マクロビチョコマフィン画像

Recipe レシピ

【グルテンフリー&マクロビ】糖質ひかえめ!米粉とおからのチョコレートマフィンレシピ


今回は、簡単にできるマクロビのお菓子を「グルテンフリー & 糖質ひかえめ」レシピでご紹介。「おから」や「きな粉」も入っているので、食事のように栄養もたっぷりとれるやさしいチョコレートスウィーツです。

健康を気づかう沢山の方に、安心して食べていただけるレシピになります。

また、バレンタインギフトにもおすすめです。
バレンタインといえば、毎年どんなチョコレートにしようかと悩んだり、選んだり、手づくりする時間も楽しいものですよね。

最近では、男性へのプレゼントだけでなく、お友達との交換や自分へのご褒美にとチョコレートを求める人も増えました。

チョコレート画像
pixabay

もちろん、珍しいチョコレートや貴重なもの、高価なチョコレートなど、種類も豊富でどれをいただいてもうれしいものですが、健康志向の人や美意識の高い人への贈り物としては、悩んでしまうこともありませんか。とくに、アレルギー体質の人、ヴィーガン(ベジ)の人へ贈る際は注意が必要ですよね。

そこでおすすめなのが、マクロビオティックのチョコレートスイーツです。

お菓子づくり初心者の人にも、とっても簡単につくれるレシピなので、贈り物以外にも、普段のおやつとしてもぜひお楽しみください。

マクロビのお菓子は贈り物にぴったり

yasukomatsuzaki_instagram

yasuko_matsuzami Instagram

マクロビオティックでは、なるべく自然に食べる※ということを大切にするため、動物性の食材はひかえめにするようおすすめしています。

現在では、マクロビスイーツは動物性素材はつかわないということが当たり前となっていますが、そんなマクロビスイーツ実は、贈り物にもぴったり。

というのも、先述のとおり動物性原材料を一切つかわないマクロビスウィーツは、卵や乳製品は使用しないため、「卵・乳アレルギーの人にも安心して食べていただけるから」です。

小さなお子さんがあつまるようなときにも、できるだけみんな同じものを食べたいですよね。そんな風に考えてるママたちの手づくりにもぴったりなんです。

※「なるべく自然に食べる」とは、自然のまま、自然のリズムや法則に従って、大切に食べ物をいただくということ。反対に、不自然な食事はしない!ということ。
(出典:マクロビオティックってなに?世間に広がるマクロビオティックの「誤解」と「ホント」。自分に合った食事法ってあるの?!

グルテンフリー & 糖質ひかえめで、さらに健康的に

小麦・パン画像
pixabay

今回ご紹介するスウィーツは、動物性食材不使用というだけでなく、「グルテンフリー & 糖質ひかえめ」になっています。

最近では、子どもたちだけでなく大人にも食物アレルギーを発症する人が増加傾向にありますが、小麦のたんぱく質である「グルテン」のアレルギーを持っている人も増えていますよね。

アレルギーではない場合でも、健康と美容のためにグルテンをひかえている人も少なくありません。

お菓子を贈る相手が、グルテン摂取をひかえているかどうかということは、親しい間柄でなければなかなか分かりづらいですが、グルテンフリーのお菓子であればどなたでも安心していただけます。

そして、グルテンフリーとともに健康食として人気があつまっているのが「低糖質食」です。

小麦粉の代用として米粉をつかう場合もやはり糖質が多いことにかわりがありません。それに対し、「おから」「きな粉」「アーモンドプードル」に置き換えると、糖質をおさえることができます。

糖質ひかえめのスイーツなら、ダイエット中の人にも喜んでいただけそうですよね。

おからのお菓子は食べ過ぎ防止にも

おから画像
photo AC

小麦粉の代わりに使用する「おから」は、糖質をひかえられるというメリットがあり、さらにおからにはさまざまな栄養素が含まれるため、スイーツをよりヘルシーなものへと変えてくれます。

おからは、大豆を水に浸漬し、砕いてから煮たものをしぼり、豆乳をとったあとのものです。

つまり、大豆から豆乳をとったあとの「搾りかす」ではありますが、大豆の栄養の一部が残っているため、栄養満点の食材として昔から知られています。

なかでもとくに豊富に含まれるのが「食物繊維」です。食物繊維の量は、生と乾燥で異なり、

生おから 11.5g
乾燥おから 43.6g
(それぞれ100gあたり)

となっています。なんと、乾燥おからは半分近くが食物繊維なんです。(今回のレシピでは、乾燥おからを使用します)

その多くが不溶性食物繊維のため、摂りすぎるとお腹が張ってしまう、便秘になるという場合もありますが、適度に摂ることは便秘改善、有害物質の排出、満腹感による食べ過ぎ防止などに効果的です。

お菓子をつい食べ過ぎてしまう…..という人にも、満腹感を高めてくれるおから入りスウィーツはおすすめです。


pixabay

また、おからには大豆のたんぱく質も豊富に残されています。おからに含まれるたんぱく質の量は、

生おから 6.1g
乾燥おから 23.1g
(それぞれ100g)

となっています。

たとえば、木綿豆腐のたんぱく質量は100gあたり6.6gです。

豆腐は水分が多い食品のため単純な比較はできませんが、生のおからと木綿豆腐は、たんぱく質量がほぼ同じ。ということをみても、おからはたんぱく質が多い食品ということがわかります。

そのほか、おからには大豆に多く含まれるカルシウム、マグネシウム、カリウム、鉄分、ビタミンB1などの栄養も含まれています。

おいしいスウィーツを食べながら、栄養もしっかり摂れるというのは嬉しいですよね!

グルテンフリー & 低糖質のマクロビスイーツレシピ

バレンタインにもおすすめのマクロビチョコスイーツのつくり方のご紹介です。

「チョコスイーツ」といっても、チョコレートはつかいません。一般的なチョコレートには白砂糖がたっぷりと使用されているため、チョコレートではなく、ココアを用いてチョコレートの風味を出します。

米粉とおからのマクロビチョコレートマフィンつくり方

【材料 6個分】

A
・米粉 85g 
・乾燥おから 50g
・アーモンドプードル 50g
・きな粉 25g
・無糖ココア 25g           
・ベーキングパウダー(アルミフリー) 大さじ1
・自然塩 少々

B
・無調整豆乳     250g   
・菜種油(または、植物油) 60g     
・メープルシロップ  35g

【つくり方】

  1. Aの粉類をすべてボールに入れ、泡だて器でよくかき混ぜる。
  2. Bの液体類もすべて別のボールに入れ、泡だて器で細かく泡立つまでよくかき混ぜる。
  3. 1に2を加え、ヘラなどで均一になるまでよく混ぜ合わせる(なるべく焼く直前に)。
  4. 油(分量外)を塗るまたは、紙を敷いた焼き型に手早くスプーンで生地をいれる。
  5. 180℃のオーブンで25分ほど焼く。串をさし、生地がついてこなければOK。
  6. さわれるくらいの温度になったら、型から出し冷ましてできあがり。

マクロビチョコマフィンをおいしく楽しむためのポイント


pixabay

小麦粉が入らないグルテンフリーのレシピです。乳、卵などの動物性材料不使用なので、アレルギーの人やヴィーガン、ベジタリアンの人にもお楽しみいただけます。

このレシピでは、乾燥おからを使用します。生のおからと乾燥おからは、水分量が異なります。また、米粉は製菓用・料理用のものを用います。

米粉の焼き菓子をよく膨らませるポイントの一つは、手早く混ぜ、手早くオーブンに入れること。型の用意とオーブン予熱を整えてから、生地を混ぜるようにしましょう。

米粉に、アーモンドプードル、おから、きな粉を混ぜることで、糖質をおさえることができます。粉の総重量235gに対して米粉は85g(約36%)と、大幅に糖質カットしてあります。

やさしい甘さがほっこりの秘訣。メープルシロップ35gは、砂糖換算で約23g。(製品により差はあります)マフィン1個あたり約4gの砂糖相当なので、粉の糖質だけでなく甘味料も大きくカットしたレシピになっています。

身体にやさしいスウィーツでも、食べすぎは要注意!油分は、比較的多めに含まれています。食べ過ぎには注意しましょう。

また、クルミやレーズンなどのドライフルーツを混ぜても、おいしいマフィンになります。

ボール二つであっという間に完成する、グルテンフリーのマクロビスイーツ。ぜひ大切な人への贈り物として、またご自分用に、心もほっこり温まるやさしいスウィーツを楽しんでくださいね。
 
「罪悪感なしのスウィーツ!」ローカカオ&チアプディングレシピほか、内側から綺麗をつくるきっかけになる!酵素活用レシピ
 
 
美と健康の旬の情報&HACCOBEキャンペーン企画をお届け!
LINE@バナー

ゆったりマクロビ美人食 松崎 恭子
マクロビオティック師範、管理栄養士。
東京・大塚にて毎月50人の生徒さんが通う人気マクロビオティック教室「ゆったりマクロビ美人食教室」を開催 。

マクロビオティックをベースに「体にやさしい&おいしい料理は、誰でも簡単にできる」方法を皆さんにお伝えすべく料理教室、講演、食事栄養コンサルティングにて活動中。


ピックアップ記事

  1. 日本の伝統発酵調味料 基本の話~その種類と正しい選び方
  2. 日本人の4人に1人が「花粉症」~今から始める花粉症対策について~
  3. 内側の不調をセルフチェック!目の下のクマ、むくみは体の中からのサイン?「望診法」…
  4. 眠れない夜に。「シャバアーサナ」を活用し、睡眠の質を上げる。
  5. なぜ、オーガニック先進国ドイツでオーガニックがここまで広まったのか。パーソナルベ…

関連記事

  1. Recipe レシピ

    【楽ちん ひと鍋レシピ】砂糖・乳製品・卵不使用、濃厚マンゴープリンの作り方。冷たいスウィーツこそ、手…

    暑い季節には、さっぱりとした喉ごしのいいお菓子が美味しく感じられます。…

  2. Recipe レシピ

    持ち寄り、ピクニック、お花見に!大人気のマクロビ「カップ」レシピをご紹介

    パーティや行楽のお弁当、持ち寄りでお料理をつくるとき、何をつくったらい…

  3. Recipe レシピ

    夏場の不調を「梅干し」パワーで撃退!中から整える「簡単」梅レシピ

    『一日一粒で医者いらず』といわれるほど薬効効果が高く、古くから身体にい…

  4. 玄米ごはん画像1

    Food 食

    簡単、おいしく炊けてこそ、玄米ごはんをつづけられる。炊飯器で玄米をおいしく炊く方法。

    健康のために食を見直し、普段食べているお米を白米から玄米にかえている方…

  5. 簡単白和え画像

    Recipe レシピ

    春こそ活用したい!万能発酵食「白味噌」を使ったレシピ3選

    暖かくなってくると、食卓にも春らしさが欲しくなるものです。根菜が多かっ…

  6. vegesushi画像

    Recipe レシピ

    【VEGESUSHI(ベジ寿司)つくり方】クリスマスパーティに人気!簡単マクロビオティックフィンガー…

    ご家族や仲間、恋人同士で楽しむクリスマスパーティのシーズンとなりました…

RECOMMENDED COLUMN

  1. 手作り石鹸
  2. 冬
  3. 稲画像

HACCOBEキャンペーン企画


Info



READING








HACCOBE COLUMINIST

  • HACCOBE 編集部
  • ゆったりマクロビ美人食 松崎 恭子
  • オーガニック専門家 レムケなつこ
  • 植物療法コンサルタント 井上知佳
  • スピリチュアルカウンセラー 蒼井 聖子
  • ファミリーコーディネーター 加藤由香里
  • 料理家、ローフードベジ料理教室happycheesekitchen 主宰chie
  • ディライトフルデザイナー ディアナ幡司しのぶ
  • 健康ライフコーディネーター 柳樂 いづみ
  • 「マナヨガ」代表 yuuka
  • マスターオーガニックコーディネーター KAERU
  • 体質改善オーガニック料理研究家 楳村郁子
  • パリ在住 パリコレヘアースタイリスト Tsume & トップセラピスト Yuki
  • shinozaki fusako

RECENT POST





HACCOBE運営企業 株式会社セルアップは、株式会社グローリー・インターナショナル社 Fastzyme(ファストザイム)720㎖の総代理店です。
  1. 酵素玄米画像1

    Recipe レシピ

    実は簡単!「酵素玄米」をつくろう。美容・ダイエット・腸活におすすめ、酵素玄米の効…
  2. ツヴェルベリッヒ(Zwölberich)画像

    Organic(オーガニック)

    オーガニックにもグレードがある!最高品質のオーガニック製品を求める方にオススメ!…
  3. 冷え性女性

    Food 食

    ストレスと冷えの関係。「冬」身体を芯から温める簡単な方法をご紹介。
  4. Fasting ファスティング

    今やスタンダードな健康法・デトックス法として知られる「ファスティング」。その効果…
  5. 朝ストレッチ画像

    Body カラダ

    【動画2】1日1分の簡単ボディメイク、便秘・ガス解消にも!「祈りのポーズのストレ…
PAGE TOP