Mama&Baby 子育て

産前・産後のセックスレスを解消するヒント!男性と女性の違いを理解して、豊かなパートナーシップを築こう!


自分らしく働ける環境も増えてきた昨今。女性の時間はいくらあっても足りないぐらい毎日やること・やりたいことに溢れています。

気づいたら残業いっぱいで仕事をこなし、会社に貢献。週末は資格取得や習い事、デートに会合にと充実した独身時代。
結婚後は、仕事に加えて育児に、家事にとフルタイムで動き、これまた女性は大活躍しています。

「あれ?」とふと気付くとこの大活躍の裏にある「しわ寄せ」がきてないでしょうか?

そう。結婚後、多くのカップルが悩んでいる「セックスレス」です。

社会事情データ録で紹介されている2005年避妊具メーカーのDurex社のデータからもあるように、41カ国の統計の中で、日本人のセックス頻度は世界でも下から2位。満足度では最下位といった結果があります。
(出典:「社会事情データ録」 http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2318.html)

外に目を向ければすぐに、やりたいことも楽しいこともみつかる時代だからこそ、頑張り屋さんの日本人女性はパートナーとのスキンシップの時間をゆっくり過ごす余裕がなくなりがちです。

そして気づいたら、夜の時間をつくることから離れてしまっているカップルたちが増えているように感じます。

また、心も身体も男性的になりつつある女性も少なくありません。

先述しましたが、さらに追い打ちをかけるように多くのカップルが妊娠・出産を迎える頃にはセックスレスになっていることもしばしば。

今回は、世界統計からみてもわかる「日本のセックスレス問題」を回避する秘訣を、男性と女性の違いを知るところからお伝えさせていただきます。
知っているだけで相手をより理解できるようになり、セックスレスのストレスを解消するヒントになるはずです。

また、女性は女性性豊かに、益々うつくしくなり、最高のパートナーシップを築くことにもつながっていくことでしょう。

妊娠・出産で変わるのは女性のみと心得よ!男性は基本、変化なし!

これを読んでいるあなたは、妊娠・出産を経てセックスレスになっていませんか?

夫婦・カップル間のセックスレスはお悩み相談でも多く、以下は多くのカップルたちに当てはまる代表的なセックスレスのパターンです。

妊娠・出産後セックスレスを経験しているカップル代表的な3パターン


Pixabay

  1. 妊娠中に、体調の変化もあり、セックスの回数が減った。
  2. 出産以降、セックスは極めてご無沙汰になってしまった。
  3. 子育て中は、セックスレスの方が楽だ!と感じるようになっている。

実際、「子どもができ、家族生活は充実している一方で、夫婦生活は希薄になっている。」という相談も多いのです。
気づいたら、夜の関係は無いのが日常なんてことも!

それには、現代女性の忙しさ(タスクの多さ)も影響しているようです。そのうえ、女性は出産をとおして身体も心も大きく変化します。

子育てしていく中で脳から大量の「愛情ホルモン、オキシトシン」が分泌され、子どもとスキンシップをすればするほど愛情深くなり、子どもといるだけで幸せな気持ちになり、心が満たされます。

とくに、授乳を経験したことのある女性は、このどこからともなく溢れ出る幸せな気持ちを理解できるのではないでしょうか。

一方、男性の身体は子どもができても基本的に変化がありません。

Pixabay

子どもができ、身も心も母へと変化していく女性とは大きく異なり、男性は心情も身体も変化が少ない*のです。
(*女性のように身体から大量の幸せホルモンが出たり、母性が強くなる身体の仕組みがあるかどうかという意味において、男性は変化が少ないとしています。)

妻が妊娠し、夫は目の前の奥さんの身体が変化していく様子をみながら、一緒に定期検診に出向いたりと、その変化に一生懸命適応しようとしています。そうしているうちに気付いたら10か月たち、子どもがあわられる。

基本的には、頭や想像力だけで必死に現状に適応していく夫と、身体も心も子どもの誕生に準備できるよう「母」に変化した妻が、お互いに今までと同じような思考や感覚を求め接していたらどうなるでしょうか。

わかりあえず、ちょっとしたすれ違いも多くなってしまうかもしれませんよね。

だからこそ、お互いに歩み寄ったり、理解し合うことが大切!
そうしなければ、これまでのような関係とは変わってしまって当然なのです。

今回は「男性性」とはなにかと、妻の産前・産後の夫の心理について理解を深めながら、セックスレスへの解決策をお伝えしていきます。

セックスレスに対する「女性の心理」と「男性の心理」


Pixabay

さて、セックスレスのお悩みでは、大きく2パターンあります。

A. 女性が消極的(女性があまり必要としていない)の場合

B. 女性は積極的なのに、男性が消極的(男性から求められずセックスレスになっている)場合

の相反する二種類です。

性の好みはそれぞれなので、Aのケースがその人のスタンダードであれば問題ないですし、また忙しいという理由で男性からの要求に答えるのが面倒ということもあります。ただし、この場合は女性自身の欲求の問題なので、自分で気づいて変えることも可能な問題でもあります。

そうなると、女性が困るのはBのとき。Bには、パートナーとの問題がうかがえるからです。

男女の関係を生物学的にみると、

男性は、メスを狩りにいく男性という能動的生き物
女性は、オスに見つけられて、求められる受容的生き物

女性は、受け身でいることが生物学的にもスタンダードであり、一番心理的にもラクで幸せだといえそうです。

Bパターンのように、パートナーから求められない場合には、「自分は女性としての価値が薄いのでは?」と感じてしまい、心理的にも寂しくなり、自分の無価値を感じてしまうのは当然のことです。

筆者も産前・産後には、同じような経験をしました。ただ、そこで気づいたのは、男性もセックスに対してのジレンマを抱えてしまっているということ。


Pixabay

なぜなら、妻の妊娠・出産の間、夫は身体の変化のないまま過ごし、気づくと妻は「母親」に変化しています。そして、多くの時間を子どもと過ごすようになります。一般的に、夫は妻と我が子の体調や育児事情に関して妻より理解できない場合が多いのです。

それゆえ、妻と生まれたばかりの子どもへの気づかいとして、夫婦生活を控えよう自分のエゴは抑えようという心理傾向になってしまいます。

一方でこの状態がいつまでつづくのかと不安にもなるのです。

妻と子どもを愛するがゆえに男性自身も悩み、不可解な状態にいるのです。

筆者は日頃、スピリチュアルをつうじて、潜在意識から男性のさまざまな悩みや要望をうかがうこともあります。

それによっては、男性心理として共通する解決策が浮き彫りになってきました。また、科学的にも「なるほど!」と納得する箇所もあるでしょう。

セックスレスになるには妻、夫どちらかに原因があるのではなく、お互いに理由があるのです。

今回は、私の経験にくわえ、男性の心理からの6つの秘訣にまとめてみました。

男性の心理を知って、セックスレスを回避する6つの秘訣

1. 身体の状態は、妻から積極的に伝えよう!


Pixabay

セックスのこと、性のことはとてもナイーブで話しにくいことです。とくに、女性からするのは、ある意味タブーとも思う人も多いかもしれません。ですが、妊娠してから身体が変化する女性について、男性に「察してね。」というのはとても無理な話なのです。

女性はパートナーに対し、この「察してね。」とか、「普通は〇〇するよね。」という前提を持っている人も多いように感じますが、男性は察するより話してくれないと女性の気持ちも身体の変化も理解できないのです。

そう、男性にはあなたの気持ちや考えを「言葉」にしないと伝わらないのです。

男性は異星人と感じてしまうぐらい、女性とは全く異なる思考と感性の生き物。それでいて、妊娠という自分の遺伝子を生命創造している偉大なるパートナーに対して、望んでいる対応をすることは、難儀にほかなりません。


Pixabay

繊細で妻を大事に想う男性ほど、「自分自身(男性)の欲望(エゴ)や要望を押しとおすなんて…..」と今はセックスを我慢しようと感じている男性も多いのです。

そのため、妻が妊娠中はとくに、腫れ物に触るような気がして中々手が出せないと日々悩み、感じている男性も多いのです。

だからこそ、この時期は女性から自分の容態や夫婦生活についての要望を伝えていきましょう。

「何ヶ月になったら気をつけないといけないけど、今の時期は大丈夫。」
「今日はお腹の張りがなくて調子がいいから大丈夫よ。」

など、身体の状態を具体的に伝えつつ、自分(女性)の要望も伝え、常にパートナーと歩み寄ったコミュニケーションをとっていく努力や工夫、時間が必要です。

そして、こまめに伝えれば伝えるほど、相手との関係も密になります。基本的に、男性は女性の身体の状態を察することはできないため(と思って)、タイミングや容態についての連絡は、1度きりで終わらせないようにしてくださいね。

2. 産後のナイトタイムの切り替えスイッチは、女性が「主導権」を握って!


Pixabay

また、産後は24時間体制の子育てに入り、夫婦生活まで考えられない女性も多いはずです。
ただし、それは男性も同じ気持ちでいることを忘れずにいましょう。

最初の1~2か月は「仕方ないな。」と思っていてくれるかもしれませんが、そのうち子育て繁忙期はいつまでつづくのかもわからず、妻に対して自分はどうしてよいのかわからなくなってしまうことも多いようです。

また、母である女性も、夫に対し男性ではなく「父親」を求めがちになります。そのため、夫婦時間のナイトタイムもママパパモードスイッチが入った状態が日常化しがちです。

二人の時間が取れそうなときや一緒に過ごしたいと感じるときは、女性から「子どもは何時ころ寝るからあとで話したい。」とか「今日は体調もいいし、早く帰ってきて。」など、分かりやすい二人のコミュニケーションを取り、その切り替えスイッチをつくっておきましょう。

恥ずかしいと感じる人もいるでしょうが、女性が主導権を握っていいのです。

妻からの解禁合図がなければ、ずっとセックスレス……っていうこともあり得るのです。

3. 男と女でいるために、夫婦のルールを決める


Pixabay

実は、男性の心理をリーディングさせていただくと気づくのは、女性よりも男性の方が性に関して繊細だなということ。妻を「母=お母さん」としてしか見れなくなると、性欲は下がってしまうのです。
たとえば、

  • 二人でいるときにも子供の話ばかりしてしまう。
  • 家族で仲良くお風呂に入っている。
  • バストを隠さずに母乳をあげている。

というのは、NGです。

これらは一見仲良しで温かい家族ですよね?

ですが、男性は、妻は今「母親になっている」ようにしか見えなくなってくるのです。

妻が夫と二人きりのときに子どもの話ばかりしていると、折角の夫婦の時間を大切に過ごそうという気持ちを妨げてしまうのです。夫婦時間の際には、子どもの話は手短に話し、彼(夫)に向き合う時間として簡単なルールをつくるのもオススメです。

  1. 夜夫婦2人の時は、子どもの話は控える。
  2. 家族(夫婦&子ども)でお風呂に入らない。
  3. 母乳をあげるときは、バストも隠す。

は、とくに注意してみてくださいね。

4. 外見も意識して「ファッション・体型に油断禁物!」


GIRLY DROP

2.のように、男性の心理を知ると妻も努力しなくてはならない点がちょこちょこあります。

男性は、女性よりも外見で女性性を感じやすい生き物。
産後に夫が妻を「女」として視覚的にも意識できるかは、妻の外見への気遣いも必要です。

女性は出産によって体型が変わる、服装が変わる、これは仕方がないことです。ですが、頭でわかることと感じることが異なるのもまた真理なのです。

セックスレスを男性のせいばかりにはできませんよね。

子育てにかまけていつもノーメイクとか、母乳育児のためにいつも同じ格好をしているというのはやはり、避けたいもの。

男性の大半はスカートまたは、身体のラインが見える服を着ているスタイルを好みます。出かけるときや二人で一緒に過ごすときは、できる限り彼の好みに合わせるなど、おしゃれすることも心がけてみてはいかがでしょうか。

出産後すぐから無理なダイエットは禁物ですが、母乳育児をしている場合、出産半年後頃から体重は産前+2~3キロぐらいまでに落ち着いてくるといわれています。

その後、授乳中と同じペースでの食事や間食を食べ過ぎることがないよう意識し、体調管理や産後太りに気を付けましょう。

5. 男性心理を知る(愛と性欲は別物)


Pixabay

出産後の回復がおもわしくない、子育てが大変で余裕がなく性的なことは避けたいなど、子育てしながら体力的に余裕がなくなることも少なくありません。

夫(男性)の性欲が強いカップルの場合、我慢の限界を超え、浮気ではないものの外に性的な出口を求める場合もあります。

そんな事実が判明してしまったとき傷ついて落ち込む、もっと自分に自信をなくしてしまう、また怒りの感情が止まらないなど、パニックになった女性が相談にいらっしゃることも稀ではありません。

ここで多くの女性に知っていて欲しいことは、ときに男性にとって「愛と制欲は別もの」
ということです。

夫(男性)の性欲の我慢にも限界がきてしまう場合があります。
パートナーとの関係が幸せに保ていれば、外に求めることはないはずと思いたいですが、お金で刺激は買うことができるのです。

そんなときは、今までのことをおさらいしてみてください。

・妻(女性)からの「コミュニケーション」や「タイミング」表示
・「母親」と」「妻」の切り替えをつける
・「外見」を変えてみる

それだけで効果があるはずです。

また、子育てや家事、仕事を頑張っている自分たち自身へのご褒美として、たまには子どもを預けて夫婦で出かけるのもとっても素晴らしいことです!!

それだけでお互い自然に切り替えができるので、ぜひ積極的に夫婦水入らずの時間計画してみてくださいね。

6. 小料理屋の女将さんをモデルに「癒し」、「応援」してあげよう!


Pixabay

最後に、セックスレス対策というだけではなく男女関係全般にいえることですが、パートナー(夫)を癒し、自尊心を高めることが夫婦がうまくいくなによりの秘訣です。

ドラマや映画によく出てくる、カウンター越しで割烹着を着た馴染みの女将さんとの会話の場面があります。

年を重ねていくごとに、男性は小料理屋の女将さんが大好きになります。
あったかく、いつでも自分の話を聞いてくれて、励ましてくれたり、気をつかってくれたり、優しくしてくれるからです。

これらは、女将の食事がおいしいとか、色気があることとは別の話です。

目の前にいつでも受け入れてくれて、気を遣ってくれる女性がいると男性は素直に嬉しいのです。

わざわざお金を払って別の女性に会いに出かけなくても、それって家庭にあれば十分ではないのと思いませんか?

家庭でそれを提供してくれるパートナー(妻)がいたら、外で求める必要はないですよね。ですが、妻にゆとりや癒しがない場合、外に気をつかってくれる女性がいたら、自然と外に求めてしまうかもしれませんよね?

決して、ドラマや映画に登場するような小料理屋の女将になれなくても、夫に関心を寄せて

♦ 話を聞いてあげる
♦ 励まし応援する
♦ 一緒に笑う

こんな光景をイメージしてください。


Pixabay

ここに、おいしい料理があるとさらに嬉しいでしょうが、難しいときは

  • 缶ビールをコップに注ぐ
  • 冷凍の枝豆を急いで解凍し、お皿に出す
  • お茶を淹れてあげる

という簡単なものでもいいのです。

多くの男性は、外で仕事し、社会と戦っています。

だからこそ、なにか特別なことを妻に望んでいるのではなく、たったお茶を淹れるだけで男性の心は癒されるのです。

そういうパートナー(妻)の存在があるだけで男性(夫)の自尊心は高まり、自信がつきます。それと同時に、なによりも「妻は、大切で愛しい存在」と認識されていくのです。

いつまでも豊かなパートナーシップを築くための6つの秘訣~まとめ~


Pixabay

いかがでしたか。
いつまでも豊かなパートナーシップを築くための6つの秘訣をここでおさらいします。

  1. 身体の状態は、妻から積極的に伝えよう!
  2. 産後のナイトタイムの切り替えスイッチは女性が主導権で!
  3. 男と女でいるために、夫婦のルールを決める
  4. 見た目も意識して「ファッション・体型に油断禁物!」
  5. 男性心理を知る(愛と性欲は別物)
  6. 小料理屋の女将さんをモデルに、「癒し、応援」してあげよう!

この6つの秘策をおさらいしてみると、男性(夫)も女性(妻)と同じように、心と身体の両方が満たされた夫婦生活を望んでいるということが理解できると思います。

セックスレスを相手のせいにするのではなく、まずは自分から行動をおこしてみませんか。これらの6つのことを日ごろから女性(妻)が心得、気を配っていると自ずと男性(夫)も変わってくるはずです。

身体としての女性性と同時に、あなたの心からの癒しや愛によって「妻を大切にしたい。」という男性(夫)感情が沸き上がり、自然と求められるはずです。


Pixabay

人間のセックスとは好みも多様で、生殖目的以外にも機能されるため、生物学的にもとても神秘的であり無限の愛の行為です。

夫婦関係では、深いつながりを感じる心も身体も精神もともに共感しあい、癒し癒される深い愛の行為なのです。

多くを語る必要がないけれど、お互いが優しい気持ちになり、とても満たされる充足感があるもの。
年齢を重ねるごとにたとえ回数が少なくても、こういった深い繋がりをお互いに経験している場合には、セックスレスにはなりにくいはずです。

このような夫婦のセックスは、独身時代の恋愛や情熱、刺激を求めてするセックスとは異なるおだやかなものかもしれません。

ですが、夫婦の性と愛の深い行為であると認識できることは、男女共通したものであり、パートナーシップの賜物(たまもの)でもあるでしょう。

これらはとてもシンプルなことなのです。

相手を大切に想い、丁寧に接する。実は、それが男性性を支え、夫婦生活も豊かになることにつながります。

男性の心理を知り、女性の愛でそれを受け入れ支えていくことで、セックスレスを回避するだけではなく、男女の豊かなパートナーシップを築くことに繋がるのです。

母のまま、女らしさを置いたまま子育てばかりに熱中していると、これら6つのことはついつい後回しにされ、忘れやすくなるものです。

度々意識して、ぜひ、いつまでも深く愛し愛され、豊かにうつしく輝き、幸せな女性の人生を歩んでくださいね。
 
織姫・彦星の七夕大恋愛から学ぶ、気学相性判断!パートナー&気になる彼との相性は?
 
 
内側からキレイになりたい人のきっかけになる!
岡山県吉備産の厳選食材70種類以上を使用、3年以上長期熟成発酵、残留農薬ゼロ、「植物性乳酸菌発酵飲料ファストザイム720㎖」はこちらから。

「10年先の私をつくる」美と健康の最新情報
HACCOBEのキャンペーン企画をいち早くお届け!
LINE@バナー
 

スピリチュアルカウンセラー 蒼井 聖子
サロン経営コンサルタント/九星気学カウンセラー/スピリチュアルカウンセラー
統計学や、スピリチュアルにより、人生を謳歌し、幸せな人を増やしていけることが私の最大の喜びです。
2015年10月より本格的にカウンセラー活動を始め、2017年7月現在、セッション件数累計800件、カウンセラー育成30名以上

ピックアップ記事

  1. 産前・産後のセックスレスを解消するヒント!男性と女性の違いを理解して、豊かなパー…
  2. もしかして、産後うつ?!産後うつの具体的な症状と効果的な対処法について。
  3. 新しい環境で「楽しい人間関係をつくる」5つのヒント!
  4. 「温め食材」切干大根の旨みたっぷりレシピ。煮物だけじゃない活用レシピと正しい戻し…
  5. なぜ、オーガニック先進国ドイツでオーガニックがここまで広まったのか。パーソナルベ…

関連記事

  1. 日の出画像

    Spiritual スピリチュアル

    【2018年運勢!】生まれながらの本命星と今年の運勢は!?

    「本命星」とは、あなたが本来持っている特性、気(エネルギー)前回の…

  2. Reading よみもの

    国連・欧州最新レポート「100%有機農業で世界人口を養う!」

    今日、世界の農業は過去にみないほどの集約化、工業化、大規模化をむかえ、…

  3. 花粉症対策

    Aroma & Herbs 植物療法

    大人も子どもも、どうしてる花粉症対策?!おすすめハーブと食事はこれ!

    この時期猛威をふるう「花粉症」。今回はその対策策として、おすすめのハー…

  4. Spiritual スピリチュアル

    財布は、いつが替えどき?〜あなたの人生を豊かにする金運のお財布替えどきと、扱い方

    お金の増やし方、誰もが気になることですよね。人間はお金によって、自給自…

  5. 天の川画像

    Reading よみもの

    織姫・彦星の七夕大恋愛から学ぶ、気学相性判断!パートナー&気になる彼との相性は?

    七夕の物語は、世界中に人気あるロマンスストーリー2000年前の中国…

RECOMMENDED COLUMN

  1. 天の川画像
  2. ツヴェルベリッヒ(Zwölberich)画像

HACCOBEキャンペーン企画


Info



READING








HACCOBE COLUMINIST

  • HACCOBE 編集部
  • ゆったりマクロビ美人食 松崎 恭子
  • オーガニック専門家 レムケなつこ
  • 植物療法コンサルタント 井上知佳
  • スピリチュアルカウンセラー 蒼井 聖子
  • ファミリーコーディネーター 加藤由香里
  • 料理家、ローフードベジ料理教室happycheesekitchen 主宰chie
  • ディライトフルデザイナー ディアナ幡司しのぶ
  • 健康ライフコーディネーター 柳樂 いづみ
  • 「マナヨガ」代表 yuuka
  • マスターオーガニックコーディネーター KAERU
  • 体質改善オーガニック料理研究家 楳村郁子
  • パリ在住 パリコレヘアースタイリスト Tsume & トップセラピスト Yuki
  • shinozaki fusako

RECENT POST





HACCOBE運営企業 株式会社セルアップは、株式会社グローリー・インターナショナル社 Fastzyme(ファストザイム)720㎖の総代理店です。
  1. Wellness ウェルネス

    風邪やインフルエンザにオススメの「植物療法(フィトセラピー)」
  2. Fermentation 発酵

    甘酒はダイエットに効果的?その効果的な取り入れ方とは。
  3. 緑背景画像

    HACCOBEについて

    HACCOBEでは、専門家コラムニストを募集しています。
  4. Organic(オーガニック)

    なぜ、オーガニック先進国ドイツでオーガニックがここまで広まったのか。パーソナルベ…
  5. 酵素玄米画像1

    Recipe レシピ

    実は簡単!「酵素玄米」をつくろう。美容・ダイエット・腸活におすすめ、酵素玄米の効…
PAGE TOP