Body カラダ

おうちヨガ×アーユルヴェーダ的白湯で、秋の体メンテナンス!季節の変わり目を快適に過ごす夏の体断捨離法


毎年秋になると残暑で体の調子が悪くなったり、寝付けず翌朝までだるさが残ったり、寝込むほどではないけれど体調が今ひとつ。そんなことはありませんか。

精神的にもやる気が起きず、何事も面倒臭く感じることがありますよね。

暑さに耐えてきた体力もそろそろエネルギー切れ。
ゆっくり休むことができればいいのですが、そうもいっていられないという方も多いと思います。

気温差が大きくなる季節の変わり目は、対応する体にも負担がかかりがち。
この時期を上手に乗り越えるためには、夏の疲れを取ることと、夏の間に体に溜め込んだものを『断捨離』する生活をはじめてみましょう。

夏の疲れを「断捨離」しよう!


Pixabay

夏の疲れ」とひと言でいっても、人によってさまざまです。

  • なんとなくだるい
  • 寝つきが悪いうえに、何度も起きてしまう
  • やる気が起きなくて行動力が鈍る
  • 食欲が落ちる

など、上記の中で一つでも当てはまるものがあったら、これからの季節を快適に過ごすための断捨離スタートです。

消化器系のケアからはじめよう


Pixabay

一番はじめに疲れが出てくるのが胃腸などの消化器官です。

夏の間、暑さをしのぐために、冷たいものをたくさん摂取しませんでしたか?
また、食欲がないからと簡単に食事を済ませてばかりで、スタミナ切れはしていませんか?

冷たいものばかりを摂取していると、一時的にはさっぱりとした気分になりますが、それをつづけているとお腹が冷えていきます。

冷え」は消化機能を弱くさせます。

しかし、消化不良を起こしていても「なんとなくおかしいな?」という体のサインに気がつかない人がほとんど。

いつものように食べ過ぎてしまったり、反対に食欲がないからと食ついつい適当に済ませてしまい、冷たいものは摂りづつける。

これらの生活が積み重なって、気がついたときには風邪や下痢、便秘、不眠など、日常生活に支障をきたす不調が出てしまいます。

そのため、夏の疲れをとり除くケアのスタートは、消化機能からおこないます。

消化機能を整える「白湯生活」


Pixabay

ヨガやインドに古代から伝わる伝承医学では、白湯は、未病のうちに病気を防ぐものといわれ積極的にとり入れられています。

なかでも、消化を助け、体の中に溜まった老廃物を排出するのに役立ちます。

とり入れ方は簡単です。

沸騰させたお湯を冷ましたものか、常温のお水を朝起きてからと、食事中にのむだけ。

そうすると、体が温まり、胃腸の働きを活発にしてくれます。

アーユルヴェーダ的「白湯」のつくり方


Pixabay

沸騰したお湯を冷ましたものや、常温のお水でも構いませんが、ここではアーユルヴェーダ的白湯のつくり方を実践してみましょう。心と体のバランスをよくするための、インドの知恵が詰まっています。

  1. お水をやかんに入れて、蓋をして強火で沸かします。
  2. 沸騰したら、蓋をはずします。
  3. 蓋を開けて風をとおした状態にして、15分程度沸かしつづけます。
  4. 50~60度程度に冷ましたお湯を飲みます。

沸騰後、蓋をはずし、風をとおした状態にすることで、アーユルヴェーダで大切にしているの3つのエネルギーがそろい、バランスのとれた飲み物、白湯が完成します。

【アーユルヴェーダ的白湯ポイント!】

ヤカンに入ったお水(水=「カパ」の性質)に、火をかけお湯となったもの(火=「ピッタ」の性質)に、風を通す(風=「ヴァータの性質)ことで3つのエネルギーが加わる。

また、沸騰を10分~15分以上蓋をあけた状態でつづけることで、水道水に含まれる「トリハロメタン」とよばれる発がん性物質を除去することができます。

一度つくった白湯は、ポットなどに入れて常備しても大丈夫です。

ただし、一度に多くコップに注いで冷めてしまうよりは、食事で飲む分だけをコップに注いで、冷めないように飲みましょう。

1日の代謝をあげる朝ヨガのススメでは、白湯の上手なとり入れ方や、むくみのとり方を分かりやすくご紹介しています。

「白湯」の飲み過ぎに注意しましょう。


Pixabay

白湯を飲むタイミングは、朝起きてすぐ。

活動を始める前に、体を温めるつもりでリラックスして飲みましょう。
忙しいときは負担にならないように、沸騰させたお湯を冷ます方法でも、常温の水でも構いません。

すするようにするか、一口ずつ噛むようにあじわって飲みます。

量はコップ半分程度でOKです。
食事のときには、食べはじめる前に一口。そして中間にバランスよく飲んでいきましょう。

ただし、白湯が体によいからといって、飲み過ぎには注意してくださいね。

体の中の塩分バランスを崩すほど水分を摂取してしまうと、ミネラルが体外へ排出されてしまいます。

1日のうちに飲む白湯の量は、多くても4杯までにしておきましょう。

「冷えのぼせ」を取り除こう!


Pixabay

気温差が大きくなる秋。

なんとなく体が火照っているのに、手足やお腹が冷たくて、頭がぼーっとしてしまう症状が出ることがあります。

暑いと感じているのに汗が出るわけでもなく、微熱のように体の内側が火照って落ち着かないような感覚です。

そんな自覚症状があるときは「冷えのぼせ」かもしれません。

クーラーに当たりすぎてうまく汗がかけないときや、座りっぱなしなどの運動不足のときに、体内の巡りが悪くなり起こる症状です。

火照る(ほてる)という感覚は、体が暑いから起こると勘違いしがちですが、実は体が冷えすぎていることにより、冷えている部分に血液を急いで送ろうとして、その部分に血液を集中させ、ほかの箇所への循環が悪くなる際に起こります。

血液循環の滞りもあるので、肩こりや首回りのコリものぼせ、火照りを引き起こす要因となります。

耳を引っ張って首回りをゆるめる


Pixabay

首や肩のコリは、気づいたときにとり除いておくのが、火照りを事前に防ぐ方法の一つです。

首や肩をストレッチしたり、揉んだりするのも効果的ですが、もっと気軽な方法なので試してみましょう。

やり方はとても簡単!「耳を引っ張るだけ!
どこでもすぐにできる方法で、手順も関係ありません。

ポイントが3つあります。

  1. 引っ張るときは、じわっとゆっくり。ゆるめるときは、ゆっくりゆるめて手を離す。
  2. 軟骨をつまんで、うえ、斜めうえ、横、斜めした、したとあらゆる方向へ引っ張る。
  3. 耳の付け根から耳を織り込んで回す。

この3点を抑えるだけ。
両耳同時におこなってもいいですし、片耳ずつ両手でおこなっても大丈夫。
気持ちよく、心がホッとするやり方を選びましょう。

簡単!おうちヨガで夏の体から秋の体に変化させよう~!


Pixabay

夏の体は暑さに耐えるために、ちょっぴりガサツ、開放的。大雑把なイメージです。

汗もたくさん出るので、体の働きも排出が大きな仕事となります。

一方、秋から冬にかけての体は、縮む、固まる、溜め込むというイメージ。
寒さに対応するため、脂肪も溜め込み、体温も外へ逃げないように温存させる働きが多くなります。

けれども、運動不足や不規則な生活のせいで、この働きがスムーズにできる人はほとんどいません。

なんらかのトラブルが出てしまったり、本来排出すべき老廃物まで溜め込みがちになってしまいやすいのです。

秋からの体の変化にスムーズに対応できるように、全身のこわばりや体の歪みをとり除いておきましょう。

寝つきの悪くなるこの時期にも最適の方法です。

「全身をひらく」楽チンストレッチ

寝る前におこなうのがベスト。寝ながら気持ちよくやってみましょう。

【用意するもの】

Pixabay

  • ヨガマットやストレッチポール(自宅にある場合は使用します。)
  • 厚手のタオルケットや座布団2つ
  1. photo by Yuuka


    タオルケットや座布団を縦長に硬く丸めます。ヨガマットやストレッチポールの場合は縦につかいます。
  2. photo by Yuuka


    縦長の棒状にした土台の上に仰向けに寝ます。頭が辛い場合は枕をつかって頭を支えます。
  3. 首からお尻の半分程度まで土台の上にのるようにします。
  4. 息を吸いながら両腕を頭上に上げて下ろします。
  5. 息を吐きながらゆっくりと腕を下ろしていきましょう。
  6. 3回程度繰り返します。
  7. もう一度頭上に両腕を上げて床に下ろしたら、肘を曲げて肩のあたりまで腕を下ろして力を抜きます。
  8. 肩、胸が左右に開き、肩周りから肩甲骨がリラックスできるよう腕の位置を探します。
  9. 快適な場所が見つかったら、肘を曲げていても、腕を伸ばしてもOKです。
  10. そのまま脱力して2~3分程度、横になります。
  11. 終えたら土台から降り、休みましょう。

秋は「伸ばす」がキーワード

秋に移行する体の断捨離で、消化器系を整えたら、体全体が縮まないよう「伸ばす」動きをとり入れていきましょう。

ご紹介した土台のうえで、体全体を「ひらく」ストレッチをベースにします。

日中になんとなくコリを感じたり、縮まっている感じがするときにも、気持ちよく伸びをする癖をつけておきましょう。

目が覚めたら伸び。
日中に集中した作業の後に伸び。
夜寝る前に体を開く。

これだけでも体が整っていきます。

食欲がもどってくる秋以降、体が縮まっていると、内臓が圧迫されてしまい、整えた消化機能の働きも半減してしまいます。

「伸ばす」行為で、縮みをとり除くと消化器系の働きだけでなく全身の血流もよくなります。

年々残暑が厳しいなど、過ごしにくい環境へと変化しています。そんなときにも自分でケアする方法を知っていれば心強いですよね!

夏の体を断捨離することで、季節の変わり目に順応できる体をつくっていきましょう。
 
ファスティング×ヨガで、ファスティングの効果を高めよう!
女の幸せは生理で変わる!生理期間中の過ごし方&心地よい体のつくり方
 
 
発酵美学画像

LINE@バナー
 

「マナヨガ」代表 yuuka
「マナヨガ」代表。
20代の頃ストレスで喘息を発症し、健康とは心と体の調和があってこそと気づきヨガを始める。オリジナルのマナメソッドを発案し、他人と比べない本来の自分自身の美しさを引き出す事に定評がある。ヨガレッスン、ライター、ラジオパーソナリティとして心身の健康の大切さを精力的に発信し続けている。

ピックアップ記事

  1. 【10/20(土)自然石鹸手作りWorkshop】Soap Elements ×…
  2. 気になる「厄年」、厄祓い・厄除けをする意味と心構えとは?
  3. おいしさ以上の意味をもつ「身土不二」上手に活用できていますか?健康的な美しさを叶…
  4. 【動画2】1日1分の簡単ボディメイク、便秘・ガス解消にも!「祈りのポーズのストレ…
  5. 【10分レシピ】冷蔵庫と調味料の整理を兼ねた常備菜、ピクルスの絶対失敗しない作り…

関連記事

  1. お尻エクササイズ画像
  2. ヨガ呼吸法画像

    Body カラダ

    ヨガの呼吸法を積極活用! お悩みパターン別ストレスマネジメント

    私たちは、日々いろいろな感情を抱きながら生きています。その感情によって…

  3. Body カラダ

    「面倒くさくて、行動できない。」本当の理由。今日から行動力が身に付く方法!

    何かしようとするとき、つい、「面倒くさい。」と後回しにしてしまう。…

  4. exercise画像

    Body カラダ

    ダイエットに有酸素運動が効果的って、それ本当?!

    ダイエットは、永遠のテーマといっても過言ではないでしょう。実際に、…

  5. Body カラダ

    姿勢が変わると痩せやすい体に!今すぐできる「姿勢改善ストレッチ」法

    痩せたい、太りにくい体づくりをしたい。そんなとき運動や食事に気…

RECOMMENDED COLUMN

  1. 味噌WS画像
  2. サプリメント画像
  3. いろんなかぼちゃ画像

HACCOBEキャンペーン企画


Info

READING








HACCOBE COLUMINIST

  • HACCOBE 編集部
  • ゆったりマクロビ美人食 松崎 恭子
  • オーガニック専門家 レムケなつこ
  • 植物療法コンサルタント 井上知佳
  • スピリチュアルカウンセラー 蒼井 聖子
  • ファミリーコーディネーター 加藤由香里
  • 料理家、ローフードベジ料理教室happycheesekitchen 主宰chie
  • ディライトフルデザイナー ディアナ幡司しのぶ
  • 健康ライフコーディネーター 柳樂 いづみ
  • 「マナヨガ」代表 yuuka
  • マスターオーガニックコーディネーター KAERU
  • 体質改善オーガニック料理研究家 楳村郁子
  • パリ在住 パリコレヘアースタイリスト Tsume & トップセラピスト Yuki
  • shinozaki fusako

RECENT POST

  1. ローパンプキンタルト画像




HACCOBE運営企業 株式会社セルアップは、株式会社グローリー・インターナショナル社 Fastzyme(ファストザイム)720㎖の総代理店です。
  1. 人参ポタージュ画像

    Recipe レシピ

    【楽ちん ひと鍋レシピ】人参の豆乳ポタージュつくり方。(乳製品不使用)食材のやさ…
  2. Organic(オーガニック)

    なぜ、オーガニック先進国ドイツでオーガニックがここまで広まったのか。パーソナルベ…
  3. 寝起きストレッチ

    Body カラダ

    【動画1】1日1分の簡単ボディメイク、腰痛改善・産後ママにも!「お膝パタパタスト…
  4. パンケーキ画像

    Food 食

    【簡単・白砂糖なし】クランベリー甘酒ジャム&ベリーソース作り方~1年中楽しめるベ…
  5. Wellness ウェルネス

    風邪やインフルエンザにオススメの「植物療法(フィトセラピー)」
PAGE TOP