Info お知らせ

【レムケなつこさんオーガニックセミナー&交流会】を終えて。セミナー風景&シェア


9/14(金)Ryozan Park様協賛、発酵美企画
ドイツ在住オーガニック専門家レムケなつこさんを講師にお招きし、事業者向けオーガニックセミナー&交流会を開催いたしました。

24名のオーガニック事業者・プレ起業家の方々にご参加頂き、盛況のうちに終了いたしました。

ご参加頂いた皆さま、ありがとうございました。

セミナー風景はこちら。

『オーガニックとは?』というなつこさんの問いかけからスタート!

開始早々、皆さんなつこさんの話に真剣に耳を傾け、メモを取ったり、セミナー中動画を撮影したり。

オーガニックとは何か?からはじまり、なぜ、オーガニックを選ぶのか?

お洒落、身体にやさしい、環境にいいという印象でオーガニックを選んでいるという人も多いかもしれませんが、それは一側面に過ぎず、オーガニックのもつ本当の可能性はもっと深く、多面的で、オーがニックとは、そこに関わる全ての命が幸せになる仕組みであるということ、とおっしゃるなつこさん。

そこに関わる全ての命とは、「作り手→売り手→買い手」というこの行程に関わる人、動植物、微生物などの目にはみえない小さな命、次世代のまだ見ぬ命、自然環境まで含めた命( オーガニックって、結局なに?を参照)

その他、国内外のオーガニック基準の比較、オーガニックとは切り離して考えられない有害化学物質について、メディアでは表に出てこない話まで、なつこさんのもっている知識・情報を惜しみなくシェア下さった貴重な二時間でした。

中でも、オーガニックとは切り離せない関係にある有害化学物質、「農薬と環境ホルモン」については、多くの方が関心が高かったテーマ!

普段購入する野菜。無農薬でなければ、残留農薬気になりますよね。

恐ろしい農薬ですが、長期暴露すると、がんや腫瘍、アレルギー、死産・奇形、鬱、パーキンソン病などの病気が発生するという報告があるそうです。

皆さんは、気になる野菜や果物の残留農薬を落としてから食べていませんか?
それは、どんな方法でしょうか。

なつこさん曰く、どんな方法であっても、農薬を落とすのは危険!
食材の農薬を落とそうと頑張るのは、かえって毒性を増したりするので今すぐやめましょう!!

では、どうしたらいいか?

身体に入った有害物質を落とす=デトックスする

ということ。

完全オーガニック食を食べることで体内の残留農薬が排除されるという研究結果もあるそうです。

なぜ、農薬を落とす方法がいけないのか?

気になりますよね。

理由は、少し長くなってしまうのでまた別の機会にご紹介したいと思いますが、とにかくこれを読んでいる方は、今すぐやめましょう。

気になる方は、ぜひなつこさんの無料メルマガもご覧になってみてくださいね。
 
そして、今、日本に必要なのは「教育」と、エビデンスとパッションをもって伝えて下さるなつこさんのお姿がとても頼もしく、集まった事業者(プレ起業家)の皆さんをセミナー中も温かく、力強くリード。

皆さんそれぞれ、ここからまた何かがはじまっていく…そんなただならぬ予感も。

事業者向けということもあり、和やかだけれど、これまでの発酵美のイベントとはひと味もふた味も異なった空間でした。

「もっと、お話し聞きたかった。」「会場、雰囲気、全てが素晴らしかった。」「今日得た情報を、日常にいかしていきます。」「次回も楽しみにしてます!」など、参加者様から直接ご感想もいただき、主催者側も、なつこさんや皆さまから多くの刺激を頂いた1日となりました。

そして、後半の交流会では、みどりえさんのオーガニック弁当と、NODOKAさんのオーガニック玄米茶を頂きながら、皆さんと意見交換や情報交換。

みどりえさんのお野菜中心のオーがニック弁当は大好評でした!

交流会は、こちらのオーガニック玄米茶で。NODOKAさんのお茶でホッと一息、皆さんリラックスしたご様子でした。

長年、業界に携わっている方ほど、時にどうしようもなく不条理なことに出会ったり、一個人ではどうしようもなく大きな力(壁)にぶち当たることがあるかもしれません。

そんなとき、自分一人ではどうしようもできないけれど、同じように感じている多くの仲間や協力者がいるということ。

(会場に集まった皆さんのような仲間がいると思うと、心強いし、勇気もわいてきます。一人じゃないと思うと何だかわくわくしてきませんか。時折、今回のセミナーを思い出して貰えると嬉しいな!なんて。)

いきなり、なつこさんのいるドイツのようなオーガニック生活は無理かもしれない。

けれど、そこに1㎝でも近づくような努力を消費者一人ひとりがすることができれば、さらに多くの作り手、売り手、買い手の意識が変わっていき、やがてそれが、政治家を動かし、国の方針を変えていける。

なつこさんがおっしゃるとおり、いつか誰かがよくしてくれると人任せにするのではなく、一人ひとりが動いていくことで社会を変えていく。

このように、日本のオーガニック事情を大きく変えていくことができるのではないでしょうか。

一消費者・一事業者として日々何を選択し、どう行動していくか?を参加者皆さんと共有し、再認識した時間だったように感じます。

何からはじめたらいい?今すぐできることは??

実際、数名の方と話してみると、

無理のない範囲で、オーガニック食材を選ぶよう意識している。
オーガニックコスメを愛用している。
オーガニックについて学んでいる。

など、消費者として、日々できることを無理のない範囲ですでに取りくんでいるという方がほとんどでした。

中には、長年家庭で無農薬野菜を育てているので、野菜は購入したことがない。

という方も。

まずは、オーガニックを知って、「ちょっぴりいいことだったら、買ってみよう。」くらいの気持ちではじめてみる。

人任せにしないという意味では、事業者は、消費者がより購入しやすくなる工夫をこれまでと同じように(もしくは、これまで以上に)継続していくということも必要かもしれません。

オーガニックを武器にしたいと思う起業家が増えればふえるほど、オーガニックが確実に広まっていく、そう信じて講師をやってきたとおっしゃるなつこさん。

今回は事業者向けのセミナー内容でしたが、ぜひ次回は一般の方にも聞いてもらいたい!そんな機会をつくりたいと思っています。

 

左から、NODOKA洪さん、講師のレムケなつこさん、Ryozan Park代表竹沢さん

今回、会場提供を快諾下さったレンタルオフィス、コワーキングスペースRyozan Park代表 竹沢様のおかげで、素晴らしい空間で皆さんと有意義な時間を共有することができました。

また、交流会時に国内産オーガニック茶をご提供下さったNODOKA ORGANIC JAPANESE TEA 洪様、ご協力ありがとうございました。

なつこさんからのお声がけで開催決定した今回の企画。

なつこさんには、大変お忙しい中開催に向けての準備にもご尽力下さり、素晴らしいセミナーを提供いただき感謝の気持ちでいっぱいです。

参加者の皆さん、講師のなつこさん、Ryozan park 竹沢様ならびにスタッフの皆さまありがとうございました。

HACCOBE-発酵美-

 
オーガニック専門家レムケなつこ氏のオーガニックコラムはこちら
 

次回の発酵美企画は、10/20(土)雑誌VEGGYさんのキッチンスタジオにて、オーガニック石鹸作りWSを開催!
詳細は、こちら
 
 
洗って使える!オーストラリア発オーガニックコットンエコラップ

しっとり、使い心地がやさしいSoap Elementsの自然石鹸

LINE@バナー
 

HACCOBE 編集部
『HACCOBEー発酵美ー』編集部です。
「10年先のわたしをつくる」をコンセプトに、美・健康・食・オーガニックの情報を発信。
10年、20年先の自分をつくるために、有益だと思われる情報の中から、一つひとつ自分に合うものを選択し、取り入れ、役立てていく。そんな風に日常を過ごしている方にとって、ときに「拠りどころ」となり、「暮らしのヒント」となる美と健康の情報の提供・提案を目指しています。

ピックアップ記事

  1. 甘酒はダイエットに効果的?その効果的な取り入れ方とは。
  2. 「腸内環境が鍵!」花粉症の季節におすすめの免疫力を整える食品と食事法
  3. 現代人のほとんどが砂糖中毒?!ドラッグより怖い….あなたは砂糖中毒か…
  4. 【10分レシピ】冷蔵庫と調味料の整理を兼ねた常備菜、ピクルスの絶対失敗しない作り…
  5. パーティーにも大人気!「ハロウィンかぼちゃレシピ」丸ごとかぼちゃのベジチーズ&#…

関連記事

  1. レムケ様撮影デメターコスメ

    Beauty 美容

    世界がハマる!ドイツ発オーガニックコスメブランドをご紹介。

    日本でも大流行のオーガニックコスメ。オーガニックコスメとは有機…

  2. Info お知らせ

    【新春発酵教室のお知らせ】豆味噌作り教室@代々木~11月22日15時より受付開始

    多くの方にお問い合わせ頂いていた味噌作り教室を2019年も開催致します…

  3. Food 食

    体質改善と健康を気にする人のための安全な油の選び方

    もし、あなたが体質改善したいなと考えているならとくに、日常的につかって…

  4. Info お知らせ

    終了【10/20(土)自然石鹸手作りWorkshop】Soap Elements ×HACCOBE-…

    当WSは終了致しました。ご参加の皆さま、ありがとうございました。…

  5. Info お知らせ

    終了「ローフード・発酵Lab」HACCOBE×Happycheesekitchen 2月開催のお知ら…

    「10年先の私をつくる」をコンセプトに美と健康の情報をお届けしているH…

  6. Info お知らせ

    HACCOBE-発酵美-インスタグラム春のキャンペーン当選者様ご紹介

    3月~4月の一か月間、HACCOBE-発酵美-インスタグラム初のキャン…

RECOMMENDED COLUMN

  1. 麻の実ナッツ画像
  2. chieさんレシピハンバーグ
  3. 発酵美学画像

HACCOBEキャンペーン企画


Info

READING








HACCOBE COLUMINIST

  • HACCOBE 編集部
  • ゆったりマクロビ美人食 松崎 恭子
  • オーガニック専門家 レムケなつこ
  • 植物療法コンサルタント 井上知佳
  • スピリチュアルカウンセラー 蒼井 聖子
  • ファミリーコーディネーター 加藤由香里
  • 料理家、ローフードベジ料理教室happycheesekitchen 主宰chie
  • ディライトフルデザイナー ディアナ幡司しのぶ
  • 健康ライフコーディネーター 柳樂 いづみ
  • 「マナヨガ」代表 yuuka
  • マスターオーガニックコーディネーター KAERU
  • 体質改善オーガニック料理研究家 楳村郁子
  • パリ在住 パリコレヘアースタイリスト Tsume & トップセラピスト Yuki
  • shinozaki fusako
veggy vol.61掲載

RECENT POST





HACCOBE運営企業 株式会社セルアップは、株式会社グローリー・インターナショナル社 Fastzyme(ファストザイム)720㎖の総代理店です。
  1. Organic(オーガニック)

    なぜ、オーガニック先進国ドイツでオーガニックがここまで広まったのか。パーソナルベ…
  2. 芽画像

    Organic(オーガニック)

    オーガニックって結局なに?「人に優しい」「環境保護」だけでない!オーガニックの立…
  3. Mama&Baby 子育て

    環境ホルモンってなに?ひ孫の代まで影響。環境ホルモンについてわかりやすく解説!
  4. Reading よみもの

    気分が落ち込む、気温の変化、秋の夜長におすすめハーブとハーブティーご紹介
  5. 稲画像

    Food 食

    世間に広がるマクロビオティックの「誤解」と「ホント」。自分に合った食事法ってある…
PAGE TOP