Beauty 美容

美肌のプロが教える!春~秋におすすめ、「美肌&美白」をつくる飲み物


春のシミさんさようなら!「春紫外線対策ハーブ」の簡単なつかい方

皆さん、紫外線指数って知っていますか?

これからやってくる紫外線が急激に増える時期(4月頃から8月までにピークを迎える)、この時期からのシミは秋から徐々に濃くなりやがて、年明け辺りからシミがボワーッと表面化してきます。

そうなってから慌てても遅い!!
今のうちから出来る限りの予防をし、多くの方に美肌を保っていただきたいと思います。

美肌には、アウターケアもインナーケアも両方とっても大切です。

今回は前編として、インナーケアとして飲用する「美肌に良いハーブ」をご紹介いたします。後編は「アウターケア」で大切なことをお伝えしていく予定です。


photo AC

以前ある通販番組で、ホワイトケア商品をご紹介していた私にとって、シミは公私ともに大敵でした。シミもシワもつくらないよう最善の注意を払い、毎日天気予報と紫外線指数をチェック。製品力をしっかりお伝えしたいので、紫外線対策はもう過剰なぐらいに気をつけていました。

今でも美白とか、美肌という言葉にすぐに反応してしまいます。そんな私自身がおすすめする方法をご紹介いたします。

その方法は簡単!
ハーブティーを飲むだけのらくちんコースです。もちろん、つくり方も簡単です!!

そして、次回(後編)はアウターケアで肝心なことをお伝えしていく予定です。

これから夏に向け紫外線もマックスになって行きます。そのため、早めの対策が肝心です。

前回の大人も子どもも、どうしてる花粉症対策?!につづき、ハーブティーのエキスが、細胞までしっかり届くよう、ピカッと輝く美肌を想像しながら読んでくださいね。

肌の仕組みと紫外線


pixabay

私たちの肌は、一番上の層から、「表皮、真皮、皮下組織」と3層に分かれています。

「表皮」は、肌表面からの紫外線を含む外敵の侵入を防ぐためのバリア機能が5層もあり、その一番下にある「基底層」は、紫外線が真皮層に侵入するのを防ぐ役割を持っています。

基底層は、紫外線が侵入しようとするとメラニン色素を増やし、その下にある真皮層への侵入を防いで「真皮層」の細胞のダメージを予防しています。

真皮層には、血管や弾力性を出すために必要なコラーゲン、それをつなぎとめるエラスチン、それらの隙間にはみずみずしさを出すヒアルロン酸、また、栄養素や酸素を細胞へ届け細胞の不要物を引き上げて、静脈などの大きな血管へ栄養素や酸素を運ぶ役割の毛細血管があります。

そのほか、真皮層にはたくさんの神経細胞もあり、とくに細胞がダメージを受けてはいけない大切な部分になります。

「皮下組織」は、脂肪の層で内臓のクッションの役割を持っていますが、ここが増えすぎると太ってしまい、悩みの種になってしまいます。

インナーケアでダメージ肌予防

すぐ出来る食生活での3つのポイント

その1. 糖化を防いで、AGEを予防する!


photo AC

お砂糖は低糖質で!

私たちの身体はいつも身体をさび付かせる活性酸素と戦っています。この時期はとくに紫外線からつくられる活性酸素(一重項酸素)の害を強く受けやすくなります。

もちろん害を受けた肌細胞の基底層では紫外線が真皮層に侵入しないようにメラニン色素を増殖させ、その結果として「シミ」が出来ます。

その上に血液中に糖分が多いと、細胞中のタンパク質と血液中の糖が反応し、細胞が強く反応を起こす「糖化反応」をもたらします。

最終的には、「終末糖化産物(AGE)1)」中をつくり、真皮層や表皮の皮膚のタンパク質が変性を起こします。そうなると、より一層のメラニンの増殖に加え、組織が徐々に固くなり、たるみやシワが刻まれていくことになるわけです。

糖化反応した組織は修復が難しく、アンチエイジングとは程遠い現象が起きていきます。1年で一体何歳老化を促進することになるのでしょう。恐ろしい話です。

1) AGEとは終末糖化産物(Advanced Glycation End Products)、すなわち「タンパク質と糖が加熱されてできた物質」のこと。強い毒性を持ち、老化を進める原因物質とされています。
(出典:AGE測定推進協会 AGE(終末糖化産物)とは? http://www.age-sokutei.jp/about/)

その2. 酸化した油を避ける!


pixabay

マーガリンや酸化した油、外食の安価な揚げ物はお肌にとってNGです。

私たちの細胞の周りになる細胞膜は脂質で構成されています。そして、細胞膜の主な原料は脂質です。

ですが、摂取した脂質が酸化した油の量が多いと、それを材料に細胞膜がつくられます。その細胞で組織がつくられていくわけですから、私たちの脳も、そのほかの身体も、皮膚も、ダメージを受けやすいものになってしまいます。

それに加えて、紫外線からの活性酸素を浴びるとダメージは深くなり、より一層のシミ、シワの原因となるわけです。

正常な細胞膜をつくるには、n-3系脂肪酸を豊富に含む亜麻仁油・エゴマ油・魚油・インカインチオイルなどがおすすめです。

その3 おすすめはビタミン・ミネラル・抗酸化食品!


pixabay

私たちは、ビタミン・ミネラル・抗酸化成分を体内でつくり出すことは出来ません。野菜やくだものは自ら紫外線を予防し、酸化しないように光合成から抗酸化成分をつくり出し、自身が痛まないように頑張っています。

そして、私たちはそれらを体内に取り入れることで細胞がダメージから守られているのです。

ビタミン・ミネラルは、活性酸素による酸化を分解する酵素の働きを助けます。また、「水溶性のビタミンC」は細胞の外側と内側の水溶性の部分の酸化を予防し、植物から摂れる脂溶性の物質、「β-カロテン」は体内で必要な分だけビタミンAに変化し細胞膜を酸化から守り、また、「ビタミンA」は皮膚の形成を助けます。

「ビタミンE」も同じく細胞膜上の酸化を予防し細胞膜を守ってくれます。
そのほかにも抗酸化成分であるポリフェノール。その仲間である黄色の色素を持つフラボノイドも細胞膜の外側で細胞膜を守っています。


pixabay

こうした抗酸化成分は、私たち人間の体内では決して、つくることが出来ない栄養素です。

これからの時期にできる植物は、そういった成分を豊富に含んで彩が豊かになります。私たちも旬の彩り鮮やかな野菜やくだものをたくさんいただきましょう。

赤は、トマトやスイカやパプリカ、人参やモロヘイヤ、パセリ、ほうれん草や西洋カボチャには、オレンジや黄色のβ-カロテン、玉ねぎ、ミカン、ピーマン、春菊、シソ、などに抗酸化物質が多く含まれています。

体内での酸化を予防し、また、皮膚組織が黒くなっても、もとの状態に返る力が強まり、シミやシワを最低限予防できます。

おすすめのハーブティー&野菜ジュース

おすすめハーブティー「ローズヒップ、ヒース、ラズベリーリーフ、桑の葉、スギナ」


photo AC

とくに、ビタミンCが豊富なローズヒップはおすすめです。そのほかにも、カロテノイドも含有しているローズヒップは、美肌を意識している方には欠かさず飲んでほしい、これからの季節の必須アイテムです。

800cc~1000㏄/1日の飲用をおすすめしています。

ヒースやラズベリーリーフも美白には欠かせないこの時期のおすすめハーブです。

ヒースのアルブチン、ラスベリーリーフのエラグ酸、桑の葉のクワノンはメラニンを増殖させる酵素の働きを抑制する作用を持つため、黒色化の予防に効果的です。

また、スギナのケイ素は紫外線によってダメージを受けやすい真皮層のコラーゲンやエラスチンの結合を強くして肌弾力を守り、シワを予防してくれます。

ローズヒップ、ヒース、桑の葉、スギナはとくにおすすめです。ブレンドしてお飲みください。

ハーブティーの飲み方

ティーポットに茶葉をひとつまみづつ入れ、200ccのお湯を注いで10分おいて飲むのがおすすめです。

これからの時期は、前日の夜に1リットルのティーボトルを準備して常温の水で朝まで抽出。それを持ち歩き、いつでもどこでも飲めるようにしておくと便利です。また、私の経験上、6月辺りから常温で朝まで抽出する場合には、水が変質することがあるため、冷蔵庫に入れておくことをおすすめします。

身体に作用させやすくするために、しっかり時間をおいて抽出した濃いものを味わって飲みましょう。

ハーブの成分が血中にいつもあるイメージで召し上がってください。

また、食事の改革もできるところからやってみましょう。

個人差はありますが、お砂糖入りのお菓子や調理、酸化した油を控えるだけでも、身体に変化がみられます。自然力にゆだねると、気づかぬうちに「ハーブの力」の恩恵をもらっていることに気づきます。楽しみながら少しでも日焼け予防につとめましょう。

おすすめの野菜ジュース


pixabay

ズバリ!!人参ジュースです。
人参はビタミンAとβ-カロテンの宝庫。細胞膜を酸化から守る重要な野菜です。

ですが、それらは植物の中で脂質の粒子を形成しているため、細かく切るか、または、油炒めをするなどし油のうを壊さないと出てきません。それをなるべく胃の中が空の状態(空腹時)で、油のうを壊せるジュース状にして飲むことで、吸収力が高まります。

人参は通年手軽に購入することができ、ジューサーがあれば自宅でも簡単につくることができるため、週に1回だけでもぜひお試しください。

また、人参だけのジュースが飲みにくい方は、より甘さをだしたい場合には、甘みもあり食物繊維が多い「リンゴ」を、抗酸化力を上げたい場合には、フラボノイドの多い「青菜」なども入れてミキシングされるのがおすすめです。


pixabay

人参とリンゴのジュースの場合、

小さな人参 1/2本程度
リンゴ半分
水50㏄

これで、約350㏄程度のジュースがつくれます。

お水を豆乳に代えてもおいしくいただけます。

皮付きで使用する場合は、できる限りオーガニックのものがおすすめです。

人参は、肌理(キメ)が整う栄養素の宝庫でもあるので、これからの時期、とくにおすすめです!

美肌のプロが教える!春~秋におすすめ、「美肌&美白」をつくる飲み物 インナーケア編まとめ


photo AC

今回は、美肌や美白に効果的で、身近に手に入りやすいハーブやお野菜でつくるジュースをご紹介しました。夏でも身体が冷えやすい方はこれからの時期でも温かいハーブティーを召し上がることで、身体をしっかり温めてくださいね。

次回の後編は、今回の補足ハーブとおすすめのアウターケアについてご紹介してまいります。お楽しみに。

 
簡単、おいしく炊けてこそ、玄米ごはんをつづけられる。炊飯器で玄米をおいしく炊く方法。
美容食、スーパーフード「麻の実ナッツ」の栄養と簡単な食べ方
 
 
内側からキレイをつくるきっかけになる!
キャンペーン企画バナー

美と健康の旬の情報、HACCOBEキャンペーン企画をいち早くお届け!
LINE@バナー
 

健康ライフコーディネーター 柳樂 いづみ
幸せの近道!心と身体を楽しく変える健康ライフコーディネーター、泉メディカルハーブアカデミー主宰
東京・南麻布にて細胞レベルから美しく!をコンセプトに幸せになるためのツール・ハーバルセラピスト講座や料理教室を中心とした講座を開講。ヘルシーライフコーディ―ネーターとしても、未病の方々への体調不良の改善に貢献。その数は15年で延べ10,000名を超える。企業の依頼にて講演やセミナーでも活躍中。

ピックアップ記事

  1. 今やスタンダードな健康法・デトックス法として知られる「ファスティング」。その効果…
  2. 30代女性のための一人暮らしのダイエットに効果的な食事法
  3. 簡単、おいしく炊けてこそ、玄米ごはんをつづけられる。炊飯器で玄米をおいしく炊く方…
  4. 日本の伝統発酵調味料 基本の話~その種類と正しい選び方
  5. 終了「オーガニック味噌づくりWorkshop」HACCOBE×ゆったりマクロビ美…

関連記事

  1. 手作り石鹸

    Beauty 美容

    「石鹸の基本」合成洗剤と石鹸の違いは?界面活性剤ってホントに悪いの?

    「石鹸=体に優しい」「界面活性剤=悪いもの」石鹸や洗剤について、な…

  2. Beauty 美容

    美容と健康のために非常に重要な深い睡眠方法

    睡眠が取れないと疲労がたまり元気が出ないだけではなく、たまった疲労やス…

  3. お尻エクササイズ画像
  4. レムケ様撮影デメターコスメ

    Beauty 美容

    世界がハマる!ドイツ発オーガニックコスメブランドをご紹介。

    日本でも大流行のオーガニックコスメ。オーガニックコスメとは有機…

  5. spa

    Beauty 美容

    温泉でダイエット効果を高める入り方~癒されながらキレイになろう

    温泉大好き!という女性は多いと思いますが、疲れを癒すだけじゃなくて、ダ…

  6. Beauty 美容

    プロバイオティクスとプレバイオティクスで腸美人

    今とても話題になっている「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」…

RECOMMENDED COLUMN

  1. 日の出画像
  2. 三年番茶 ほうじ茶
  3. 歩く画像
  4. vegesushi画像

HACCOBEキャンペーン企画


Info

READING








HACCOBE COLUMINIST

  • HACCOBE 編集部
  • ゆったりマクロビ美人食 松崎 恭子
  • オーガニック専門家 レムケなつこ
  • 植物療法コンサルタント 井上知佳
  • スピリチュアルカウンセラー 蒼井 聖子
  • ファミリーコーディネーター 加藤由香里
  • 料理家、ローフードベジ料理教室happycheesekitchen 主宰chie
  • ディライトフルデザイナー ディアナ幡司しのぶ
  • 健康ライフコーディネーター 柳樂 いづみ
  • 「マナヨガ」代表 yuuka
  • マスターオーガニックコーディネーター KAERU
  • 体質改善オーガニック料理研究家 楳村郁子
  • パリ在住 パリコレヘアースタイリスト Tsume & トップセラピスト Yuki
  • shinozaki fusako

RECENT POST

  1. ローパンプキンタルト画像




HACCOBE運営企業 株式会社セルアップは、株式会社グローリー・インターナショナル社 Fastzyme(ファストザイム)720㎖の総代理店です。
  1. Mama&Baby 子育て

    環境ホルモンってなに?ひ孫の代まで影響。環境ホルモンについてわかりやすく解説!
  2. 発酵美学画像

    Wellness ウェルネス

    「発酵美学」で美しい心身と健康を手に入れよう~。【HACCOBE限定「ファストザ…
  3. くびれ画像

    Beauty 美容

    【動画4】1日1分の簡単ボディメイク くびれをつくりたい、下腹部の引き締めにも◎…
  4. 花粉症

    Aroma & Herbs 植物療法

    日本人の4人に1人が「花粉症」~今から始める花粉症対策について~
  5. ローパンプキンタルト画像

    Recipe レシピ

    【ローフードレシピ】ローパンプキンタルトつくり方。酵素たっぷりのスーパーヘルシー…
PAGE TOP