ハーブと塩画像

Food 食

おいしく体にいい「塩」の選び方~海塩、岩塩、湖塩、精製塩の違いは?!毎日の健康を左右する塩の選び方


毎日の食生活で、私たちが1番とり入れている調味料といえば、「塩」ですよね。

スーパーにも何通りもの種類があり、外食でもこだわりの塩をウリにしているところもあるほど。

身近であり、奥深い食材の1つです。

塩の大切な働きの1つとしては、「塩味、しょっぱい味」をつけること。

塩味がつけばどれでも同じではありません。しょっぱさというのは、塩の魅力の1つでしかありません。

塩の魅力は「旨み」であり、さらに塩には食感の違いもあります。

また、「塩」の選び方1つで、料理全体の風味に格段に違いが生まれ、健康や美容にも大きな影響を与えます。

どんな料理にも欠かせない「塩」。

今回は、塩の種類とその特徴、そして健康と美容をサポートしてくれる体にやさしい塩の選び方、おいしい塩を簡単に見分けるポイントまで紹介しています。

「自然塩(天然塩)」と「精製塩」の違いは?

塩画像
photo AC

まず最初に、塩の種類を分類する上で大切なことは、「自然塩(天然塩)」か「精製塩」か、ということです。

塩は、海塩または岩塩、湖塩がありますが、どれも自然な原料です。

そのため、「塩って、全て自然のものなのでは?」と不思議に感じられるかもしれません。

ですが、原料は自然でも「精製法」の違いがあり、化学的な処理をされたものは「自然」とはいい難いものへと変化してしまいます。

自然塩(天然塩)とは

自然塩画像
photo AC

自然塩とは、自然な方法で精製され、塩化ナトリウム以外のミネラル分が多く残った塩のことをいいます。

自然な精製法としては「天日」「平釜」などの方法があります。

化学的な力ではなく、物理的な自然な力を使って水分をとる方法です。

また、ミネラル分が多く残っているため、塩味だけでなく「旨み」も感じられるのが特徴です。

「自然塩・天然塩」という言葉には、法律上(表示上の規定など)明確な基準がないため、精製法や製法が自然なものを指す場合もあります。

また、ミネラルを豊富に残した塩を、自然塩としている場合もあります。

精製塩とは

精製塩画像
photo AC

一方で精製塩は、精製の方法が自然ではなく化学的に精製されてつくられます。

イオン交換膜法」という方法で、純粋な塩成分である「塩化ナトリウム(Nacl)」を99%以上という高い濃度で含有している塩です。

塩化ナトリウムの濃度が高いため、「塩味」が濃く、塩辛さが立っている風味になり、その他のミネラル分をほとんど含まないため、旨みもほとんど感じられません。

水分もほぼ含まないため、サラサラとしていて、水分にとけやすい性質があります。

自然塩でも精製塩でもない「再生加工塩」とは

塩画像2
photo AC

上記、2つの製法のどちらにも属さない塩で「再生加工塩」というものがあります。

「〇〇の塩」というように、地名のついた塩の多くは、この塩にあたります。

これらの塩は、海外から輸入された高純度の自然海塩や精製塩(イオン交換膜法の塩)を1度日本の海水(または水)にとかし、再び結晶化(精製)して塩にしたものです。

日本に持ち込んだ後、再度、水や海水にとかしたときに、ニガリを混ぜミネラル分を調節することもあります。

自然塩として分類されることもありますし、人工的に成分を調整することもあるため、自然塩ではないとみる場合もあります。

イオン交換膜法の精製塩と比べると、ミネラル分を多く含んでいるため、より旨みを感じます。

再生加工塩も原料となる塩の産地や種類、とかす海水、再び結晶化する際の方法など、塩によって加工法が異なるため、それぞれの製品で味や含まれる成分に違いがあります。

塩の原料による違い

塩の平原画像
pixabay

このように、塩には大きく分けて「自然塩」「精製塩」とさらに「再生加工塩」があります。

そして、もう1つの分類として「原料による違い」があります。

大きく分けて、海塩・岩塩・湖塩の3つです。

「海塩」は、ミネラル豊富な海の塩

海画像
pixabay

上記、分類でもあったように、海塩は、「自然塩、精製塩、再生加工塩」という3種類に分けられます。

自然塩は、水分を自然な力で除くため、ニガリ成分であるマグネシウム、カルシウム、カリウムなどのミネラルが豊富に含まれています。

ニガリ成分であるこの3つのミネラルと比較すると極微量ではありますが、海塩には本来70種ほどのミネラルが含まれています。

製品により大きく異なりますが、これら塩化ナトリウム以外のミネラル分は多いもので5%ほども含まれる場合もあります。

さらに水分も含まれるしっとりした塩では、塩化ナトリウム以外の成分の合計が20%ほどのものもあります。

このような塩は、舐めると旨みが感じられ、料理もとても美味しく仕上がります。

「岩塩」ってどんな塩?岩塩は自然塩?

岩塩の山
photo AC

岩塩とは、数億年前から数千年前の地殻変動により、海水が隆起した地上に溜まり、その後水分が蒸発・結晶化、地中で圧縮されてできた塩のことをいいます。

塩の化石のような状態です。

そのため、海塩と違い「精製をする」必要がなく、採掘をして原料の塩を採ります。

岩塩は日本には存在しないため、全て外国産ということになります。

ピンクソルト2
photo AC

ピンクソルトなど、きれいな石のような塩が売られていることがありますよね。それは、岩塩の1種です。

採掘地などによって、色や成分にも様々な特徴があります。

このように岩塩は、化学的は処理が行われないため、多くの場合、自然塩として流通しています。

また、成分も海塩とは大きく異なります。
もとは海水ですが、長い時間の経過とともにミネラルが減少した状態です。

しかし、岩塩は「ミネラルが豊富」といわれることがあります。

確かに製品によっては、多種のミネラルが微量に含まれるものもありますが、一般的に塩のミネラル分とされる「マグネシウム、カルシウム、カリウム」などの総量は少ないのが特徴です。

そのため、ミネラルが豊富な自然海塩と比較すると、味はピリッと塩味が強く感じられるものが多いです。

海塩よりも固くてとけづらい性質であるため、煮物やソースの味付けに使う、ドレッシングに混ぜる、というような使い方よりも、スパイスのような感覚で使うのがおすすめです。

しっかりとした塩味が素材を引き立てるように、ソテーやグリルの味付けにするなど、好みでお料理にふって、用います。

また、海の素材は海の塩、山の素材は山の塩が合うということから、飲食店などではステーキなどに使われることもあります。

湖塩

ウユニ塩湖画像
pixabay

世界には、真水ではなく塩水の湖が存在します。

湖塩は、海水の湖の水を採取して精製したものになります。

岩塩と同じく、塩水の湖自体が日本にはないため、全て外国産です。

成分は、海水塩ほどは多くのミネラルを含みませんが、岩塩よりは多いものが一般的です。

湖塩も産地によって様々な風味のものがあります。

料理には、海水塩と同じように使うことができます。

湖の塩は、生産が限られているため、他の塩よりも高価で貴重なものになります。

「自然塩」「天然塩」と表示されない

塩4
pixabay

塩の種類や特徴についてわかったところで、次に、実際に購入する時に気をつけたいことを確認してみましょう。

おいしい塩が食べたいので、自然塩を購入しようと思った場合、残念ながら、「自然塩」「天然塩」の表示の塩をみつけることはできません。

これは、法的な規制によるもので、商品にそうした表示を行わないようになっています。

消費者の誤解をまねくということで、

「天然」、「自然」又はこれらに類する用語は、「天然塩」、「自然塩」等、塩を直接修飾する表現として使用することはできない。
「食用塩の表示に関する公正競争規約および施行規則」食用塩公正取引協議会 平成28年11月2日 11ページ http://www.jfftc.org/rule_kiyaku/pdf_kiyaku_hyouji/030.pdf

とされており、食用塩における「自然塩」「天然塩」およびこれらに類する用語を表示することは、広告、商品説明なども含めて禁止されているということが、その理由です。

自然塩と精製塩の簡単な見分け方

「自然塩」という表示がなくても、自然でおいしい塩を見分ける簡単な方法があります。

ポイントは2点です。

精製方法を確認する

自然塩は、精製法の表示のところに「天日」「平釜」など、自然な精製法が明記されています。

一方で、精製塩の精製法を見ると「イオン交換膜法」という表示がみられます。

このように、表示を確認するだけで簡単に見分けることができます。

栄養表示を確認する

精製塩は、塩化ナトリウムが99%以上含まれているものです。

そのため、栄養表示にある「塩化ナトリウムの含有量」を確認してみると、すぐに見分けることができます。

自然塩は、マグネシウム、カルシウム、カリウムなどの他のミネラルを豊富に含んでいます。

種類豊富な自然な海塩を使いこなすには?

塩3
pixabay

まず大切にしたい「塩」を選ぶポイントとして、「自然塩」であることがあげられます。

また、「海塩」にするか「岩塩」にするか、という選択肢もあります。

さらに、自然な海塩を選ぶ場合は、その中でも様々な種類のものがありますよね。
それらの種類と特徴がわかると、いつもの料理が更にランクアップします。

あら塩

あら塩は、広義ではミネラルを含んだ自然海塩を指すことがあります。

その中でも、特に粒子が粗く、しっとりとしたものを「あら塩」として使うことが多いです。

煮物や塩もみや炊飯、お肉や魚の味付けなど、様々な料理に広く使われます。

焼き塩

焼き塩は、あら塩などのしっとりとした自然海塩をさらに高温で焼いたものです。

水分がほとんどなくなるため、さらさらとしています。
均一に薄く、ふり塩をしたいときに便利です。

また、高温で焼くことから不純物も少なくなり、水分が減り、ミネラルの割合が高まるため、旨みをより強く感じられるのが特徴です。

粒子が細かく、とけやすい性質のため、どんな料理にも素早くなじみます。

焼き塩は、あら塩より高価な印象が強いですが、その分料理の旨みを引き出してくれます。

塩もみなどで塩が出てしまうような料理で使うのはもったいなく感じるかもしれませんが、よりおいしく仕上げたいとき、様々な料理に使うことができます。

干し塩

干し塩は、天日に干して精製した塩で、カリカリとした粒状の形が特徴的です。

太陽の熱や風でじっくりと精製されるため、結晶が大きくニガリ成分も豊富に含みます。

お料理の仕上げにパラパラとふったり、食感を楽しめる料理のアクセントにもぴったりです。

とけにくいので、煮るなどの調理法よりも、カリッとした食感と旨味を楽しむような使い方をします。

岩塩と同じような感覚で使えるお塩です。

ミネラルたっぷりの「塩」は、美容と健康にもいい!

美容健康画像女性
photo AC

おいしい塩の選び方のポイントととして、「自然な塩か、ミネラルがあるか」ということですが、自然で、ミネラル豊富な塩は、健康と美容にもおすすめです。

1度に塩を使う量はわずかですし、また、自然塩に含まれるミネラルは他の食材と比べると微量のため、ミネラルを満たすための食材としては十分でないかもしれません。

ですが、自然な海塩のミネラルバランスは、人体のミネラルバランスと近いという特徴があります。

そのため、体内に入ったときにミネラルのバランスを崩しづらくなります。

そこが、精製塩と自然塩の大きな違いといわれています。

また、微量ではありますが、自然塩は多種のミネラルを含んでいます。

いうまでもなく、精製塩を使うか、それとも多種のミネラルを含む自然塩を使うかは、私たちの身体にとって長期的に「大きな差」が生まれることも無視はできません。

女性髪
photo AC

ミネラルは、身体の機能の調整役であり、体の材料の一部として使われています(骨など)。

不足すると新陳代謝が落ちる、ホルモンバランスが崩れるなどの影響があり、肌や髪の健康な美しさも失われやすくなります。

体内で存在するミネラルは、全体の4.53%ほどといわれ、必要とされる量は少量ですが、欠かすことができない栄養素です。

少量であっても、多種ミネラルが常に一定量必要であるということから、自然塩の大切さがわかりますよね。

さらに、ミネラルを豊富に含む塩は、シンプルでありながら、料理の風味をよくし、満足感を高めてくれます。

そのことが、過食や塩分の摂りすぎを防ぐことにも繋がります。

自然な塩は、美味しく、体にもやさしく、美容にもいい。
いいことづくしなんです。

是非、お気に入りの「塩」をみつけて、美味しく、健康的な食事を毎日楽しんでみてくださいね。

 
【日本の伝統発酵調味料 基本の話~その種類と正しい選び方】
 
 
酸化還元力のある塩、「竹焼き塩」

内側から美と健康をつくるきっかけになる。
ミネラル豊富な70種類の野菜、果物を3年半熟成発酵させた酵素飲料「ファストザイム720㎖」
キャンペーン企画バナー

HACCOBEキャンペーン企画、美と健康の最新情報はこちら。
LINE@バナー
 

ゆったりマクロビ美人食 松崎 恭子
マクロビオティック師範、管理栄養士。
東京・大塚にて毎月50人の生徒さんが通う人気マクロビオティック教室「ゆったりマクロビ美人食教室」を開催 。

マクロビオティックをベースに「体にやさしい&おいしい料理は、誰でも簡単にできる」方法を皆さんにお伝えすべく料理教室、講演、食事栄養コンサルティングにて活動中。


ピックアップ記事

  1. 世界最大級オーガニック見本市ビオファ2018年視察レポート
  2. 簡単、おいしく炊けてこそ、玄米ごはんをつづけられる。炊飯器で玄米をおいしく炊く方…
  3. 「三年番茶」の効能、ほうじ茶とは何が違うの?カフェインを控えたい人、冷え性対策に…
  4. 歳神様お迎えへのカウントダウン!新年に幸福と健康を招く、お正月準備のススメ
  5. 日本の伝統発酵調味料 基本の話~その種類と正しい選び方

関連記事

  1. お正月画像

    Reading よみもの

    歳神様お迎えへのカウントダウン!新年に幸福と健康を招く、お正月準備のススメ

    年末年始は、歳神様をお迎えする特別な期間なのはご存じですか。芸…

  2. Food 食

    雑誌掲載『美しくなるフードセラピー 夏』ファスティング特集にて紹介されました。

    雑誌掲載のお知らせHACCOBEにて紹介しているファスティング…

  3. 春チューリップ画像

    Reading よみもの

    新しい環境で「楽しい人間関係をつくる」5つのヒント!

    人間関係はトラブルもあるけれど、人生を豊かに変える価値あるもの…

  4. Reading よみもの

    そろそろ気になる、あなたの来年の運気は?9年の周期を知って、自分を最大限に活かそう!

    10月ごろから、来年の運気が公表される占い業界。その年の全体的な傾向と…

  5. Food 食

    おいしさ以上の意味をもつ「身土不二」上手に活用できていますか?健康的な美しさを叶える賢い食べ方とは。…

    スーパーでは通年置いてあることが当たり前のトマト、きゅうり、ナスやピー…

RECOMMENDED COLUMN

  1. 簡単白和え画像
  2. 冷え性女性
  3. 発酵美学画像
  4. 冬
  5. 日の出画像

HACCOBEキャンペーン企画


Info



READING








HACCOBE COLUMINIST

  • HACCOBE 編集部
  • ゆったりマクロビ美人食 松崎 恭子
  • オーガニック専門家 レムケなつこ
  • 植物療法コンサルタント 井上知佳
  • スピリチュアルカウンセラー 蒼井 聖子
  • ファミリーコーディネーター 加藤由香里
  • 料理家、ローフードベジ料理教室happycheesekitchen 主宰chie
  • ディライトフルデザイナー ディアナ幡司しのぶ
  • 健康ライフコーディネーター 柳樂 いづみ
  • 「マナヨガ」代表 yuuka
  • マスターオーガニックコーディネーター KAERU
  • 体質改善オーガニック料理研究家 楳村郁子
  • パリ在住 パリコレヘアースタイリスト Tsume & トップセラピスト Yuki

RECENT POST

  1. サプリメント画像
  2. 春チューリップ画像
  3. 発酵美学画像




HACCOBE運営企業 株式会社セルアップは、株式会社グローリー・インターナショナル社 Fastzyme(ファストザイム)720㎖の総代理店です。
  1. Organic(オーガニック)

    意外と知らない「日本茶」残留農薬の実態とオーガニックの真価を気づかせてくれる本物…
  2. ローパンプキンタルト画像

    Recipe レシピ

    【ローフードレシピ】ローパンプキンタルトつくり方。酵素たっぷりのスーパーヘルシー…
  3. 寝起きストレッチ

    Body カラダ

    【動画1】1日1分の簡単ボディメイク、腰痛改善・産後ママにも!「お膝パタパタスト…
  4. 手作り石鹸

    Beauty 美容

    「石鹸の基本」合成洗剤と石鹸の違いは?界面活性剤ってホントに悪いの?
  5. Reading よみもの

    「秋到来!おすすめのハーブは?!」気分が落ち込む、気温の変化、秋の夜長におすすめ…
PAGE TOP