Food 食

「春~初夏」の不調をスッキリ解決!マクロビオティック春の食養で叶える美容法


春は新年度のスタート、ライフスタイルも変化する季節です。それだけでなく、春から初夏にかけては、心と身体にも大きな変化があらわれやすくなります。

疲れやすくなる」「吹き出物がでる」「目が辛くなる」など、このような不快な症状・経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

それは決して気のせいではなく、また、単に生活習慣を乱したからというわけでもありません。

そんな、「春」特有の心身の不調や美容トラブルをスッキリ解決して、心地よく過ごしたいですよね。

そこで今回は、マクロビオティックの陰陽五行の考えをもとに「快適な春」を過ごすための食生活のポイントをまとめました。春ならではのおいしい食材、調味料を上手に取り入れながら、内側から整える美容法をみていきましょう。

陰陽五行では春は「木」の季節


photo AC

陰陽五行とは、この世界のあらゆる現象を「陰陽」で成り立っているとみて「木・火・土・金・水(もっかどごんすい)」に分類される要素で関係付けられ、循環しているという理論です。

春夏秋冬(五行では春、夏、土用<晩夏>、秋、冬)も、「木・火・土・金・水」に当てはめて考えることで、その流れや力関係もとても分かりやすくなります。
冬の食養より

「木→火→土→金→水」そして、「水→木→…」と循環します。秋は「金」で、つぎの冬は「水」の季節になり、春は「木」の季節となります。

木は、水を注がれることによって大きく成長します。また、春は草木がすくすくと育つ季節でもあります。

春は「木」の季節とイメージで覚えるだけで理解しやすいので、ぜひ覚えておいてください。

また、五行はそれぞれ、内臓(臓器)、五官、感情などとも相関関係があり、「木」は、肝臓、目、怒りと対応しているといわれています。

さらに、人体だけではなく自然界の現象ともつながりがあり、「木」は酸味、青色、風とつながりがあります。

春は肝臓・胆嚢を助ける食事がポイント


photo AC

肝臓は、身体の器官の中でもとても大きな役割を担っています。主な働きは、食べ物の栄養を身体につかわれるように「変換すること」「栄養を貯蔵をすること」「有害物質の解毒・分解をすること」です。

また肝臓は、食べた脂肪分の消化に必要になる「胆汁」をつくる働きもあるため、春は肝臓だけでなく胆嚢(胆汁をためる働き)を大切にしたい季節でもあります。

春に出やすい肌トラブルとは?


photo AC

このように、春は肝臓と相関していることから、暖かくなってくると肝臓に関わる特定の不調が出やすくなります。

気温が上がってくると、巡りがよくなり代謝も活発になります。肝臓の働きも活発になり、冬の巡りの悪い時期に溜め込んだ不要なものが解毒・分解され排出をしようという力が強くなります。

肌から不要なものを出そうとするため、「吹き出物、荒れ肌」が出やすくなります。

また、肝臓・胆嚢が疲れてくると脂肪分の代謝もスムーズに働かないため、皮脂のバランスも崩れ、「乾燥肌」になるという場合もあります。

春は「目」の不調とイライラに注意!


pixabay

「木」は、目と相関しているため、目の不調も出やすくなります。

目は、酸素を多く必要としており、毛細血管も集中している部分です。そのため、肝臓の働きが落ちて血液の質が悪くなると(肝臓は食べたものの代謝や解毒などをしているため)、目にも影響が出るということになります。

疲れ目や涙目、ドライアイ、目が充血している、白眼の部分が濁っているなどの症状が出やすくなります。

また、目とともに「木」と相関する部分としては、「怒」という感情です。

春は、気温差、生活環境の変化、生活リズムの変化などもありますが、イライラしたり、カッとなったりしやすい季節でもあります。

神経に関係するミネラルである「カルシウム」が不足している場合もありますが、「普段よりも怒りっぽいかな?」というときは、肝臓が疲れているのかもしれません。

こうした不調でつらいと悩んでいる方も、「春の食養」で食生活を見直すきっかけにしてみてください。

肝臓をケアする食養のポイント!


pixabay

春の食養の一番のポイントは、肝臓に負担をかけないことです。

  • 脂肪分の多い肉、魚、乳製品は控えめにする。
  • 揚げ物や炒め物など油料理も控えめにする。
  • 油脂の多い洋菓子、スナック菓子は控える。
  • 化学添加物の多いカップ麺など加工品は控えめにする。
    (化学添加物は、解毒のために肝臓に負担をかけるため)
  • アルコールは控えめにする。
  • 食べ過ぎないようにする。

こうしたことは、すべて肝臓と胆嚢への負担を少なくする食べ方になります。

春に、働きすぎて疲れている肝臓を労わることが、肝臓を元気にして代謝力・解毒力を高め、不調を解消することにつながります。

春の食養におすすめの食材


pixabay

春におすすめの食材は、「木」に相関する「酸味」の食材です。酸味のものは肝臓を労ってくれるため、食材や調味料として取り入れましょう。

  • 果物類  レモン、みかんなど柑橘類、りんご
  • 酸味の調味料  酢、レモン果汁

また、「木」を助けてくれるのは、その一つ前に位置する「水」の食材です。水は、木を養うということで、食の面でも同様に「木」の季節の助けになります。

「水」は、季節としては冬と相関するので、春には、冬におすすめの食材をプラスするイメージです。

「水」の食材は、「鹹味 かんみ(塩辛い)」のものです。


photo AC

  • 海藻類  わかめ、昆布、ひじき、あらめ、のりなど
  • 塩辛い調味料  味噌、醤油

こうしたものをサポート食材として取り入れるのがおすすめです。

「辛味」食材もおすすめ!

また、肝臓の働きをスムーズにするためにも、脂分・油分を負担なくいただくことが大切です。
そこで、おすすめしたいのが「辛味」の食材です。

  • 辛味食材  大根、玉ねぎ、ねぎ、にら、にんにく、青じそ、春菊、菜花、からし菜、こんにゃく、香辛料など

脂っこいお肉や魚料理には、付け合わせで大根や玉ねぎを合わせたり、香味のものを合わせて食べることがありますね。実は、これはとても「理」にかなっており、消化を助けたり油の分解を助けるなどして、肝臓に負担をかける「油・脂」の食材の負担を軽くしてくれます。

おいしく食べる「春の美容食」


pixabay

さまざまなおすすめ食材がありますが、基本であり大切なことは「身土不二」ということ。その土地のその季節のものをおいしくいただくという「身土不二」を上手に活用することは、健康的な美しさを叶える賢い食べ方でもあります。

あたたかくなると、自然とさっぱりとしたものがおいしく感じるようになりますよね。調理法も、コトコトじっくり煮込んだものよりもあっさりとした煮物や、生のものがおいしく感じられます。

春の食養も、そうした感覚がとても大切になります。
たとえば

  • 辛味食材の大根おろしで和えてさっぱりと
  • 酸味を使って酢の物や梅和え
  • 新玉ねぎのサラダやマリネ
  • 季節の野菜を入れて軽く煮たスープ
  • 旬の菜花などの青菜でお浸し

このように、旬の食材を生かしながら食べやすいと感じるあっさりめの料理になるように工夫してみましょう。

春は体を適度に動かして


pixabay

このように、春にぴったりの食養を実践しながら生活面でも春らしさを取りいれてみてはいかがでしょうか。

冬はあまり激しく活動するよりも、静かにゆったり過ごすのがおすすめでした。反対に、春になったら適度に身体を動かして巡りをよくすると、血流もよくなり肝臓に流れる血流もアップします。

結果として、肝臓も回復しやすく、デトックス力も高まることにつながります。

あたたかい陽気の中で食事もライフスタイルも春らしさをたっぷり楽しみながら、内側から美しさと健康を整えていきましょう。
 
心にも絶大な効果をもたらすウォーキング法
「腸内環境が鍵!」花粉症の季節におすすめの免疫力を整える食品と食事法
 
 
”内側からキレイをつくるきっかけになる!”
キャンペーン企画バナー

LINE@バナー
 

ゆったりマクロビ美人食 松崎 恭子
マクロビオティック師範、管理栄養士。
東京・大塚にて毎月50人の生徒さんが通う人気マクロビオティック教室「ゆったりマクロビ美人食教室」を開催 。

マクロビオティックをベースに「体にやさしい&おいしい料理は、誰でも簡単にできる」方法を皆さんにお伝えすべく料理教室、講演、食事栄養コンサルティングにて活動中。


ピックアップ記事

  1. 【ローフードレシピ】ローパンプキンタルトつくり方。酵素たっぷりのスーパーヘルシー…
  2. 酒粕の栄養と驚くべき効能とは?栄養素を丸ごといかす!酒粕甘酒のつくり方。
  3. 簡単、おいしく炊けてこそ、玄米ごはんをつづけられる。炊飯器で玄米をおいしく炊く方…
  4. 発酵美人なお弁当キャンペーン開催中!【HACCOBEー発酵美ーInstagram…
  5. 【カカオレシピ】甘いだけじゃない!スーパーカカオのちからでアンチエイジング!

関連記事

  1. Fermentation 発酵

    【夏の食養生豆知識】暑い季節こそ「酢」のチカラを上手に取り入れてみませんか?

    実は、私たちは暑い季節になると無意識的に体を整えようと「酸味」を選んで…

  2. Food 食

    雑誌掲載『美しくなるフードセラピー 夏』ファスティング特集にて紹介されました。

    雑誌掲載のお知らせHACCOBEにて紹介しているファスティング…

  3. 玄米ごはん画像1

    Food 食

    簡単、おいしく炊けてこそ、玄米ごはんをつづけられる。炊飯器で玄米をおいしく炊く方法。

    健康のために食を見直し、普段食べているお米を白米から玄米にかえている方…

  4. Food 食

    おいしさ以上の意味をもつ「身土不二」上手に活用できていますか?健康的な美しさを叶える賢い食べ方とは。…

    スーパーでは通年置いてあることが当たり前のトマト、きゅうり、ナスやピー…

  5. お正月画像

    Reading よみもの

    歳神様お迎えへのカウントダウン!新年に幸福と健康を招く、お正月準備のススメ

    年末年始は、歳神様をお迎えする特別な期間なのはご存じですか。芸…

RECOMMENDED COLUMN

  1. サプリメント画像
  2. 砂糖
  3. 肥満画像
  4. お正月画像

HACCOBEキャンペーン企画


Info



READING








HACCOBE COLUMINIST

  • HACCOBE 編集部
  • ゆったりマクロビ美人食 松崎 恭子
  • オーガニック専門家 レムケなつこ
  • 植物療法コンサルタント 井上知佳
  • スピリチュアルカウンセラー 蒼井 聖子
  • ファミリーコーディネーター 加藤由香里
  • 料理家、ローフードベジ料理教室happycheesekitchen 主宰chie
  • ディライトフルデザイナー ディアナ幡司しのぶ
  • 健康ライフコーディネーター 柳樂 いづみ
  • 「マナヨガ」代表 yuuka
  • マスターオーガニックコーディネーター KAERU
  • 体質改善オーガニック料理研究家 楳村郁子
  • パリ在住 パリコレヘアースタイリスト Tsume & トップセラピスト Yuki
  • shinozaki fusako

RECENT POST





HACCOBE運営企業 株式会社セルアップは、株式会社グローリー・インターナショナル社 Fastzyme(ファストザイム)720㎖の総代理店です。
  1. 花粉症

    Aroma & Herbs 植物療法

    日本人の4人に1人が「花粉症」~今から始める花粉症対策について~
  2. vegesushi画像

    Recipe レシピ

    【VEGESUSHI(ベジ寿司)つくり方】クリスマスパーティに人気!簡単マクロビ…
  3. Fermentation 発酵

    飲む発酵食品、Kombucha(コンブチャ)って!?
  4. ツヴェルベリッヒ(Zwölberich)画像

    Organic(オーガニック)

    オーガニックにもグレードがある!最高品質のオーガニック製品を求める方にオススメ!…
  5. 稲画像

    Food 食

    世間に広がるマクロビオティックの「誤解」と「ホント」。自分に合った食事法ってある…
PAGE TOP