Organic(オーガニック)

世界最大級オーガニック見本市ビオファ2018年視察レポート


2018年のドイツ見本市ビオファは2月14日〜17日の四日間開催されました。
今回は、今年の様子をダイジェストしてご紹介します。

見本市ビオファとは

photo by Natsuko Lempke

ビオファ(Biofachドイツ語ではビオファッハと発音します)は、ドイツ・ニュルンベルク市で毎年開催される世界最大規模のオーガニック専門見本市です。

2018年は、134カ国から50,000人以上が来場、3,218社が出展し、過去最多となるオーガニック製品や業者が世界中から一堂につどいました。

「世界のオーガニック動向を知る」「日本にはまだない商材やサービスに触れる」「世界中のオーガニック起業家と知り合う」そんなことを瞬時に可能にしてくれるのが、ここドイツ、ビオファ。

オーガニック関連事業をおこなっている人なら一度は訪れたい本場ドイツのビオファですが、ドイツまではなかなか行けないという人もいらっしゃると思います。
そんな人のために2018年の様子をレポートしたいと思います。

ビオファ「ブース」編

photo by Natsuko Lempke

10個以上ある大きなホールに、テーマ別にブースが配置されています。

たとえば、出身国別、ドイツなら出身州別、取得認証団体別などでブースが固まっています。

一つのホールはコスメや日用品が集まるホールで、「ヴィヴァネス(VIVANESS)」と呼ばれ、ビオファとは区別されています。ヴィヴァネスでは、専用のコンファレンス会場やコスメ用のショー会場が設置されている場所になります。

ビオファほどではないものの、業者と話しながらコンファレンスも参加しつつ、ブースもしっかり見て回ろうと思うと、一日では到底たりない規模です。

ビオファのブースでは、今回はこんな情報を収集してきました。

  • 欧州大手のオーガニックベビーフード商品が日本に出回る日は近い
    日本の大手商社がすでに契約を取っている会社を時折見かけました。どうやら、日本の法律が厳しく5年以上もやり取りしているにも関わらず、まだ輸入できていないとのこと。もう少し時間がかかるかもしれませんが、オーガニックベビーフードがお手頃価格で近所のスーパーで買える日もそう遠くはないかもしれません。
  • バイオダイナミック有機農法商材は今後さらに日本に浸透する
    こちらも出店していた大手メーカーは、大手日系商社などとすでに契約を取ってるところがいくつかありました。
    バイオダイナミック有機農法ってなに?
  • どんな無名で小さな会社であっても、ファッション関連はすでに日本で取引されてるところが多い
    今回情報を得られたのが髪飾り、靴などのファッションメーカー。ドイツや欧州では聞いたこともないような会社であっても、OEM先として日本の会社と取引しているところも多くあります。
  • 昨年よりもブースの数が圧倒的に増えたのが、パッケージや容器、食器などを扱う企業
    欧州では、プラスチックフリーのパッケージや食器、リサイクルができ生分解される資材の利用などは、オーガニック業界ではホットトピック&メインストリーム化しつつあリます。パッケージフリーが一番ですが、そうはいかないもの、タイミング(生鮮食品など)で販売しないといけないものなどあります。そんなときに地球にもユーザーにも優しいパッケージがあったら嬉しいですよね。

ビオファ「カンファレンス」編


pixabay

見本市ビオファの醍醐味は、ブースを見て回るだけではありません。世界中から、オーガニック関連の専門家が研究結果を共有し、専門家間のパネルディスカッションが直に聞けること。

多いと一日45以上のカンファレンスが開かれます。開催言語はドイツ語と英語。回によってはドイツ語ができない参加者のために英語同時通訳がつくカンファレンスもあります。

カンファレンスといっても、さまざまな形式があり、スピーカーがプレゼンテーションをするのを講義形式で聞くもの、パネリストが何人かいて議論を聞くタイプのもの、参加者が輪になってパネリストと一緒に議論する参加型のものなどがあります。

テーマは大きく分けると、政治、経済、環境、社会問題、認証、技術開発、マーケティングなど。国や地域別でのテーマ、事業者別のテーマ、農作物や商品別テーマなど。

今回私が参加したカンファレンスだけでも15以上。三日間でインプットするにはあまりに膨大な情報量でした。

安全といわれる農薬の危険性~私たちは子供たちを毒で犯している~
10年後のオーガニック食品トレンド
インド&ASEAN諸国でのオーガニック市場
遺伝子組み換え技術がもたらす社会経済的インパクト
世界のオーガニック市場
オーガニックリサーチ最新情報
オーガニック詐欺を防ぐためのサプライチェーン管理
ビジネスをつうじて世界の諸問題を解決する
EU加盟国において共通して講じられている農業政策の行方
2050年までに100%オーガニックを叶えるために
など。

※一部実際のプレゼンテーションタイトルを意訳しています。

今回は、そのうち二つのカンファレンス内容をご紹介します。

カンファレンス「安全といわれる農薬の危険性~私たちは子どもたちを毒で犯している~」

photo by Natsuko Lempke


(「私たちは子供たちを毒で犯している」というドッキリするタイトルでプレゼンテーションやパネルディスカッションが始まりました。)

パネリストには豪華メンバー4名が集結。写真左から、

  • 有機の国連ともいわれ世界のオーガニックムーブメントを引率してきた団体IFOAM(国際有機農業運動連盟)前会長アンドレ・ロイ氏(Andre Leu)
  • ドイツの大手ベビーフードメーカーHIPP社長シュテファン・ヒップ氏(Stefan Hipp)
  • 日本でも話題となったドキュメンタリー映画「ザ・トゥルー・コスト ファストファッション 真の代償」(2015)、「モンサントの不自然な食べもの」(2012)に出演していたインドの環境活動家ヴァンダナ・シバ氏(Vandana Shiva)
  • 過去にドイツ連邦食糧・農業省大臣だった「緑の党」所属の政治家レナーテ・キュナスト氏(Renate Künast)

アンドレ・ロイ氏により、現在の農薬事情が複合毒性や長期間暴露した際に何が起こるか(癌などの病気)については安全性は確認されていないと批判。

農薬や遺伝子組み換えがもたらすガンや脳障害といった衝撃的な研究結果が共有され、その後パネリストそれぞれの視点で農薬や遺伝子組み換えによって最大の被害を得ているのは、子ども、乳幼児、胎児であると強く語られました。

photo by Natsuko Lempke


(ラットを使った実験結果。複数の腫瘍を1匹以外は遺伝子組み換えの餌を投与することで腫瘍ができ、数週間後に死亡した。)

本カンファレンスで紹介された子どもの脳への負の影響を追ったコーホート調査には、農薬暴露したメキシコ農家の子ども達とそうではない子ども達の脳の状態を追っかけたものがありました。

正常な脳の4歳児が描いた絵と農薬暴露によって脳障害を追った子どもが書いた絵を比較し、どのような形で障害が現れるのかが紹介されました。

オーガニック食品は高いというが、何を見て高いといっているのか。あなたの子どもが脳障害やガンになってもそれは高いといえるのだろうか。

お母さんたち、これからお母さんになる人たちに農薬が子どもたちに何をもたらしているかを知ってほしい。

そんなパネリストたちの思いがカンファレンスルームに響き渡る白熱のパネルディスカッションが繰り広げられました。

カンファレンス「10年後のオーガニック食品トレンド」

photo by Natsuko Lempke

2028年オーガニック食品はどうなっているのか。出口の見えないようなこの問いに対して限りなく具体的に答えたのがこちらのカンファレンス。

スピーカーはデンマークの社会学者で食品や農業を専門とした未来学者ビルテ・リンダル氏(Birthe Linddal)。

まず、現在の食のトレンドである、
「働くママに優しい工業製品的加工食品の普及」
「低カロリー食の流行」
「ナチュラル・オーガニック食がいい」
「地産地消もいい」
「CO2排出を抑えるためのベジタリアン食が推奨」
は、10年後つぎのような価値へと変化していくのではないかと提示。

・ローカル小規模・家族経営でいい!
・食は農家が主役
・大手ブランド避難
・コミュニティ開発のための地産地消推奨
・循環型ゼロ・ウェイストがあたり前に
・生物多様性の重要性が問われる
・食品の裏事情が透明に
・より良い未来のためのエシカル食の普及

そのうえでさらに、2028年までに起きているだろう6つのオーガニック食品業界でのトレンドについて下記のようにまとめました。

  1. 新グリーンダイエット:
    植物性たんぱく質、繊維、海鮮、腸環境を整える食事がさらに選ばれる
    肉、牛乳、糖の消費量がさらに減少する
    「正しい」脂質と「正しい」炭水化物が選ばれる
    「たまにベジタリアン」があたり前に
    〇〇フリー食品の確立
  2. 一人一人に合ったパーソナライズされた健康食:
    健康にいい食品がすべての人に同じように当てはまるとは限らないという考え方から、それぞれの人の身体や環境、ライフスタイルにあった栄養食というのがより重要視されるようになる

    photo by Natsuko Lempke

  3. ソーシャライジング・フードの普及:
    食べる・買うという行為を通して、社会や人がつながり合う。
    そういう場所がさまざまな食を取り巻く場で提供されていく。例:ソーシャライジング・スーパー

    photo by Natsuko Lempke

  4. レトロ・イノヴェーションの流行:
    伝統的な生産方法や在来品種などが大きな魅了となる
    工業的生産されてきた食品メーカーを模したオーガニック食などが流行する
    長年愛されてきた大手ブランドの定番菓子などがオーガニックバージョン、ヘルシーバージョンになる

    photo by Natsuko Lempke

  5. ゼロ・ウェイストの徹底:
    欧州では一人当たり年間480kgの生活ゴミが出されている。このゴミの量を限りなく減らしていくような包装スタイル、また自然界に還る素材やリサイクル素材を活用した容器や包装材が使用される

    photo by Natsuko Lempke

  6. 新しいロジの活用:
    パソコンネイティブといわれるミレニアル世代(1980年−2004年に生まれた世代)の多くが親になっていることから、ネットを利用した販売手段がメインになる。また、宅配ボックスのサブスクリプション・ビジネス、ドローンなどの無人機を活用した新しい形のロジスティックスが流通している

上記6つのトレンドにおいて、すでにニーズがあるもの、一部の企業が参入しているもの、商品開発が進んでいるものなどのデータも紹介されました。

夜の部編

photo by Natsuko Lempke

こちらドイツのビオファ隠れハイライトが、夜の部(笑)

見本市が閉まると各ブースでライブミュージックが流れ出し、オーガニックワインやビール、オーガニックな軽食やつまみが配られます。
(おいしいオーガニック飲食に囲まれながらみんな一緒に踊ったり、大合唱。つながりを深める立食パーティーでした。)

ブースによってあつまる業種や人の様子が異なり、それによってパーティーのキャラもまた違いがあるため、自分に合ったパーティー会場がどこかを探しながら飲み歩くのも楽しみ。

たとえば2018年の場合、

  • バイオダイナミック農法で有名なデメター認証ブースは、農家さんが多く服装や髪型などヒッピーな感じでダンスもフリースタイル。
  • イタリアの生産者ブースは、ライブミュージシャンを囲って、みんなで大合唱。今年は若い人が多くて盛り上がりが半端なかった。
  • フランス認証ブースは自然にダンスフロアが出来あがっていて、華麗にペアで踊ってる。おめかしした人が多い印象。
  • ドイツ系のブースは、とにかく飲んで議論三昧!こちらはプレス、生産者、貿易関連、メーカー、認証団体などいろんな業種の人があつまっていてとても楽しかったです。

この夜の部、何がすごいって、カンファレンスのスピーカーであるオーガニック業界の著名人らとネットワークが一気に築けること。いわゆる飲みニュケーションですね。

興味がある方は、ぜひ機会をつくって体験してみてください。

そのほか、ビオファに関して知っておくといいこと

JETROが開催する日本ブース※
photo by Natsuko Lempke

原則一般の人はチケットが買えない

2018年2月時点では日本から参加の場合はとくに表示や提出の義務はありませんでしたが、ドイツ在住の人は、チケット購入の際に一般ではないことを証明する公的な書類を提出する必要があります。

託児所、ロッカー、無料Wi-Fiあり

3歳以上の子ども向け託児所がビオファ内にあります。
また、ビオファ内では1荷物に対して2ユーロで荷物を預けることができます。入口のロッカーは混むので入ってすぐそばの預かり所がおすすめ。

会場内では無料Wi-Fiがついているのも嬉しい。

見本市の期間はホテルが高額

ビオファ近隣のホテルは高いと一泊7万円くらいになります。それでも三か月前には部屋がほとんど取れない状態になるため、格安でいきたい方はAirbnbがおすすめ。
交通機関で片道15分くらいの好条件でも一泊40ユーロ程度から物件があります。

ビオファに来たら寄ってほしいおすすめブース

  • オーガニックワインが飲み放題のワインブース
  • ドイツの小さなイノベーティブなスタートアップ企業が集うブース
  • JETROが開催する日本ブース(上記写真※)
    日本の外から見た日本のオーガニック事情が垣間見れます。

四日間に渡ってさまざまなイベントが目白押し!

ビオファ会場内ではさまざまなイベントが毎日開かれています。

主なものは、会場内ツアー、表彰式(コスメや食品に与えられる賞、研究論文に与えられる賞など)、メイクアップショー、お料理のデモンストレーション、企業と企業をつなぐマッチメイキングイベントなど。

ビオファに行く前は、事前にビオファHPを調べていくことをおすすめします。

photo by Natsuko Lempke

ビオファ英語サイト
https://www.biofach.de/en
 
オーガニックって結局なに?「人に優しい」「環境保護」だけでない!オーガニックの立体的な姿とは。
フェアファッションが世界を救う〜あなたは“誰かの苦しみ”の上に作られた服をまとっている!?~
世界がハマる!ドイツ発オーガニックコスメブランドをご紹介。
 
 
ビューティー&ウェルネス最新情報、HACCOBEキャンペーン企画をお届けいち早く!
LINE@バナー
 

オーガニック専門家 レムケなつこ
ドイツ在住、オーガニック専門家。慶應義塾大学経済学部卒。
20代でボリビアにてJICA青年海外協力隊、メキシコでJICA専門家として途上国の生産支援に関わった経緯からオーガニックに目覚める。
本場ドイツの大学院と食品研究所でオーガニックを研究・開発。
オーガニックが大好きな個人起業家向けに「オーガニックの専門知識」と「ビジネスノウハウ」が同時に学べる売上アップメソッドを伝授している。
オーガニック商品メーカーなどの法人コンサルとして、マーケティング・販売戦略、海外市場開拓、商品開発、海外パートナー発掘を担当。
2018年よりドイツオーガニックツアー企画実施、オーガニックビジネススクール設立など今注目の起業家

ピックアップ記事

  1. 国連・欧州最新レポート「100%有機農業で世界人口を養う!」
  2. 実は簡単!基本の「昆布だし」取り方と「麺つゆ」作り方。失敗知らずなだし取り方2種…
  3. HACCOBE-発酵美-インスタグラム春のキャンペーン当選者様ご紹介
  4. おいしく身体にいい「塩」の選び方~海塩、岩塩、湖塩、精製塩の違いは?!毎日の健康…
  5. 日本の伝統発酵調味料 基本の話~その種類と正しい選び方

関連記事

  1. Fermentation 発酵

    【夏の食養生豆知識】暑い季節こそ「酢」のチカラを上手に取り入れてみませんか?

    実は、私たちは暑い季節になると無意識的に体を整えようと「酸味」を選んで…

  2. 冷え性女性

    Food 食

    ストレスと冷えの関係。「冬」身体を芯から温める簡単な方法をご紹介。

    現代の働く女性は多くのストレスを抱えているように感じます。そのストレス…

  3. Organic(オーガニック)

    「ハチミツ活用法」驚くべき美容・健康効果とハチミツの選び方

    おいしいだけじゃない。ハチミツは薬になる!一匹のミツバチが一生であ…

  4. Info お知らせ

    【10/20(土)自然石鹸手作りWorkshop】Soap Elements ×HACCOBE-発酵…

    10/20(土)手づくり石鹸教室を開催します。当WSでは、So…

RECOMMENDED COLUMN

  1. パンケーキ画像
  2. ツヴェルベリッヒ(Zwölberich)画像

HACCOBEキャンペーン企画


Info

READING








HACCOBE COLUMINIST

  • HACCOBE 編集部
  • ゆったりマクロビ美人食 松崎 恭子
  • オーガニック専門家 レムケなつこ
  • 植物療法コンサルタント 井上知佳
  • スピリチュアルカウンセラー 蒼井 聖子
  • ファミリーコーディネーター 加藤由香里
  • 料理家、ローフードベジ料理教室happycheesekitchen 主宰chie
  • ディライトフルデザイナー ディアナ幡司しのぶ
  • 健康ライフコーディネーター 柳樂 いづみ
  • 「マナヨガ」代表 yuuka
  • マスターオーガニックコーディネーター KAERU
  • 体質改善オーガニック料理研究家 楳村郁子
  • パリ在住 パリコレヘアースタイリスト Tsume & トップセラピスト Yuki
  • shinozaki fusako

RECENT POST

  1. ローパンプキンタルト画像




HACCOBE運営企業 株式会社セルアップは、株式会社グローリー・インターナショナル社 Fastzyme(ファストザイム)720㎖の総代理店です。
  1. 花粉症

    Aroma & Herbs 植物療法

    日本人の4人に1人が「花粉症」~今から始める花粉症対策について~
  2. Reading よみもの

    実は簡単!基本の「昆布だし」取り方と「麺つゆ」作り方。失敗知らずなだし取り方2種…
  3. Fastzyme ファストザイム720ml

    酵素の力を最大限にいかす!酵素たっぷりレシピご紹介
  4. Reading よみもの

    内側の不調をセルフチェック!目の下のクマ、むくみは体の中からのサイン?「望診法」…
  5. Organic(オーガニック)

    極上のオーガニック空間が味わえるビオホテル知ってますか?
PAGE TOP