Recipe レシピ

【1つの鍋でつくれて簡単!】砂糖・乳製品・卵不使用、濃厚マンゴープリンの作り方。冷たいスウィーツこそ、手作りがおススメな理由とは。


暑い季節には、さっぱりとした喉ごしのいいお菓子が美味しく感じられます。アイス、ゼリー、プリンなどの冷夏をいただく機会も増えるのではないでしょうか。

ケーキなどの洋菓子と比べると、こうしたスイーツはヘルシーなイメージがありますが、意外に高カロリーな場合も多くあります。また、低カロリーの場合でも、人工甘味料などで体に負担がかかることも。

特に、こういったスウィーツを頻繁にいただくという方は、「どんなものを選ぶか?」によって、美容と健康に大きな影響が出てくるのをご存知でしょうか。

今回は、「体にやさしい冷たいスイーツの選び方と選ぶ際の注意点」そして、「自宅で簡単に作れる100%植物性ビーガンプリンの作り方」をご紹介します。卵や乳製品、砂糖不使用のやさしいレシピです。

また、1つのお鍋で簡単にでき、すぐに固まりますので、小さいお子さんがいる忙しいママの手作りおやつににぴったりです。アレンジもできますので、ぜひこの夏の定番おやつとして楽しんでみてください。

冷たいスイーツはヘルシーは間違い?

ケーキやクッキーなどの粉の焼き菓子、シュークリームなどのクリーム系のお菓子などとくらべると、ゼリーやプリンなどの冷たいスイーツは、ヘルシーなイメージを持っていませんか。ですが実は、市販の冷たいおやつは、人工甘味料・添加物の宝庫なんです!!

冷たいスウィーツこそ、選び方を間違えてしまうと体に大きく負担をかけてしまうことに…..
選ぶ際、気をつけたいポイントをみていきましょう。

1. 冷たいおやつは、糖質が多い

ゼリーや和菓子の葛餅などは、あっさりしているので一見ヘルシーなイメージです。確かに脂肪分は少なめかもしれませんが、白砂糖などの糖質を多く含んでいるという特徴があります。

特に、冷たければ冷たいほど、人の味覚は味覚を感じづらくなります。反対に、熱すぎるのも味覚を感じづらくなります。「甘み、塩味、酸味、苦み、旨み」の5種類の味覚のうち、甘味や旨みは体温に近い温度35度くらいが1番強く感じるといわれています。

シャーベットなどの氷菓子系のスイーツは、しっかりとした甘みをつけるため特に砂糖が多くなりがちです。アイスよりシャーベットの方がヘルシーとシャーベットを選んでいる方は、糖質の摂りすぎに気をつけてください。凍っているお菓子の糖分は、要注意です!

2. 冷たいおやつは、動物性の脂肪が多い

プリンやババロア、ムースなどの洋菓子系の冷たいスイーツは、動物性の油を多く含むことがあります。生クリーム、牛乳、卵、などが原料となる冷たいスイーツは、コクを出すために動物性の素材を多く使われることがあるためです。

「とろける〇〇」「濃厚〇〇」などコクのあるなめらかさをうたっているものは、特に動物性の素材が多くなる傾向にあります。当然、高カロリーにもなりますよね。市販の食品の原材料表示は、多く使われているものから順に表記されていますので、何が多く含まれているか?原材料の表示をチェックしてみましょう。

また、選ぶときには、寒天系、和菓子系、ゼリーなどの方が、比較的低カロリー・低脂肪ということを念頭に確認をしてみてください。(先ほど触れましたように糖分は高めですので、ご注意ください。)

3. 冷たいおやつは、人工甘味料が使われている可能性が高い

ゼリー類を選ぶときに気をつけたいのが、人工甘味料の使用です。甘いのに「カロリーゼロ」などの表示があるものには、多くの場合、人工甘味料が使われています。事実、カロリーゼロ、または少ないかもしれませんが、人工甘味料を使われているものには、カロリー・糖分を摂ること以外の危険性が指摘されています。

国から使用は認められているものの、病気や体調不良の原因としての指摘はまだまだふっしょくされていないのが現状です。こういったカロリーゼロ商品は、血糖値が上がらないということで、特に糖尿病の方やダイエット中の方に人気がありますが、実はここにも注意が必要です。

体で代謝されないために、直接は血糖値が上がらないかもしれませんが、その後の血糖値上昇の感受性を上げてしまう可能性があるといわれています。インスリンなど、ホルモンの分泌を乱してしまうということが心配されます。

また、人工甘味料の多くが、砂糖の何百倍もの甘さを持っています。

例えば、サッカリンは砂糖の200〜700倍アスパルテーム-Lフェニルアラニン化合物やアセスルファムKは200倍スクラロースは600倍です。

使う量は少量ですがその甘みは強く、甘みに対する依存性を高めてしまいます。味覚が壊れてしまう原因になりかねません。こうしたことから、カロリーゼロの人工甘味料は、ダイエットや病気治療においても砂糖よりも安心とはいい切れない!ということになります。

人工甘味料を使った実験では、妊娠中の摂取でその子供に影響があるとわかったものもあります。特に妊娠中の方は注意したいものです。また、体が小さなお子さんも、大人より相対的に多く摂取したことになるため注意しましょう。

冷たいお菓子も、「人工甘味料ゼロ」を選ぶように気をつけましょう。

4. 冷たいおやつは、添加物にも要注意

冷たいお菓子には、食感を整えるゲル化剤や増粘剤、酸味料、香料などの添加物も多く入っています。添加物も可能な限り少ないものを選びたいですよね。

そこで、やはりおすすめは手作りおやつ。
といっても忙しいママや小さなお子さんがいるママは時間が限られています。手軽にパパッとつくれるもの、簡単で美味しいレシピがあると嬉しいですよね!

実は、冷たいおやつこそ手作りがおすすめ!

市販のものも手軽で美味しいのですが、冷たいおやつは焼き菓子より時間もかからず、簡単にできる上に、甘みなどの調節もしやすいため、実は手作りがおすすめなんです。もちろん、余計な添加物も入らないので安心です。

まず、冷たいおやつを固める素材としておすすめしたいのが、「寒天」です。ゼラチンは、コラーゲンとして美容に良いと注目を集めましたが、動物の皮や骨などを原料にしているため安全性という意味ではなかなか判断が難しいところです。

また、寒天を使うとゼラチンにはない「食物繊維」がたっぷり含まれるのが魅力。寒天には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方が含まれています。どちらも体には必要なもので、水溶性と不溶性は2:1のバランスがいいとされています。両方含まれているというのは嬉しいですよね。

寒天-水溶性食物繊維は、水に溶けてゲル状になるのが特徴。

水溶性食物繊維には、

糖の吸収を穏やかにする
コレステロールの吸収を抑えて動脈硬化を予防
高血圧を予防
過食を予防(満腹感を得やすくなるため)
便秘予防(便の水分とかさを増す)

などのはたらきがあります。

寒天-不溶性食物繊維は、水に溶けずに体内で水分を吸って膨らむのが特徴。

水分を吸って膨らんだ繊維が腸壁を刺激して蠕動(ぜんどう)運動を盛んにします。

そのため

満腹感を得て過食を予防
腸内の有害なものを速やかに外へ出すデトックス効果
便秘の予防
大腸ガンや虫垂炎の予防

などが、そのはたらきとしてあげられます。

お菓子を楽しみながら、こうした効果が得られるのは嬉しいですね。

砂糖不使用ビーガンマンゴープリンの作り方

【材料 4人分】

・マンゴージュース 300ml
(オーガニックのもの、砂糖や保存料など添加物を一切使っていないもの)

・豆乳 100ml

・米粉(製菓料理用) 大さじ1~1.5

・粉寒天 1g

・自然塩 少々

【作り方】

ジュース、豆乳、米粉、粉寒天、自然塩の全てを小鍋に入れる。

泡立て器などで混ぜて、米粉を完全に溶かす。

火にかけ、ヘラで混ぜつつ粉寒天を煮溶かしていく。(弱火〜弱めの中火くらいが目安)

とろみがついてきて、更にぐつぐつと沸いてきたら1分ほど混ぜつつ加熱して、火を止める。

寒天をしっかりと溶かすため、グツグツはしっかりと続ける。

火を止めて、固める容器に流し入れる。(または、固まってからすくって盛り付ける)

粗熱がとれたら冷蔵庫に入れて、冷やし固めてできあがりです。

失敗しない作り方5つのポイントを参考にしてみてください。

1.寒天だけで固めると、プルプルにならない!
寒天のみの場合、かっちりとした食感になります。寒天の量を控えて、米粉を加えることでなめらかでやわらかな食感にしたプリン風のお菓子になります。

2.米粉は、しっかりと溶かした後に火を入れること!
しっかり溶けていないとダマになります。

3.米粉が入っていますので、混ぜる時はヘラなどでしっかりと底から混ぜる。
ダマになるのを防ぐためです。

4.粉寒天は、小さじ1弱で約2gです。
1gは、小さじ1/2弱となりますので、目安にしてください。

5.甘みが少なく感じる場合は、メープルシロップ少したす。

ビーガンマンゴープリンを好みの味にアレンジ!


HACCOBE編集部でもつくってみました!ココナッツプリンにマンゴーピュレをトッピング。

・糖質は、好みでカット!
豆乳とジュースの割合は、お好みでOKです。糖質を抑えたい方は、豆乳を多めにしましょう。

・色々なフルーツプリンにアレンジ
他のお好みのジュースで、好きな味のゼリーを楽しめます。水分の全体量が、400mlくらいになるように調節してください。ジュースは、ストレート100%が一番美味しく、体にもやさしいです。

・プレーンなプリンも美味しい
豆乳とメープルシロップ、ライスミルクとメープルシロップ、などの組み合わせで、プレーンなプリンが楽しめます。

手作りゼリー・プリンの賞味期限は?

ゼリーやプリンの美味しさは、そのなめらかな食感ですね。日が経ってしまうと、どうしても食感が悪くなってしまいます。また、ゼリーは水分と栄養が豊富なために菌が繁殖しやすい食べ物の一つ。衛生面からも2日以内に食べきるようにしましょう。

保存のポイントは?

ゼリーやプリンは菌が繁殖しやすいということから、衛生的な容器に流すこと。すぐ食べない場合は、必ず冷蔵庫で保存しましょう。また、冷凍保存をしてしまうと、食感がゴソゴソした感じになってしまいます。冷凍保存はできません。

ですが、冷凍したものを半解凍し、シャリシャリとしたお菓子として楽しむ食べ方もおすすめです。市販のアイスやシャーベットの代わりとして、こうした食べ方もよいのでは!

簡単でヘルシーなマンゴープリン。実はとっても簡単につくれる冷たいおやつ。忙しいママにもとってもおすすめです。ぜひこの夏好みのアレンジで楽しんでみてくださいね。

 
最新の美と健康情報やHACCCOBEのキャンペーン企画をお届け!
LINE@でお友だちになってね!
LINE@バナー 

ゆったりマクロビ美人食 松崎 恭子
マクロビオティック師範、管理栄養士。
東京・大塚にて毎月50人の生徒さんが通う人気マクロビオティック教室「ゆったりマクロビ美人食教室」を開催 。

マクロビオティックをベースに「体にやさしい&おいしい料理は、誰でも簡単にできる」方法を皆さんにお伝えすべく料理教室、講演、食事栄養コンサルティングにて活動中。


ピックアップ記事

  1. 30代女性のための一人暮らしのダイエットに効果的な食事法
  2. 初めてでも失敗知らず!白砂糖を使わない「らっきょう甘酢漬け」「味噌漬け」作り方
  3. 【1つの鍋でつくれて簡単!】砂糖・乳製品・卵不使用、濃厚マンゴープリンの作り方。…
  4. 雑誌掲載『美しくなるフードセラピー 夏』ファスティング特集にて紹介されました。
  5. オーガニックって結局なに?「人に優しい」「環境保護」だけでない!オーガニックの立…

関連記事

  1. Recipe レシピ

    【常備菜・保存食に】鮮やか!にんじんサラダ「キャロットラペ」作り方

    キャロットラペとは、フランスの家庭料理、にんじんのサラダのこと。ラペ(…

  2. キャベツ画像
  3. Fermentation 発酵

    酒粕の栄養と驚くべき効能とは?栄養素を丸ごと活かす!酒粕甘酒の作り方。

    発酵食品ブームと同時に、「酒粕」が見直されているのを知っていますか。…

  4. らっきょう甘酢漬け画像

    Recipe レシピ

    初めてでも失敗知らず!白砂糖を使わない「らっきょう甘酢漬け」「味噌漬け」作り方

    5月~6月になると、ひと昔前までは多くの家庭でらっきょうを漬けている光…

  5. Recipe レシピ

    【火を使わないマクロビレシピ】一皿で栄養満点!夏のさっぱりライスサラダの作り方

    夏になると、さっぱりとしたものが食べたくなりますよね。なるべく余計な火…

RECOMMENDED COLUMN

  1. らっきょう甘酢漬け画像

HACCOBEキャンペーン企画


READING



RECENT POST


HACCOBE運営企業 株式会社セルアップは、株式会社グローリー・インターナショナル社 Fastzyme(ファストザイム)720㎖の総代理店です。
  1. Recipe レシピ

    基本の「昆布だし」とり方と「麺つゆ」の作り方。保存料・添加物無し!ミネラルいっぱ…
  2. Organic(オーガニック)

    極上のオーガニック空間が味わえるビオホテル知ってますか?
  3. Recipe レシピ

    本物みたいな濃厚さ!簡単「豆腐ベジチーズ」の作り方。
  4. 芽画像

    Organic(オーガニック)

    オーガニックって結局なに?「人に優しい」「環境保護」だけでない!オーガニックの立…
  5. Spiritual スピリチュアル

    正しいお盆のお墓参りはいつ?今さら聞けない、お盆の意味、由来とは?
PAGE TOP