Recipe レシピ

【火を使わないマクロビレシピ】一皿で栄養満点!夏のさっぱりライスサラダの作り方


夏になると、さっぱりとしたものが食べたくなりますよね。なるべく余計な火・熱を使わずにお料理したい!と感じることも多く、冷奴、サラダ、漬物、酢の物などのメニューが並びがちです。

さっぱりとして美味しく、調理中も暑く感じることなく作ることができていいのですが、どうしてもワンパターンになっていませんか。

しかも、さっぱりとしたものや喉越しのいいものは、糖質(特に精製した吸収の速い糖質)、水分ばかりが多く、栄養のバランスも乱れやすくなります。

そこでおすすめしたいお料理が「ライスサラダ」です。

いわゆる「混ぜご飯」ではありますが、ご飯の量は抑えて、野菜などの様々な具材の割合を多めにすることで、一皿で栄養バランスを整えることができます。

また、火を使わない生の野菜を使うことで、暑い夏の調理もラクに感じます。

ライスサラダは「陰陽理論」でも夏にぴったり

夏野菜画像

実は、夏に火を使わない料理は、マクロビオティックの陰陽理論から見ても、とても理にかなっています。マクロビの陰陽理論では、簡単には体を冷やすものを「陰性」体を温めるものを「陽性」と言います。

例えば、「夏野菜は体を冷やす、秋冬野菜である根菜は、体を温める」ということが、食材の持つ陰陽です。

そして食材だけでなく、料理の方法によっても陰陽に変化があります。

「火を入れる、熱を入れる」ということは、熱のもつの力が食材に入ることになります。そのため、同じ大根を生で食べるよりも、炒めた方が「陽性さを増す(陽性に傾く)」ということになりますし、天日に干しても太陽の熱の力で陽性さを増します。

更に、あっさりと火を入れるよりも、コトコト時間をかけて煮込むほうがより陽性さが増していきます。

つまり「生のまま食べること」が、調理法で比較した場合に一番陰性の食べ方ということになります。

夏には、上手に体を冷やしてあげることも大切です。料理がラクだからという理由だけでなく、体にとっても夏には生のままの料理法を取り入れることは理にかなっているということ。

生の野菜をたっぷりといただく「ライスサラダ」で、自然に熱を冷まして快適に過ごしたいですね。

夏の健康美、麺類の食べ過ぎには注意!

そうめん画像

夏になると特に健康面で問題になる夏バテですが、夏バテの原因と言われいてることの一つが「栄養失調」です。食欲がなくなるため、全体に食事量が落ちやすくなることや夏はどうしても「麺類」の摂取が多くなりがちのため、栄養失調のもととなりやすいためです。

麺類は、ご飯よりも喉越しがいいため、さっぱりつるつると美味しくいただくことができますが、おかず無しでそれだけで食事を済ませることができるため、栄養が糖質のみに偏りがちになってしまいます。また、麺類は多くの場合、小麦粉などの「精白の粉」が原料です。

精白した穀類の粉は、外皮の部分(小麦粉ではふすまの部分、玄米では糠や胚芽の部分)にある豊富な栄養が抜けてしまっており、酸化している状態です。精白穀類の麺類は、喉越しが良く食が進むというメリットはありながらも、そればかり食べていると、栄養不足になったり栄養の偏りの原因となります。

夏こそ、食べやすい形で積極的に全粒に近い「粒食や雑穀」を取り入れて見ましょう。そのことが自然と栄養不足の予防に繋がるはずです。

夏の「粒食」の注意点として、水分の取りすぎやクーラーの当たりすぎによる消化機能低下時には、いつも以上に噛んで食べないと胃腸の負担になってしまうということ。

また、よく噛んで唾液をしっかり出すことは、食中毒の防止にもつながります。夏の食事こそ「しっかりよく噛むこと」を意識していただくといいです。口腔内の細菌の繁殖をおさえ、自浄作用(自然の清掃作用)を促します。

よく噛んで食べると、その信号が胃に伝わり、強酸が分泌されて外来性の病原菌を死滅させます。
麺ではなく粒食をすることは、たくさん噛んで、いっぱい唾液をだすことで、食中毒・菌の感染予防につながるのです。

火を使わず簡単!!夏のビーガンライスサラダ

今回は、火を使わずにできる3つのおすすめ「ライスサラダ」をご紹介します。

どれも動物性食材不使用ですので、胃もたれもしづらく消化も楽々です。

1.胡瓜と茄子の和風ライスサラダ

【材料と分量 2名分】

・玄米、または雑穀 1杯分(炊いたもの)
・胡瓜のぬか漬け(または漬物) 1/2本
・茄子 1本
・自然塩 1g(小さじ1/5)塩もみ用
・大葉 4~5枚

・醤油 小さじ2
・ごま油 少々
・生姜絞り汁 少々 
・白ごま 少々

【作り方】

・きゅうりは、7~8mm角に切りにする。(茄子と一緒に塩もみしてもOK)
・茄子は半月切りの薄切りにしたら、塩でもんで少し置いたら、軽く水気を絞る。
・大葉は、千切りにする。

ボールに玄米(または雑穀米)、きゅうり、なす、大葉を入れる。

醤油、ごま油、生姜絞り汁、白ごまを加えて混ぜて、出来上がり。

*夏野菜がたっぷりと食べられる、和風のさっぱりとしたサラダライスです。
*漬物を混ぜると風味が豊かになりますが、きゅうり、茄子ともに塩もみでもOKです。
(きゅうりも一緒に塩もみする場合には、塩も1gよりもやや多めにしてください。)

2.コーンのライスサラダ

【材料と分量 2名分】

・玄米、または雑穀 1杯分(炊いたもの)
・とうもろこし(缶またはパック) 60g 
・人参  適量(野菜はお好みで)
・パセリ 少々
・お好みのナッツ25g
・自然塩 2g(小さじ1/2 弱)
・オリーブオイル 小さじ1
・クミンパウダー(またはカレーパウダー)少々
・胡椒 少々
・レモン汁 お好みで少々

【作り方】

・とうもろこしは、余計な水分はきる。
・人参は、2mm角位のみじん切りにする。
・パセリもみじん切りにする。
・ナッツは、粗く砕く。

ボールに玄米(または雑穀米)、とうもろこし、人参、パセリ、ナッツを入れる。

塩、オリーブオイル、クミンパウダー、胡椒、(レモン汁)を加えて混ぜて、出来上がり。

*コーンたっぷりで甘めのサラダライスは、お子様も食べやすいレシピです。
*クミンやカレーでアクセントをつけると、更に食欲が増す風味に。

3.夏野菜の洋風サラダライス


【材料と分量 2名分】

・玄米、または雑穀 1杯分(炊いたもの)
・玉ねぎ 1/8 (分量外の塩少々)
・アボカド 1/2
・パプリカ 1/2
 ほか、お好みの夏野菜 適量

・醤油 小さじ2
・オリーブオイル 小さじ1
・自然塩 1g(小さじ1/5)
・バルサミコ酢(またはお好みの酢) 小さじ1
・胡椒 少々
・あればココナッツフラワー少々

【作り方】

・玉ねぎはみじん切りにして塩少々でもんでから、余計な水分はきる。
・アボカド、パプリカ、お好みの夏野菜は、1cm角位の大きめに切る。

ボールに玄米(または雑穀米)、玉ねぎ、パプリカ、お好みの野菜を入れる。

醤油、オリーブオイル、塩、酢、胡椒、を加えて混ぜる。

最後にアボカドを加えてやさしく混ぜて出来上がり。

*野菜の食べ応えを作り、可愛い見た目を作るため、大きめに野菜を切ります。
*玉ねぎの辛味を抑えて甘みを出すために、少々の塩もみで下処理をします。
*アボカドは崩れやすいため、最後に加えてやさしく混ぜましょう。

 
玄米や雑穀は前日にまとめて炊いておき、保存しておくと調理時間も短時間で済みます。(その際は冷蔵保存するなど、管理に気を付けてくださいね。また炊飯器で炊いてもかまいません。)
調理方法を工夫し、上手に栄養を取り入れることで、暑い夏を元気いっぱい過ごしてくださいね。

レシピ試してみたよという方はぜひ、LINE@で写真や感想を送っていただけると嬉しいです!!
LINE@友達追加はこちらから↓
LINE@バナー

ゆったりマクロビ美人食 松崎 恭子
マクロビオティック師範、管理栄養士。
東京・大塚にて毎月50人の生徒さんが通う人気マクロビオティック教室「ゆったりマクロビ美人食教室」を開催 。

マクロビオティックをベースに「体にやさしい&おいしい料理は、誰でも簡単にできる」方法を皆さんにお伝えすべく料理教室、講演、食事栄養コンサルティングにて活動中。


ピックアップ記事

  1. 「発酵美学」で美しい心身と健康を手に入れよう~。【HACCOBEキャンペーン企画…
  2. 日本の伝統発酵調味料 基本の話~その種類と正しい選び方
  3. 【常備菜・保存食に】鮮やか!にんじんサラダ「キャロットラペ」作り方
  4. 【簡単・白砂糖なし】クランベリー甘酒ジャム&ベリーソースつくり方~1年中楽しめる…
  5. なぜ、オーガニック先進国ドイツでオーガニックがここまで広まったのか。パーソナルベ…

関連記事

  1. 玄米ごはん画像1

    Food 食

    簡単、おいしく炊けてこそ、玄米ごはんをつづけられる。炊飯器で玄米をおいしく炊く方法。

    健康のために食を見直し、普段食べているお米を白米から玄米にかえている方…

  2. Recipe レシピ

    「温め食材」切干大根の旨みたっぷりレシピ。煮物だけじゃない活用レシピと正しい戻し方

    和食でおなじみの食材「切干大根」。価格も手頃ですし、大根の旨みがし…

  3. chieさんレシピハンバーグ

    Recipe レシピ

    保護中: 人気ローフード料理家chieさんオリジナルレシピプレゼント!

    このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパ…

  4. キャベツ画像
  5. Recipe レシピ

    【10分レシピ】冷蔵庫と調味料の整理を兼ねた常備菜、ピクルスの絶対失敗しない作り方。

    子育てや家事そして仕事、学校の行事や子供たちの習い事の付き添い、ママ友…

  6. Recipe レシピ

    本物みたいな濃厚さ!簡単「豆腐ベジチーズ」の作り方。

    私たちの食卓に馴染み深い、豆腐。栄養豊富で、ヘルシーなイメージのある食…

RECOMMENDED COLUMN

  1. 簡単白和え画像
  2. 玄米ごはん画像1

HACCOBEキャンペーン企画


READING








Info

HACCOBE COLUMINIST

  • HACCOBE 編集部
  • ゆったりマクロビ美人食 松崎 恭子
  • オーガニック専門家 レムケなつこ
  • 植物療法コンサルタント 井上知佳
  • スピリチュアルカウンセラー 蒼井 聖子
  • ファミリーコーディネーター 加藤由香里
  • 料理家、ローフードベジ料理教室happycheesekitchen 主宰chie
  • ディライトフルデザイナー ディアナ幡司しのぶ
  • ヘルシーライフコーディネーター 柳樂いづみ
  • 「マナヨガ」代表 yuuka
  • マスターオーガニックコーディネーター KAERU

RECENT POST

  1. 玄米ごはん画像1
  2. 発酵美学画像
  3. 冷え性女性
  4. パンケーキ画像
  5. ハーブと塩画像

HACCOBE運営企業 株式会社セルアップは、株式会社グローリー・インターナショナル社 Fastzyme(ファストザイム)720㎖の総代理店です。
  1. Recipe レシピ

    基本の「昆布だし」とり方と「麺つゆ」の作り方。保存料・添加物無し!ミネラルいっぱ…
  2. ローパンプキンタルト画像

    Recipe レシピ

    【ローフードレシピ】ローパンプキンタルトつくり方。酵素たっぷりのスーパーヘルシー…
  3. Wellness ウェルネス

    内側の不調をセルフチェック!目の下のクマ、むくみは体の中からのサイン?「望診法」…
  4. 芽画像

    Organic(オーガニック)

    オーガニックって結局なに?「人に優しい」「環境保護」だけでない!オーガニックの立…
  5. 稲画像

    Food 食

    世間に広がるマクロビオティックの「誤解」と「ホント」。自分に合った食事法ってある…
PAGE TOP