Wellness ウェルネス

内側の不調をセルフチェック!目の下のクマ、むくみは体の中からのサイン?「望診法」で身体の内側から美容効果を上げる方法とは。


毎日顔や体を見ていると、目の下にクマができる、吹き出物ができる、乾燥している、むくんでいるなど、その時によって様々なトラブルが出ていることがあります。

実はこうしたことの多くは、体の内側で起こっている問題が表面に表れることによって起こりやすくなります。

一時的な食べ過ぎや寝不足、環境の変化などにより起こることもありますが、そういったものはすぐに改善することも多く、それほど問題ではありません。

治ったと思ったらまた同じ症状が繰り返される、症状が出るとなかなか治らない、
このような場合には、その症状を起こす原因となっていること、「体の中の状態」に目を向けてケアする必要があります。

高級な化粧品やエステなどの外的なケアでは、一時的に良くなるかもしれませんが、根本の解決にはなりません。

確実に美容効果を上げるためには、「内側からのケア」が大切です。そのためにまずは、不調を見つけることが必要です。

そして、その簡単な方法としておすすめしたいのが「望診法」です。

今回は、女性にとって悩みの多い、目の下のクマ、むくみ、抜け毛など髪の悩み、こうしたことに共通する「原因」について、望診法を使って詳しく見ていきます。

また、上記のような症状でお悩みの方におすすめの「気をつけたい食習慣・生活習慣」「おすすめ食材」についてもご紹介しておりますので、早速チェックから始めてみましょう。

内臓の不調をセルフチェック!望診法(ぼうしんほう)ってなに??


photo AC

今回は自分で身体の不調をチェックする方法、「望診法」をご紹介します。

もちろん病院で検査を行うと精密に色々なことが分かりますが、この診断法を用いることで、自分でも簡単に身体の状態をチェックすることができるのです。

望診法とは、体や顔、髪などの目で見ることができる部分を観察し、その状態から体の内側の不調を診断する方法です。

簡単な例では、寒い時に唇が紫色になっていたら、体が冷えていると判断しますよね。

望診法は、体の内側と外側の変化の相関を、体系的にまとめたものになります。

必ずしも、万人に当てはまるとはいえませんが、古くから用いられている方法で、誰でもどこでもできるので、不調の原因を予測するのに知っていて損はありません。

そのトラブルは腎臓からのSOS


photo AC

望診法には実に様々な診断があります。今回は腎臓の不調からくるトラブルを見ていきましょう。

腎臓はとても重要な臓器で、多くの不調の原因に関わっているといわれています。「肝腎要(かんじんかなめ)」という言葉があるほどですから、その重要性がわかりますね。

腎臓の働きとは


Pixabay

・不要なものを尿として排出している

・水分の調節をしている

・血圧の調節をしている

・血液を作る指示係として働く

・骨を作るサポート係として働く

腎臓では、1日でなんと150リットルもの量の血液がろ過(ろか)されていますが、腎機能が低下すると、ろ過が十分に行われません。

体に不要なものが残ってしまったり、水分の調節できなかったりします。
すると体内には老廃物や余計な水分がたまり、巡りも悪くなるという現象が起こります。

その結果として、腎臓の不調は望診法で見られるような「見た目の変化」として外側に表れてくるのです。

「望診法でみる!」クマや膨らみ「目の周り」の不調の原因は?


photo AC

まず、腎臓の不調は「目の周り」に表れやすいといわれています。

特に目の下を観察して見ましょう。

目の下の膨らみ

目の下が、袋状にたるむように膨らむことがあります。
原因として、水分の排出がうまくできずに、余計な水分が溜まっている可能性が考えられます。

腎臓や膀胱の働きが悪い時、こうした症状が出やすくなるといわれています。

目の下のクマ

また、目の下にクマができることもありますね。

これも、腎臓の機能が落ちている時に起こりやすくなります。老廃物など不要なものの排泄が十分できずに溜まってしまい、血流も悪くなります。

目の下は、他と比べて皮膚が薄いために、血液・血管の色が透けて見えやすい部位です。

血流が悪くなると酸欠状態になり、本来は鮮やかな赤色をした赤血球が暗い赤色の赤血球になるため(赤血球の色素成分の変化による)、その血液の色が透けて見えることが「黒っぽいクマ」の原因と言われています。

睡眠不足や疲れた時にクマが出やすいのは、こうしたことが背景にあります。

こうした場合には、腎臓に負担をかけず労わることが大切です。

「望診法でみる!」頻繁にむくみがちな人こそ内側からケアを


photo AC

腎臓は水分を調節するということが、とても大切な働きの1つです。

つまり水分の調整がうまくいっていない場合、腎臓が弱っている、腎臓の働きが追いつていない、という可能性があります。

そして、その結果として余計な水分が体に溜まり、むくみとして出てしまいます。

「望診法でみる!」抜け毛や白髪が気になる人は?


photo AC

加齢とともに白髪などが目立つようになることは、自然なことです。

ですが、若いうちからの慢性的な白髪、抜け毛、ボリュームダウンなどがみられる場合には「肝臓・腎臓」が弱っている可能性があります。

肝臓は、食べた栄養を体に使われるように変換したり溜める働きをしていますし、腎臓は血液の循環に関わっています。

中医学でも、「髪は血の余り」と表現されることがありますが、「肝と腎」の働きが悪くなると、十分な栄養の血液が、体中に巡ることができませんので、結果として髪質や髪の量は低下してしまうことになります。

もちろん、髪だけでなく肌質にも影響がありますので、肝と腎は大切にしたいですね。

「望診法でみる!」ドライアイ・涙が出やすい人は?


photo AC

水分の代謝機能が落ちると、目にも不調が出やすくなります。

目は、代謝が盛んな部位の1つ。栄養たっぷりの血液や、適度な水分量での潤おいが必要になります。

目の炎症が主な原因であることも多いのですが、目が乾いたり、逆に涙があふれてしまうという方は、やはり「肝と腎」の健康に目を向けてみましょう。

内臓を労わることで、辛い目の症状も改善しやすくなります。

腎臓を守る食習慣・生活習慣7つのポイント!

慢性的に上記のような症状で悩んでいるという方は、もしかしたら腎臓が弱っているのかもしれません。

食習慣、生活習慣を見直して、腎臓をケアしていきましょう。

ポイント1.水分を摂り過ぎない


photo AC

健康のために沢山の水分をあえて摂っているという方もいらっしゃいますよね。ですが、水分の摂りすぎは、腎臓を過度に働かせて機能を落とすことに繋がります。

必要な水分量は、体質、活動量、生活環境、食事量などにより、人それぞれです。

自分の最適な水分量をはかるには、「尿の回数」をチェックしてみましょう。使われる量がバラバラですので、入れる量ではなく、出す量を目安にするということです。

日本泌尿器科学会によると、一般的には朝起きてから就寝までの排尿回数が8回以上の場合を「頻尿」としています。
様々なのでこれに限らず多いと感じる場合は頻尿としています。

ポイント2.味の濃いもの(塩分)を控える


Pixabay

腎臓では不要なものをこし取ると同時に、不要な塩分の排出も行われているため、「塩分の摂りすぎ」にも注意が必要です。

特に外食や出来合いのお弁当・お惣菜などは味付けが濃いめですので、よく利用するという方は意識的に気をつけましょう。

ポイント3.塩を自然な塩に変える


Pixabay

特に、化学精製塩は、ミネラルを含んだ「自然な塩」と比べて旨みがないため満足感を感じづらく、つい多く使ってしまう傾向にあります。また、化学精製塩の刺激の強い塩味は、より濃いものを欲するように味覚を狂わせてしまいます。

そのため、まずは「自然な塩」に替えることをおすすめします。

自然な塩は、「天日」「平釜」など自然の力を精製法としてを使っているのが特徴で、「マグネシウム、カルシウム、カリウムなどのミネラル」を含んでいます。

一方、化学精製塩は「イオン交換膜法」という化学的な精製法を使っています。また、化学精製塩は、栄養表示を見ると99%以上が塩分(塩化ナトリウム)で、マグネシウム、カルシウム、カリウムなどのミネラルは、ほとんど含まれていません。

塩を選ぶときは、精製法と成分表示を見分ける基準にしてください。

ポイント4.体を冷やさない


Pixabay

腎臓は、沢山の血液をろ過する臓器です。つまり、血流が悪くなるとそれだけ「ろ過量」も落ちるということになります。

体が冷えてしまうと血流が悪くなり、腎臓に血液が回りづらくなり負担がかかってしまいます。

衣服、室温、入浴習慣などを見直して、冷えから体を守りましょう。

ポイント5.体を冷やすものを食べ過ぎない


Pixabay

食べ物でも同様に「体を冷やしやすいもの」は控えるようにしましょう。

マクロビオティックでは、体を冷やす力が強い性質を「極陰性」といい、注意を促しています。

砂糖や果糖ブドウ糖液糖など、甘いお菓子やジュース、果物、クリーム類など油の多いもの、カフェイン、アルコール、南国の食べ物などは、特に陰性が強いものが多いため、控えめがいいです。

氷入りの飲み物も冷やしますので、飲み物は常温か温かいものがおすすめです。

ポイント6.ごちそうを食べ過ぎない


Pixabay

腎臓は、沢山の血液が通っていくところ、ろ過をするところです。

肉や魚、卵などをメインとしたごちそう料理を食べ過ぎると、血液は必要以上の「栄養が溢れた状態」なってしまいます。

多すぎる栄養は体にとって不要なため、腎臓を通ってろ過され、外に出されます。

ということは、多すぎる栄養(特にたんぱく質の代謝による「窒素代謝産物」など)は腎臓を過度に働かせることに繋がります。

栄養をつけようと、あまりごちそうを食べ過ぎないように気をつけましょう。

ポイント7.リラックス&運動


Pixabay

ストレス、イライラ、緊張状態では、交感神経が働いて血管が収縮してしまい体は冷えやすくなります。また、体を動かさない、筋肉量が少ない、という方も、冷えやすく巡りも悪くなりがちです。

冷えは、結果的に腎臓の負担になりますので、リラックスをして適度に体を動かす習慣をつけましょう。

腎臓を助けるおすすめ食材は?


photo AC

腎臓を助ける食材として、「黒い食べ物」「土のもの」がおすすめです。

「黒ごま、黒豆」
「自然薯、蓮根、人参、ごぼう、大根、切り干し大根」

また、ナッツ・種子類、海藻も取り入れて、ミネラルたっぷりの食事を心がけましょう。

目の下のクマ、むくみ、たるみ、白髪などは、見た目年齢にも直結しますので、腎臓のケアはアンチエイジング効果も抜群です。

望診法で日々の体を見つめながら、早めのケアを取り入れてみてくださいね。

【健康的な美しさを叶える賢い食べ方とは。美味しさ以上の意味をもつ「身土不二」上手に活用できていますか?】
 
 

内側から綺麗になりたい人のきっかけになる。
70種類以上の厳選素材を使用、3年半の長期熟成発酵飲料「ファストザイム720ml」はこちらから。

HACCOBEキャンペーン企画・美と健康の最新情報をお届け!
LINE@バナー

 

ゆったりマクロビ美人食 松崎 恭子
マクロビオティック師範、管理栄養士。
東京・大塚にて毎月50人の生徒さんが通う人気マクロビオティック教室「ゆったりマクロビ美人食教室」を開催 。

マクロビオティックをベースに「体にやさしい&おいしい料理は、誰でも簡単にできる」方法を皆さんにお伝えすべく料理教室、講演、食事栄養コンサルティングにて活動中。


ピックアップ記事

  1. 初めてでも失敗知らず!白砂糖を使わない「らっきょう甘酢漬け」「味噌漬け」作り方
  2. 甘酒はダイエットに効果的?美肌・疲労回復にもおすすめの甘酒。注意点と効果的な取り…
  3. 悩まない私をつくる「歩く瞑想法」とは!体だけでなく、心にも絶大な効果をもたらすウ…
  4. 雑誌掲載『美しくなるフードセラピー 夏』ファスティング特集にて紹介されました。
  5. パーティーにも大人気!「ハロウィンかぼちゃレシピ」丸ごとかぼちゃのベジチーズ&#…

関連記事

  1. Food 食

    おいしさ以上の意味をもつ「身土不二」上手に活用できていますか?健康的な美しさを叶える賢い食べ方とは。…

    スーパーでは通年置いてあることが当たり前のトマト、きゅうり、ナスやピー…

  2. 芽画像
  3. Spiritual スピリチュアル

    正しいお盆のお墓参りはいつ?今さら聞けない、お盆の意味、由来とは?

    今さら聞けない、お盆の意味・由来って?7、8月は各地で夏祭りが…

RECOMMENDED COLUMN

  1. らっきょう甘酢漬け画像
  2. 稲画像

HACCOBEキャンペーン企画


READING








Info

HACCOBE COLUMINIST

  • HACCOBE 編集部
  • ゆったりマクロビ美人食 松崎 恭子
  • オーガニック専門家 レムケなつこ
  • 植物療法コンサルタント 井上知佳
  • スピリチュアルカウンセラー 蒼井 聖子
  • ファミリーコーディネーター 加藤由香里
  • 料理家、ローフードベジ料理教室happycheesekitchen 主宰chie
  • ディライトフルデザイナー ディアナ幡司しのぶ
  • ヘルシーライフコーディネーター 柳樂いづみ
  • 「マナヨガ」代表 yuuka
  • マスターオーガニックコーディネーター KAERU

RECENT POST

  1. 玄米ごはん画像1
  2. 発酵美学画像
  3. 冷え性女性
  4. パンケーキ画像
  5. ハーブと塩画像

HACCOBE運営企業 株式会社セルアップは、株式会社グローリー・インターナショナル社 Fastzyme(ファストザイム)720㎖の総代理店です。
  1. 芽画像

    Organic(オーガニック)

    オーガニックって結局なに?「人に優しい」「環境保護」だけでない!オーガニックの立…
  2. Spiritual スピリチュアル

    正しいお盆のお墓参りはいつ?今さら聞けない、お盆の意味、由来とは?
  3. 手作り石鹸

    Beauty 美容

    「石鹸の基本」合成洗剤と石鹸の違いは?界面活性剤ってホントに悪いの?
  4. Fermentation 発酵

    酒粕の栄養と驚くべき効能とは?栄養素を丸ごと活かす!酒粕甘酒の作り方。
  5. Fermentation 発酵

    甘酒はダイエットに効果的?美肌・疲労回復にもおすすめの甘酒。注意点と効果的な取り…
PAGE TOP