spa

Beauty 美容

温泉でダイエット効果を高める入り方~癒されながらキレイになろう


温泉大好き!という女性は多いと思いますが、疲れを癒すだけじゃなくて、ダイエットにも役立つってご存知でしたか?

温泉に泊まりにいくと、料理がおいしすぎてつい食べ過ぎてしまう・・・という人も少なくないのでは。でも安心してください。その後の温泉は入り方次第でダイエット効果が期待できます。

せっかく入るんですから、癒されながらキレイになっちゃいましょう!でも、1泊でも効果を出したいなら、食べ過ぎには注意してくださいね。

温泉のダイエット効果

温泉は湯治といって病気の治療にも使われるくらい健康効果の高いものですが、ダイエットにはどのように役立つのでしょうか。

<温熱効果>

痩せにくい体質の人は身体が冷えていることが多いです。身体が冷えていると血行が悪くなり、巡りの悪い身体=やせにくい身体になります。

<血行促進効果>

血行が良くなるのは温泉の温かさだけではありません。温泉に溶け込んでいる炭酸ガスが皮膚を通して体内に入り込み、毛細血管を拡張することで血流を良くして血行を改善する効果が期待できます。

<新陳代謝促進効果>

血行が悪いと身体の隅々まで酸素や栄養が行き渡りません。そうすると食べたものをエネルギーに変えていくための代謝機能が低下して、運動をしても効果が出づらくなるのです。温泉に入って新陳代謝を促進することでエネルギー効率をアップすることがダイエットに役立ちます。

<デトックス効果>

身体が冷えたりむくんでいたりすると、老廃物や疲労物質がたまって、これも代謝に影響します。血行を良くしてリンパや血液の流れを改善することで、余分なものが排出されやすくなります。

温泉でダイエット効果を高めるための入り方

せっかく温泉に入るなら、ただ使っているだけではもったいない!ダイエットに役立つ効果的な入り方をご紹介しますね。

<温泉に入る前の注意>

温泉に入ると体温が上がり、汗もかきます。事前に水分補給をしておくことは必須です。理想は入る15分前。コップ1杯の水を飲んでおきましょう。

また、温泉に汚れを持ち込まないためにかけ湯をしてから入るのがマナーです。

<高温反復浴>

温泉によっては高温のお湯が用意されているところがありますね。普段は熱すぎて入らないという人も、ダイエットに役立つ温泉なので、ぜひトライしてみてください。

その高温のお風呂に何度も入る方法を「高温反復浴」といいます。その名の通り、熱めのお湯(42度くらい)に何度も入ってカロリーを消費していきます。

1.肩まで湯船に3分入り3分休む、これを3回繰り返します。入っている時間は長くても5分にしてください。お湯が熱いので、いきなりどぼんと入らないように。心臓に負担をかけてしまいます。足からゆっくり入ってください。
2.入浴後に常温の水かまたは白湯を飲んで水分補給をします。身体が熱いからといって冷たい水を一気飲みしたら体温が下がってしまいます。

42度のお湯は結構熱いのでそうそう長く入っていられないと思いますが、入る時間は守ってください。長く入っていればダイエット効果が上がるわけではありません。

ただし、この入浴法は身体への負担が大きいため、
・お酒を飲んだ後
・疲れているとき
・風邪気味など体調が悪いとき
には、絶対に行わないでください。

<温冷浴>

お温かいお湯と冷たい水に交互に入るのが温冷浴です。水風呂があったらぜひやってみて欲しい方法ですが、水風呂がない場合はシャワーでも出来ます。

1.最初は水かぬるま湯からスタートします。水風呂またはぬるま湯のシャワーをかけてください。
2.次にお湯に入ります。水とお湯、交互に1分ずつ入ります。
3.これを最低5回、できれば11回くらい繰り返し、最後は水で終わるようにします。

この入浴法は、お湯と水の温度差を感じることで自律神経のバランスを取ってダイエット効果を得ようというものですから、「冷たい」と感じることが大事です。

お湯と水の温度差は30度が理想とされていますが(お湯が40度なら水は10度)、これは初めてだと結構きついので、25~30度くらいの少し冷たい程度の温度から身体を慣らしていくといいですよ。

最後は水で終わると血管をきゅっと引き締めてくれるので湯冷めしにくいというメリットもあります。

どんな泉質がダイエット向き?

一口に温泉といっても、色々な泉質があって、それによって効能が違いますよね。どの温泉でも芯から身体が温まって冷え性にはおすすめなのですが、それ以外にも健康にいいものや美容に良いものなど様々です。

それではどのような泉質がダイエットに向いているのでしょうか。

<硫黄泉>

いわゆる卵の腐ったようなにおいで、温泉特有のにおい。肌に浸透しやすいので、毛細血管を拡張させて血流を良くしてくれます。便秘に良いともいわれているので、冷え性で便秘をしがちな方におすすめです。

酸化すると金属を黒くしてしまうので、入る時はアクセサリーを外してくださいね。

<塩化物泉>

別名「熱の湯」とも呼ばれる、塩の成分が入った温泉ですね。保温効果が高く、しかも発汗作用があるのでダイエットには効果大!身体の芯から温まって、しかも冷めにくいのが特徴です。

<硫酸塩泉>

「脳卒中の湯」「傷の湯」として有名な泉質。切り傷やニキビなどにも良いとされ、美肌の湯ともいわれたりします。皮脂を洗い流す働きがあるので、お肌がべたつきがちな人にもいいですね。

硫酸イオンの働きで血流を良くしてくれるので、血行を促進して身体の巡りを良くします。

<炭酸水素塩泉>

美肌の湯として有名な炭酸水素塩泉。お肌の表面をなめらかにして、温泉に入りながらパックの効果がある温泉です。余分な角質を取り、毛穴の汚れまですっきりさせてくれます。またお肌をしっとりさせたい人におすすめですね。

血行促進効果だけでなく新陳代謝をアップさせるのにも役立つ泉質です。

家でも温泉ダイエットをする方法

自宅でも温泉の素を入れればただ入浴するよりもダイエット効果を高めることが出来ます。その温泉の素として利用できるおすすめの材料をご紹介しますね。

入る時間が指定されているもの以外は、高温反復浴や温冷浴の入り方で、入浴のダイエット効果を高めてください。

<エプソムソルト>

マグネシウム硫酸塩泉を家で楽しむならエプソムソルトがおすすめ。ソルトといっても塩出はありません。硫酸マグネシウムという物質で、欧米では古くから入浴剤として利用されてきたものです。

エプソムソルトの一番の効果はデトックス!15分の入浴で汗をたっぷりかきますから、入浴前の水分補給は必須ですよ。

このデトックス効果で老廃物を排出し身体の巡りを良くしてくれるので、代謝の良い身体を作ることができます。特に、マグネシウムは体内の酵素を活性化させる働きがあり、糖質の代謝と深く関わっています。糖質の代謝が良くなるということは、エネルギー効率が良くなって体脂肪が燃えやすくなる、ということです。

甘いものや炭水化物がお好きな方におすすめですね。

エプソムソルトは、最初の2週間は毎日入ってみてください。その後は週に2~3日で十分です。

<重曹>

炭酸水素塩泉を家で楽しむなら、重曹を入れてみましょう。重曹なら掃除に使ったり、料理に使うこともあるのでわりと身近なものですよね。

重曹をカップ1杯ほど入れると、肌への当たりも柔らかいお湯になります。毛穴の奥まで汚れがしっかり落ちるのでお肌もしっとりすべすべ。

その上代謝も良くなるなら、美肌もダイエットも同時に出来てこんなに嬉しいことはありません。

お風呂に入れるなら食品グレードの重曹を使いましょう。

<天然塩>

これならわりとすぐに手に入りますね。お塩はお好きなものを。よく「岩塩」がミネラル豊富で肌にいいと誤解されやすいのですが、岩塩の種類にもよります。

元々塩自体が主成分がナトリウムなのでミネラルの塊です。ナトリウム以外にどんなミネラルが入っているか、ということが重要になるわけで、ピンク色の岩塩などはほぼナトリウム。他のミネラルはあまり含まれていないことが多いのです。

ですから、お肌のことも考えながら代謝も良くしたいならマグネシウムが多い海のお塩の方がいいかも知れません。

まとめ

いかがでしたか?温泉といえば疲れをとってリラックスするために入るもの、というイメージの方が強かったと思いますが、入り方によってはダイエットにも役立つということがお分かりいただけたでしょうか。

温泉に行った時にもぜひ今回ご紹介した入り方を試して頂きたいですし、自宅でもぜひ入浴の効果を高めてくださいね。

 

HACCOBE 編集部
『HACCOBEー発酵美ー』編集部です。
「10年先のわたしをつくる」をコンセプトに、美・健康・食・オーガニックの情報を発信。
10年先の自分をつくるには、「今」を丁寧に歩いていくこと。皆さん1人1人の10年先の美と健康をつくるきっかけとなる、そんな情報の提供・提案を目指しています。

ピックアップ記事

  1. 正しいお盆のお墓参りはいつ?今さら聞けない、お盆の意味、由来とは?
  2. 春こそ活用したい!万能発酵食「白味噌」を使ったレシピ3選
  3. オーガニックにもグレードがある!最高品質のオーガニック製品を求める方にオススメ!…
  4. 織姫・彦星の七夕大恋愛から学ぶ、気学相性判断!パートナー&気になる彼との相性は?…
  5. HACCOBEでは、専門家コラムニストを募集しています。

関連記事

  1. Beauty 美容

    プロバイオティクスとプレバイオティクスで腸美人

    今とても話題になっている「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」…

  2. exercise画像

    Body カラダ

    ダイエットに有酸素運動が効果的って、それ本当?!

    ダイエットは、永遠のテーマといっても過言ではないでしょう。実際に、…

  3. Diet ダイエット

    ファスティングダイエットの正しいやり方~身体をリセットして健康的に痩せる

    短期間で体重が落ちて、身体もすっきりすると人気のあるダイエット、それが…

  4. Beauty 美容

    美容と健康のために非常に重要な深い睡眠方法

    睡眠が取れないと疲労がたまり元気が出ないだけではなく、たまった疲労やス…

  5. ricemilk画像

    Diet ダイエット

    本当にダイエットにいいの?牛乳、豆乳の代替品にミルク風ドリンク「ライスミルク」とその楽しみ方。

    国内でも数年前から美容・健康に意識の高い人たちの間で、少しずつ浸透して…

  6. juice-slice画像

    Diet ダイエット

    ジュースクレンズダイエットの効果とやり方

    ジュースクレンズダイエットは世界的に有名な、マドンナやパリスヒルトンな…

RECOMMENDED COLUMN

  1. newbornbabyfeet画像

HACCOBEキャンペーン企画


READING



RECENT POST


HACCOBE運営企業 株式会社セルアップは、株式会社グローリー・インターナショナル社 Fastzyme(ファストザイム)720㎖の総代理店です。
  1. Organic(オーガニック)

    意外と知らない「日本茶」残留農薬の実態とオーガニックの真価を気づかせてくれる本物…
  2. 発酵食いろいろ画像

    Fermentation 発酵

    【発酵食入門】基本をおさらい~美と健康に欠かせない「発酵」とは?
  3. Organic(オーガニック)

    極上のオーガニック空間が味わえるビオホテル知ってますか?
  4. Fasting ファスティング

    今やスタンダードな健康法・デトックス法として知られる「ファスティング」。その効果…
  5. Fermentation 発酵

    【夏の食養生豆知識】暑い季節こそ「酢」のチカラを上手に取り入れてみませんか?
PAGE TOP