を大幅に減少させること、子どもに対する虐待の撲滅等を含む12のターゲットからなっています。

目標 17. パートナーシップで目標を達成しよう

各国政府と民間や市民社会のパートナーシップを強化することを含む19のターゲットからなっています。
 
この17の目標の中で読者の皆さんが取り上げられることはどれでしょうか。どの目標も個人が関わることですが、あえて言うと、目標12はよく個人としてできることが多いと言われています。

例えば、食料廃棄の問題。レストランを予約したのに、無断キャンセルをする「ノーショー」が最近SNS上やメディアで問題になりましたね。自分たちがどれくらい食料廃棄に取り組んでいるのか考えさせられます。

また、再生可能なものや土に還るものを選んで使っているか。最近だと、紙ストローの問題がメディアを賑わせました。

同じ消費するにしても、環境にやさしいもの、作り手の労働環境が考えられたものを選んでいるか、考えさせられます。

この目標12以外にも個人として何ができるか考え、できるところから実践することで、大きな動きにつながっていくのではないでしょうか。

各目標についてさらに詳しく知りたい方は、下記の「国際連合広報センター」のサイトがわかりやすくまとめられていますので、ぜひご覧ください。
https://www.unic.or.jp/news_press/features_backgrounders/31737/

SDGsの事例

SDGsは2015年から始まり、2017年ごろに盛り上がりを見せましたので、成果はこれからという企業や機関は多いと言えます。

ただ、2015年以前からサステナビリティやCSV(Creative Shared Value)という企業利益が社会のためになる事業活動に取り組んできた企業が先進事例を作っています。たとえば、

  1. ユニリーバ
    2020年までに廃棄物を半減する、紅茶ブランド「PG Tips」ディーバッグにトウモロコシからできた原料を使用、2025年までに使用するすべてのプラスチック容器を再利用可能、リサイクル可能、またはたい肥化可能なものに切り替える、農産物すべてを持続可能な調達を実現する(ユニリーバHPより)など、先進的な取り組みを行っています。
  2. 鹿児島県大崎町
    鹿児島県大崎町は、第2回 ジャパンSDGsアワード SDGs推進副本部長賞 内閣官房長官賞を受賞しました。
    11年連続で一般廃棄物の資源リサイクル率一位を記録。これにとどまらず、リサイクルの概念を利用して、定住外国人との共生やグローバル人材育成事業を実施しています。全役場職員や町民に向けたSDGsワークショップを実施し、My SDGs宣言を策定してもらおうという動きがあり、すべての人を巻き込んだ活動を実施していく予定です。まさに「リサイクル」を軸として、さまざまな分野にSDGsを浸透させていく好例と言えます。

ここでは、二つの事例のみの紹介ですが、これまでに多くの取り組みがなされていますし、今後SDGsを軸とした活動がどんどんと出てくるでしょう。

大切なのは、自分たちが普段行っていて得意なこととSDGsを掛け合わせることです。普段とは別の領域でボランティア的に実施しようとすると、どうしてもつづかないことが多いのがこれまで示されています。

SDGsを自分たちのビジネスチャンスと掛け合わせることが成功の秘訣です。というよりも、SDGsあるいはそれに準じる活動をしていないと消費者から選ばれなくなる時代はもうすぐそこまで迫っています。

SDGsウォッシュとは?

SDGsウォッシュとは簡単に言うと、実態はないのに、SDGsに取り組んでいるように対外的に見せかけてアピールすることを指します。

「見せかけのSDGsへの取り組み」ということですね。

確かに「わが社はSDGsを真剣に捉え、しっかり取り組んでいますよ!」というと企業のイメージはアップし、売り上げにも結びつくこともあるでしょう。いわばSDGsを利用したイメージアップ作戦とでもいえるのではないでしょうか。

私たちはこういった企業を見極める目をしっかり養う必要があります。

私たちとSDGsとの関係

SDGsは国のもの、企業のものと、自分たちとはあまり関係がないと考えていたとすると、それは大きな間違いです。

これまで見てきたように、私たちの未来を大きく左右するものでもあります。

普段社会で課題に感じていることは、何かしら17の目標につながってくるのではないでしょうか。と、堅苦しいコラムとなってしまいましたが、楽しみながら実践することが継続できる秘訣ですね。

SDGsがきっかけとなって実践していることがあれば、ぜひあなたの周りの方にシェアしてみてください。きっといい循環が起きていくと思います。
 

●SDGsに関するおすすめの書籍
『未来を変える目標 SDGsアイデアブック』蟹江憲史 監修 紀伊國屋書店
『SDGsの基礎』事業構想大学院大学 出版部 沖大幹, 小野田真二, 黒田かをり その他 著 宣伝会議
『ビジネスパーソンのためのSDGsの教科書』 足達 英一郎, 村上 芽, 橋爪 麻紀子 著 日経BP社
 
【レポート】「地球が壊れる前に」上映会&トークショー 西原智昭博士 × 起業家 鮫島弘子「地球に優しくミニマムで満足な生き方とは?」
話題の「みつろうエコラップ」気になる使い方&再生方法をご紹介
オーガニックって結局なに?「人に優しい」「環境保護」だけでない!オーガニックの立体的な姿とは。
 
 
LINE@バナー

「調和」「まるごと」「旬」にこだわった
完全植物性乳酸菌発酵飲料「ファストザイム」
ご購入はこちらから

 

マスターオーガニックコーディネーター KAERU
オーガニック集客・ブランディング・マーケティングコンサルタント。日本のオーガニック事業者へのインタビューを続けている。クライアントのビジョンを大切にしつつ、集客支援をすることで、人や自然によりやさしいサステナブルな社会作りに奔走している。

ピックアップ記事

  1. 【VEGESUSHI(ベジ寿司)作り方】クリスマスパーティに人気!簡単マクロビオ…
  2. いつものサラダがごちそうに!マクロビオティックの「食べる野菜ドレッシング」レシピ…
  3. 【楽ちん ひと鍋レシピ】砂糖・乳製品・卵不使用、濃厚マンゴープリンの作り方。冷た…
  4. 発酵美人なお弁当キャンペーン開催中!【HACCOBEー発酵美ーInstagram…
  5. 【ローフードレシピ】ローパンプキンタルトつくり方。酵素たっぷりのスーパーヘルシー…

関連記事

  1. Fermentation 発酵

    甘酒はダイエットに効果的なの!?甘酒の効果的な食べ方とは

    甘酒というと、温めて飲む「冬の飲み物」というイメージを持っている人も多…

  2. Organic(オーガニック)

    「ハチミツ活用法」驚くべき美容・健康効果とハチミツの選び方

    おいしいだけじゃない。ハチミツは薬になる!一匹のミツバチが一生であ…

  3. Organic(オーガニック)

    森をつくる農法「アグロフォレストリー」昨今注目される訳

    アグロフォレストリーとは、森林農法ともいわれ、その土地にある生態系を生…

  4. 三年番茶 ほうじ茶

    Food 食

    三年番茶ってどんなお茶?効能・特徴・淹れ方・選び方~ほうじ茶との違いは?

    生活の中で、お茶は水分補給や心の潤いに欠かせませんよね。みなさんは…

  5. 冬

    Food 食

    冷え対策だけじゃない、陰陽五行でみる冬の食養で寒い季節を快適に過ごす方法。

    秋も終わりに近づき、格的に寒くなってきましたね。「冷え性対策」…

RECOMMENDED COLUMN

  1. ツヴェルベリッヒ(Zwölberich)画像

READING








【発酵美おすすめアイテム】植物性乳酸菌発酵飲料「ファストザイム」


HACCOBE COLUMINIST

  • HACCOBE 編集部
  • ゆったりマクロビ美人食 松崎 恭子
  • オーガニック専門家 レムケなつこ
  • 植物療法コンサルタント 井上知佳
  • スピリチュアルカウンセラー 星野 まりな
  • ファミリーコーディネーター 加藤由香里
  • 料理家、ローフードベジ料理教室happycheesekitchen 主宰chie
  • ディライトフルデザイナー ディアナ幡司しのぶ
  • 健康ライフコーディネーター 柳樂 いづみ
  • 「マナヨガ」代表 yuuka
  • マスターオーガニックコーディネーター KAERU
  • 体質改善オーガニック料理研究家 楳村郁子
  • 家族が飛んで帰りたくなるオウチごはん 篠崎 房子
  • 開明⊙コンサルタント=開運のプロフェッショナル 篤田奉和
  • ナレーター 小柴寿美子
veggy vol.61掲載

RECENT POST





HACCOBE運営企業 株式会社セルアップは、株式会社グローリー・インターナショナル社 Fastzyme(ファストザイム)720㎖の総代理店です。
  1. Diet ダイエット

    酢の健康効果は凄かった!夏こそ「酢」の力でカラダを整える!!
  2. Fermentation 発酵

    飲む発酵食品、Kombucha(コンブチャ)って!?
  3. 花粉症対策

    Aroma & Herbs 植物療法

    大人も子どもも、どうしてる花粉症対策?!おすすめハーブと食事はこれ!
  4. マクロビチョコマフィン画像

    Recipe レシピ

    【グルテンフリー&マクロビ】糖質ひかえめ!米粉とおからのチョコレートマ…
  5. Reading よみもの

    正しいお盆のお墓参りはいつ?今さら聞けない、お盆の意味、由来とは?
PAGE TOP