Recipe レシピ

2018年十五夜はいつ?お月見風習と楽しみ方&おはぎの作り方


日本人は、いつから十五夜を楽しんでいるの?

旧暦の8月15日の夜に月を愛でるのが、十五夜のお月見です。
日本では、古来から月を祭る習わしがあったようです。また、里芋の収穫祭を満月の十五夜におこなったことがはじまりという説もあります。

そこに、唐の時代の中国「月見」の祭事文化が加わりました。それをまずは、平安貴族が取り入れ、月見の宴を催すようになりました。

さらに、それが鎌倉時代以降武士に広まり、徐々に庶民にも広まったとされています。

古来より、人間にとってかけがえのない存在だった夜空を明るく照らす「月」。農耕民族である日本人にとって、月の満ち欠けは農作業の指標として、とてもとても大事なものでした。

満ちては欠ける姿から、農作物の収穫やものごとの結実を感謝する日となり、生命の満ち欠けと重ね、生命を綿々とつないでくれた祖霊をしのび感謝する日にもなったのです。

今年2018年のお月見、いつになる?十五夜と十三夜


photo AC

中秋の名月(十五夜)をみて楽しんだら、十三夜もみるのが風流とされていました。どちらか片方しか月見をしないのは「片月見(かたつきみ)」といって、野暮で縁起が悪いといわれてきたからです。

また、十五夜のお月見には、収穫期を迎えた里芋などの芋類を収穫への感謝とともにお供えにつかうため、別名「芋名月(いもめいげつ)」とも呼ばれています。

旧暦9月13日の十三夜のお月見では、このときに収穫期を迎える大豆を団子やススキとともに供えることがあるため、9月の月見を豆名月(まめめいげつ)と呼びます。

今年の十五夜と十三夜

2018年
十五夜 9月24日 旧暦8月15日 
十三夜 10月21日 旧暦9月13日

この二つのお月見は、男女が一緒にみるのを約束する恋のイベントだったようです。

お月見文化発祥の地、中国では、今でも日本のバレンタインデーの時期のチョコレートのように、中秋の名月の季節には月餅が大々的に売り出されます。

日本でお月見をするように、この日は中国でも「中秋節(ちゅうしゅうせつ)」の伝統行事として、観月の宴会やお祝いをする習慣があります。

まんまるの満月を「円満・完璧」の象徴と考え、中秋節の満月に家族で月餅を分け合い、一家団らんを楽しむそうです。

日本の中華街でもこの時期だけにつくられる期間限定の餡の中に卵の黄身が丸ごと入った月餅が買えます。いつもとは違うお供え物をするのも楽しいかもしれませんね。

お月見の風習


photo AC

秋の収穫を祝い、満月にちなんで丸いものをお供えします。
お供えするものは栗や里芋、大豆などの秋の収穫物。そして、お月見団子が思い浮かびます。

里芋は稲作より古く、縄文時代後期以前から日本に入ってきていました。お月見のお供え物としてだけでなく、豊作に感謝する芋煮会などが、秋になると各地で催されてきました。

お月見団子はまん丸にまるめてつくり、満月を模します。
正式には三宝(もしくは三方)という高台に奉書紙を敷き、15個のお団子を並べます。

また、ススキの穂を稲に見立てて、稲穂の成長への感謝と豊作への祈りを捧げます。

収穫物とお月見団子、ススキ(秋の七草を飾っても)を合わせて、お月さまの見える方角に供えます。
お供え物の位置は、お月さまから見て左に収穫物、右に月見団子を飾ります。これは、左を上座とする習わしから来ています。

今年のお月見のお供に、手作りおはぎはいかがですか?


photo AC

中秋の名月の前日、9月23日は秋分の日になります。

秋分とは春分と同じく昼夜の長さが同じになる日。これから徐々に日が短くなり秋が深まっていくとき。また、秋のお彼岸でもあります。

先祖供養にお供えするおはぎは、春にはぼた餅と呼ばれます。
同じものなのに呼び方が違う、「おはぎ」と「ぼた餅」。

おはぎもぼた餅も今では同じものですが、秋に収穫したてで、まだ柔らかい皮の小豆をそのまま潰し、餡にしたのがおはぎで、冬を越し、乾燥して固くなった小豆をこし餡にしたのがぼた餅という違いがあったようです。

ではなぜ名前が違うのか。
それは春に咲く牡丹秋の萩に見立てたことが「おはぎ」と「ぼた餅」の名前の由来です。

同じころにやってくる中秋の名月と秋分の日(お彼岸)

お供えする場所は「ご先祖様」「お月さま」と違えど、感謝の気持ちは同じ。

手づくりのおはぎで、日本の秋を楽しんでみてはいかがでしょうか?

まんまるおはぎのつくり方

photo by Fusako Shinozaki

【材料 15個ほど】
もち米 2合
お米(分つき米でも可) 1/2合
赤米or黒米 大さじ1
水 400㏄
お酢 小さじ2

〇あんこ
小豆 200g
アガベシロップ 160g(または、砂糖160g)

アガベシロップではなく、お砂糖を使用する場合、上記分量だと甘めなので、ほんの少し(小さじ半分ほど)塩をいれてしめるとよいです。また、甘味料には、小豆と同量のデーツを使用してもおいしいです。

【つくり方】

あんこをつくる

photo by HACCOBE

  1. 小豆をさっと水洗いしたら、厚めの鍋に入れ、たっぷりの水と一緒に火にかける。
  2. 沸騰して5分ほど煮たら、コップ1杯の水を加えます。
  3. このびっくり水を、コトコト煮ながら3回ほど繰り返します。1時間ほど煮て、指先で小豆がスッとつぶれる柔らかさになったら蓋をして10分蒸らします。
    ※煮ている間は、小豆が乾燥しないように、豆が顔を出さないように水を差しましょう。

  4. 豆をザルにあけ水分と豆に分けます。分けた豆を好みの滑らかさになるまでフードプロセッサーにかけます。
  5. フライパンにアガベシロップを入れ、強火で1分はど煮詰めたら、ザルで濾した水分をいれる。
  6. そのままフライパンで半分近くなるまで煮詰めたら、③の小豆を入れる。
  7. 焦げないように弱火で、水分を飛ばしながらヘラで練りながら火入れする。
    まとめた時にある程度しっかりした形が残るくらいまで練ったら完成。

バットに移し、しっかり冷ましてからつかいましょう。
小分けにして冷凍保存しておくと便利です。

ご飯を炊く

photo by Fusako Shinozaki

  1. もち米とお米は一緒に研いで30分ほど浸水しておく。
  2. 400㏄の水で炊く。
  3. 炊き上がったら10分ほど蒸らし、お酢をまわし入れてさっくり合わせる。
    ※お酢を入れると赤米がきれいなピンク色になります
  4. すりこ木で5分つきにする。

    photo by Fusako Shinozaki

  5. ご飯を同じサイズに丸めておく。
    ごはんは15個くらい。(小さいサイズだと20個分ほどです。)
  6. 丸めたごはんをあんこで包んで完成!

塩抜きした桜の塩漬けを天盛りしてもおいしいです。(上記画像)

photo by Fusako Shinozaki

きな粉や炒ったごまで包むのもおススメです。

「秋は糖質を盛れ!」


photo AC

秋の夜長という言葉があるように、夏から秋に変わると日照時間も少なくなります。

精神の安定を保ち、食欲にも深い関係のある脳内伝達物質の「セロトニン」は、日光に当たっている時間と分泌量が比例すると分かってきました。

日光に当たる以外にセロトニンを増やすには、糖質・乳製品・肉類を食べ、しっかり睡眠をとることだそう。

和食には、「秋は糖質を盛れ」という言葉があります。

セロトニンの存在を知らなくても、先人はその時期に必要なものの摂り方を示してくれていたんですね。
  
実りの秋には自然の糖質たっぷりのお芋や穀物が、いっぱい収穫されます!

今年も、秋のおいしい作物が食べられることに感謝して、お月見を楽しんでみてはいかがでしょうか。

今も昔も、月を慕う日本人


photo AC

十五夜からも分かるように、月にはそれぞれ和名がつけられています。

月齢一日の見えない月は新月(しんげつ)、二日月・三日月~上弦の月~十日月・十三夜・待宵の月(まつよいのつき)などなど。

空にうつしく浮かぶ月を愛で、日々満ち欠けする月に名前までつけて愛おしんできた日本人。

なかでも最もうつくしいといわれる秋の満月。

昔からの風習に思いをはせ、大事な人と手づくりのものをいただきながらお月見するのは、風情があり素晴らしい習慣ですよね。

都会の夜は明るいですが、十五夜にはぜひお供え物を用意し、ススキや秋の七草を飾ったら、TVや部屋の中の明かりを消して、暗い夜空にぽっかり浮かぶお月さまを楽しんでみて下さい。

 
『ローフードレシピ』ローパンプキンタルトつくり方。酵素たっぷりのスーパーヘルシースイーツからはじめるローフード!】
『ホームパーティーにも!』丸ごとかぼちゃのベジチーズ&トマトグラタンつくり方
 
 
【10/20(土)Soap Elements×発酵美】 Natural Soap Making WS 自然石鹸の手作りワークショップ開催!!

「10年先の私をつくる」美と健康の最新情報、HACCOBEのキャンペーン企画をいち早くお届け!
LINE@バナー

内側からキレイになりたい人のきっかけになる!
岡山県吉備産の厳選食材70種類以上を使用、3年以上長期熟成発酵、残留農薬ゼロ、「植物性乳酸菌発酵飲料ファストザイム720㎖」はこちらから。

 

shinozaki fusako
日本人の和食文化を、後世に継ぐ。
人生100歳時代。”孤独“とはさよなら!
あなたの料理が大事な人のパワースポットになる。
和食が体をつくり、和食が未来を創る!
“簡単・美味しい・シンプル” 家族が飛んで帰りたくなるオウチごはん
穏(ほの香) 割烹和食プログラム

ピックアップ記事

  1. 【ヴィーガン対応】ソイミート(大豆ミート)ハンバーグの作り方
  2. 女の幸せは生理で変わる!生理期間中の過ごし方&心地よい体のつくり方
  3. 「発酵美学」で美しい心身と健康を手に入れよう~。【HACCOBE限定「ファストザ…
  4. 風邪やインフルエンザにオススメの「植物療法(フィトセラピー)」
  5. 美肌のプロが教える!秋冬におすすめセルフケア。「美肌&美白」をつくる外面ケア&と…

関連記事

  1. Recipe レシピ

    「夏バテ知らず」のおすすめ食材とマクロビレシピ3選~暑い夏をおいしく、元気にのり切ろう!

    毎年夏になると、食欲が落ちる、何だかいつも身体がだるいという方こそ、今…

  2. Recipe レシピ

    【常備菜・保存食に】鮮やか!にんじんサラダ「キャロットラペ」作り方

    キャロットラペとは、フランスの家庭料理、にんじんのサラダのこと。ラペ(…

  3. ローパンプキンタルト画像
  4. Fastzyme ファストザイム720ml

    酵素の力を最大限にいかす!酵素たっぷりレシピご紹介

    実は、飲むだけじゃないんです。酵素ドリンクの美味しいアレンジ法とは??…

RECOMMENDED COLUMN

  1. パンケーキ画像

HACCOBEキャンペーン企画


Info

READING








HACCOBE COLUMINIST

  • HACCOBE 編集部
  • ゆったりマクロビ美人食 松崎 恭子
  • オーガニック専門家 レムケなつこ
  • 植物療法コンサルタント 井上知佳
  • スピリチュアルカウンセラー 蒼井 聖子
  • ファミリーコーディネーター 加藤由香里
  • 料理家、ローフードベジ料理教室happycheesekitchen 主宰chie
  • ディライトフルデザイナー ディアナ幡司しのぶ
  • 健康ライフコーディネーター 柳樂 いづみ
  • 「マナヨガ」代表 yuuka
  • マスターオーガニックコーディネーター KAERU
  • 体質改善オーガニック料理研究家 楳村郁子
  • パリ在住 パリコレヘアースタイリスト Tsume & トップセラピスト Yuki
  • shinozaki fusako
  • 開明⊙コンサルタント=開運のプロフェッショナル 篤田奉和
veggy vol.61掲載

RECENT POST





HACCOBE運営企業 株式会社セルアップは、株式会社グローリー・インターナショナル社 Fastzyme(ファストザイム)720㎖の総代理店です。
  1. Recipe レシピ

    本物みたいな濃厚さ!簡単「豆腐ベジチーズ」の作り方。
  2. パンケーキ画像

    Food 食

    【簡単・白砂糖なし】クランベリー甘酒ジャム&ベリーソース作り方~1年中楽しめるベ…
  3. Mama&Baby 子育て

    環境ホルモンってなに?ひ孫の代まで影響。環境ホルモンについてわかりやすく解説!
  4. 冷え性女性

    Food 食

    ストレスと冷えの関係。「冬」身体を芯から温める簡単な方法をご紹介。
  5. 寝起きストレッチ

    Body カラダ

    【動画1】1日1分の簡単ボディメイク、腰痛改善・産後ママにも!「お膝パタパタスト…
PAGE TOP