春チューリップ画像

Reading よみもの

新しい環境で「楽しい人間関係をつくる」5つのヒント!


人間関係はトラブルもあるけれど、人生を豊かに変える価値あるもの

春になると、馴染んだ環境から新しい出会いの場・新しい環境へと移り変わる時期ですね。その新しい環境をワクワク楽しめる方もいる一方で、新しい出会いや人間関係が苦手と感じる方も多いかもしれません。

私も普段セッションをしている中で、人間関係の悩み・相談は、相談内容のベスト3に入ります。

人間関係=人生の学び
ともいえるぐらい、人間関係の悩みは、ときに心身に影響を与える大きな問題でもあり、人生どんな人でももっているテーマだからです。

ママ友のおつきあいや新たな出会いが苦手。
パーティーの参加も苦手。

という方も多いです。

私自身も知らない人が多い場で自分らしくいるのはあまり得意ではありませんが、苦手と感じているとますますその場が嫌に感じてしまうもの。

人間関係はトラブルや悩みの種になる一方で、「出会い」が人生を大きく変え、豊かにすることも少なくありません。

出逢いレストラン
pixabay

これまで苦手と感じていた新しい環境や出逢いで素晴らしい人間関係をつくれるとしたら、または、そこで一人でも素敵な出会いがあれば、それは人生を変えるような幸運なことかもしれません。

とくに新しい環境では、ほかの人も同じ状況や心細い気持ちであることが多いため、案外、交流のきっかけが出来やすいものです。その場にいる多くの人があなた自身と同じように感じているとしたら、「苦手!」のひと言で封印してしまうのは勿体ないかもしれませんね。

今回は、これからの時期に新しい環境でおつきあいを楽しめるようになっていく、そんなヒントをお伝えしたいと思います。

すべての人に好かれなくていい。心を分かちあえる人は、少人数からで。

友達と
pixabay

私がお会いした「人間関係が苦手!」「人に好かれない」と話している方の多くが、どんな人にも好かれようとして、「嫌われたくない!」と思っていることです。

誰かを好きと感じることは、反対に誰かはそうではないと感じることがあって当たり前のこと。だからといって、誰かと敵対関係になることでもありません。

自分を好きな人もいれば、そうでもない人もいる。」ぐらいな気持ちでいることが丁度いいのです。

もし、自分と気が合う人がいたら、「ラッキー!」ぐらいに思っておくと心が楽になります。

仕事関係人間関係
pixabay

また、なかには、初対面でも気が合うという方がいるでしょう。「気が合う」ということは、スピリチュアル的にいうと、同じ波動の者同士ということです。

人は、同じ波動(=エネルギーが合う)の人といると心地が良いのです。

一見ピンとこなくても、少しづつ会話を楽しむうちに、「だんだん気が合うな~。」と感じた場合は、同じ波動ということです。多くの場合、あなただけでなくお互いに気が合うと感じているのです。

どんな場にいても、無理に誰かに好かれようとしなくていいのです。
あなたと気が合う人は、たとえその場所でたった一人だとしても、十分なのです。

「この人が好き。」「この人と仲良くしたい!」という感情をお互いにもつことは、同じ波動を感じ合うことなので、ごく自然な原理です。

無理に愛想よくしたり、想ってもらおうとすると疲れます。また、相手にもプレッシャーになることも。ならば、自然にそう思える人(お互いの波動の合う人)が一人でもいたらラッキー!と思っているぐらいが、肩に力が入らなくていいのです。

有名女優さんでも努力している!人と話すきっかけづくりとは?

ある女優さんの話
pixabay

とはいえ、なにかを発しなければ、なかなか人とつながるきっかけをつくることは難しいものです。そこで、一つ上級編になりますが、

自分から挨拶する。
声をかける。

といったことをしていくこと。

ハードルが高い!と感じる方も多いかもしれませんね。
ですが、映画やドラマでも長年活躍している有名なある女優さんが話していた言葉があります。

昔は、人に話しかけることでさえ、恥ずかしかったです。それで、友達ができなかったことで辛い思いもした。でも思い切って、自分から声をかけるようにしたら、人と仲良するのが楽になり、友達ができるようになった。

自分から話しかける。たった、これだけのことで人と友達になれるのなら、全然難しくないと思った。

と話していて、それからはずっと撮影現場でもスタッフや役者仲間、後輩たちに必ず、自分から声をかけるのだそうです。

そして、気づいたらスタッフや共演者とお友達になっていることが多いのだそうです。

女性画像レストラン
pixabay

この女優さんの例は、人間のコミュニケーション心理をついたとても前向きな行動です。なぜなら、人から声をかけられて嫌だと感じる人は少ないからです。

そして、自分のことを気にしてほしい、気を使ってほしいと思う人が大半だからです。

もちろんシャイだったり、そのときのタイミングでいい返事が返ってこないこともあるかもしれません。

ですが、人の心理に「返報性の法則」 というものがあります。この返報性の法則とは、人は何か自分に施してくれた相手に対し、「恩返しをしたい!」と思う心理が働くことです。

上記の女優さんのように、日々の声かけをされている人に対し、声をかけられた側は、「今度は自分からも挨拶をお返ししよう!」と自然に思うようになるということです。

女優という職業は、常に新しい現場が多いもの。まわりの人が入れ替わる現場を共にしながらも撮影が終われば離れていくという不規則な関係性の中で、相手から話しかけられることはとても貴重なはず。

そんな第一声を相手からかけてもらえば、今度は自分からも挨拶を返したいなと思うものでしょう。それが返報性の心理が働くということです。このように、はじめに自分から挨拶することは、結果的に心地よい人間関係の構築をつくる一歩であるといえます。

綺麗でどんな人でも話しかけたくなるような魅力的な女優さんでさえ、このような努力されています。最初は思い切った勇気が必要だったようですが、今は当たり前におこなっているそうです。

ぜひ、初対面や知らない場所が苦手な人は有名女優さんでさえ努力していると思って、勇気を出して、挨拶を真似してみてくださいね!

苦手な人と付き合っていく場合はどうしたらいい?


pixabay

セッションで多いのが、

苦手な人がいるのですが、どうやって付き合っていったらいいですか?
というご相談です。ここでいう苦手な人というのは、

ネガティブな思考の人、人の悪口が絶えない人、対抗意識が強い、嫉妬深い人、意地悪で自分勝手な人…..など、いわゆる波動が低くなっている人です。

身の回りにそういう人がいると話を合わせるのが大変そうです。

そのような人とも無理に仲良くするとか、好かれようとするのは難しいこと。
先述のように、「気がが合う人=波動が合う人」でしたよね。ということは、そもそも波動が違えば気は合わないものなのです。

だとしたら、適当な距離間をとること。
それには、「ネガティブな関係や会話に関わらない。」「関心をもたれないようにする。」この二点がおすすめです。

なぜなら、合わないと思う相手のほうが、自分よりネガティブな思考をもっている場合、とても疲れてしまうからです。

負のエネルギーはポジティブの三倍強いといわれているぐらい、プラスのエネルギーを引っ張ります。

たとえば三人の中で一人ネガティブな思考の人がいると、(そのほかの二人がポジティブな波動を持っていても)二人とも疲れてしまいます。気をつかい疲れる、気持ちが重くなるなど、知らずしらずのうちに心にちょっとしたダメージを受けてしまいます。

いわゆるマイナスの気に触れてしまうのです。

悩み人間関係
pixabay

ほかの例だと、気が合わない人がいることで「場が変わる」という言葉があります。

何気なく提案したことを頭から否定されて自分の思うことをいいづらいような雰囲気にさせる、急に場を仕切られる、会話をしていても笑顔の人がいない(笑顔を出しづらい雰囲気)、やる気を出しづらい雰囲気になってしまうなど、このような居心地の悪い場の雰囲気を感じたり、経験されている人も多いと思います。

そういったことがある一人のネガティブな思考や思い込みからくる感情の波動で起こることがあるのです。

ですので、ネガティブな思考に真っ向から立ち向かうのはナンセンス。

そんなときおすすめなのが、ネガティブな話を振られたときは、「そうなのですね。全然知らなかったです。」とか、「それについては、わからないです。」と悪口やその場にいない人の話には関わらないようにすること。

一緒になっていいことはないため、一切関わらないことです。

人がネガティブな思考になってしまっている時は、とかく、人が上手くいっていることに対し、ネガティブに考える材料を探してしまうものです。週刊誌の記事が有名人のゴシップや不幸な話題が多いのはそのためです。

自分がその話し相手の関心とは対象外であると先に伝えてしまえば、それ以上その話を相手にさせることも、自分が同調することも避けることができます。

また、苦手な人から自分が親しくしたい距離よりも「もっと距離をちぢめてくるように感じる」「仲良くするのが辛くなっている」場合のケース。

その場合は、誰かその相手と気が合いそうな人をご紹介しましょう。(大勢の場だと、比較的紹介しやすいですよね。)

自分が思うよりも、距離感をちぢめてくる人は誰かを探している人が多いため、どなたをご紹介しても喜ばれることが多いです。

合わないと感じる人、悪い噂には関わらないことで自然とあなたから離れていくことでしょう。あくまでも、その人を敵にしたり、恨んだりせずに「上手に距離を置く」ことがおすすめです。

引っ込み思案さんの心得!みてくれている人はいるから、「諦めないで!!」

レストラン食事会画像
pixabay

複数人でのあつまりで、たとえ上手に会話ができなくても、誠実に話を聞いている姿勢や表情をみられていることがあります。そんな姿に、人柄を感じて声をかけてくださる方がいることって多いにあります。いや、むしろそんなことのほうが多いかもしれません。

上手に話すことができなくても聞き上手になるだけで、好かれることも大いにあります。

筆者のケースでは、とあるランチ会の席で主催のお隣の席の方が、独占してずっと話していたことがあります。ほかの方々が話せたのは3分程度の自己紹介のみ。残りの時間は、その隣の方の話を聞くことが大半でした。

ランチ会でずっと会話を独占していた方を除き、自己紹介をした方たちの数名同士で、後日交流が深まったというケースがあります。

人は同じ波動の人といると心地が良く感じるもの

友人
pixabay

人は同じ波動の人といると心地が良く感じます。それは雰囲気、仕草、佇まいだけでもわかるもの。言葉を超えるよい例です。

物事や他人への勝手な思い込み、ネガティブな感情を混同せず、相手を信じながらも他人のネガティブなことに一切関わらないようにすること。

そうすることで心をクリーンにしていくことができます。

心をクリーンにしておくと、自分が心地よいと感じる人(同じ波動の人)たちと長く良好な関係をつづけていけます。

このことは、無理せず、より良い人間関係をつづけるための究極のコツでもあります。

新しい環境での楽しい人間関係をつくる!5つのヒント「まとめ」

友人関係
pixabay

  1. 人との出会いや交流は、波動が合う人と出会うと上手くいく。
  2. 思い切って声をかけると、いい関係のきっかけをつくれる。
  3. ネガティブな方とは、適度な距離を置く。
  4. 喋らなくても、人はみている。話を聞く姿勢は大事。
  5. 自分の心をクリーンに保つことで、より心地よい人と繋がっていける。
  6. とくにこの春から新しい環境を迎えるという方はぜひ、この5点取り入れてみてくださいね!
     
    「2018年運勢!」生まれながらの本命星と今年の運勢は!?
     
     
    内側からキレイをつくるきっかけになる!
    キャンペーン企画バナー

    美と健康の旬の情報&HACCOBEキャンペーン企画をお届け!
    LINE@バナー
     

    スピリチュアルカウンセラー 蒼井 聖子
    サロン経営コンサルタント/九星気学カウンセラー/スピリチュアルカウンセラー
    統計学や、スピリチュアルにより、人生を謳歌し、幸せな人を増やしていけることが私の最大の喜びです。
    2015年10月より本格的にカウンセラー活動を始め、2017年7月現在、セッション件数累計800件、カウンセラー育成30名以上

ピックアップ記事

  1. 酒粕の栄養と驚くべき効能とは?栄養素を丸ごといかす!酒粕甘酒のつくり方。
  2. もしかして、産後うつ?!産後うつの具体的な症状と効果的な対処法について。
  3. 日本人の4人に1人が「花粉症」~今から始める花粉症対策について~
  4. 飲む発酵食品、Kombucha(コンブチャ)って!?
  5. いつものサラダがごちそうに!マクロビオティックの「食べる野菜ドレッシング」レシピ…

関連記事

  1. お正月画像

    Reading よみもの

    歳神様お迎えへのカウントダウン!新年に幸福と健康を招く、お正月準備のススメ

    年末年始は、歳神様をお迎えする特別な期間なのはご存じですか。芸…

  2. 天の川画像

    Reading よみもの

    織姫・彦星の七夕大恋愛から学ぶ、気学相性判断!パートナー&気になる彼との相性は?

    七夕の物語は、世界中に人気あるロマンスストーリー2000年前の中国…

  3. Mama&Baby 子育て

    環境ホルモンってなに?ひ孫の代まで影響。環境ホルモンについてわかりやすく解説!

    「環境ホルモン」は身体に悪い影響があるといわれ、その言葉も広く知られる…

  4. 親子画像

    Mama&Baby 子育て

    「親子の触れ合い(タッチ)」がもたらす効果とは

    「触れること、微笑むこと、優しい言葉をかけること、話を聞いてあげること…

RECOMMENDED COLUMN

  1. 手作り石鹸
  2. レムケ様撮影デメターコスメ

HACCOBEキャンペーン企画


Info

READING








HACCOBE COLUMINIST

  • HACCOBE 編集部
  • ゆったりマクロビ美人食 松崎 恭子
  • オーガニック専門家 レムケなつこ
  • 植物療法コンサルタント 井上知佳
  • スピリチュアルカウンセラー 蒼井 聖子
  • ファミリーコーディネーター 加藤由香里
  • 料理家、ローフードベジ料理教室happycheesekitchen 主宰chie
  • ディライトフルデザイナー ディアナ幡司しのぶ
  • 健康ライフコーディネーター 柳樂 いづみ
  • 「マナヨガ」代表 yuuka
  • マスターオーガニックコーディネーター KAERU
  • 体質改善オーガニック料理研究家 楳村郁子
  • パリ在住 パリコレヘアースタイリスト Tsume & トップセラピスト Yuki
  • shinozaki fusako

RECENT POST

  1. ローパンプキンタルト画像




HACCOBE運営企業 株式会社セルアップは、株式会社グローリー・インターナショナル社 Fastzyme(ファストザイム)720㎖の総代理店です。
  1. Reading よみもの

    実は簡単!基本の「昆布だし」取り方と「麺つゆ」作り方。失敗知らずなだし取り方2種…
  2. お正月画像

    Reading よみもの

    歳神様お迎えへのカウントダウン!新年に幸福と健康を招く、お正月準備のススメ
  3. Body カラダ

    ストレスが溜まるとどうして体調不良になるの?ストレスが身体に影響を及ぼすメカニズ…
  4. Organic(オーガニック)

    意外と知らない「日本茶」残留農薬の実態とオーガニックの真価を気づかせてくれる本物…
  5. 花粉症対策

    Aroma & Herbs 植物療法

    大人も子どもも、どうしてる花粉症対策?!おすすめハーブと食事はこれ!
PAGE TOP